痛みとつきあっていきましょうと言う言葉

こんにちは。豊中で腰痛と膝痛の専門家 前田です。

世間はお盆休みですが、今週は14日以外は営業してます。

3年前にヘルニアと診断された男性が来られました。

当時はギックリ腰を繰りしていたそうで、ここ最近は常に腰に痛みを感じてるそうです。

「何か治療を続けているんですか?」というと「何も」という答え。

そんなに痛いのに何故?と思ってると整形外科で「治らないから痛みと付き合っていかないといけない」と言われたそうです。

この日記をお読みになっている方もそう言われたという方もいるかもしれません。

しかし「治らないから」というのは「整形外科では治らない」と言われてるだけで「何をしても治らない」という事ではありません。

実際、この男性も施術後、腰の痛みが楽になってました。

もちろん、初回なので、10が0になった訳ではありませんが、ちゃんと改善していくはずです。

こういった方を施術する度に多くの方が「病院で治せなかったら、もう無理」という常識が変わればいいなと思います。

本当はもっと楽に毎日を過ごせる筈なの辛い毎日を過ごしている人がいると思います。

もし、他で「治らない」「痛みとつきあっていきましょう」と言われてしまっても一度、当院の施術を受けてみてください。→06-6151-4773

更新

<< 前の記事 次の記事 >>


メニュー
当院の施術を初めて受ける方へ

雑誌掲載情報
当院の施術方法が掲載されております。
他数誌にも掲載されております。


患者様の声
院長日記
当院について
院長プロフィール
他の治療院との違い
施術料・営業時間
メンテナンスの重要性
よくあるご質問
当院の施術は
持ち物
リセット療法とは
施術の流れ
症例について
腰痛
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
肩こり
頭痛
首の痛み
四十肩・五十肩
腱鞘炎
膝の痛み
股関節の痛み
子育て・マタニティ
子育てママ・産後の方
妊娠中の方へ
コンテンツ
ヘルニア・狭窄症の
       ストレッチ
股関節痛のストレッチ
肩甲骨を動かすストレッチ
背中・腰のハリをよくする
腰痛は鎖骨のコリが原因
寝違えの改善法
施術が痛くないって本当?
骨盤調整の運動
骨盤調整の運動2
腰痛によくある
 5つの間違い
身体に影響を及ばすO脚
肩こりが原因で引き起こす身体の問題
ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント
ぎっくり腰に関すること
姿勢チェック法と猫背タイプ
整体とマッサージの違い
腰痛の種類について
整体のメリット
腰痛になりやすい人の特徴
健康な体を維持するために
 エリア 
豊中市・池田市・箕面市・吹田市・
茨木市・川西市・伊丹市・大阪市内
兵庫県

回復整体 漣豊中院


〒561-0884
大阪府豊中市岡町北3-6-21

回復整体 漣豊中院

  • 06-6151-4773
  • お問い合わせはこちら

地図を拡大する

 

ページ上部へ