ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント

年配の方に多いと思われがちなぎっくり腰ですが、最近では若い世代でも増えてきています。腰部の酷使やストレスなど原因は様々ですが、思いがけない原因からぎっくり腰が引き起こされることもあります。こちらでは、ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイントをご紹介致します。

「痛みがなくなった=治った」ではない

「ぎっくり腰はクセになる」という方がいますが、これは間違いです。同じ人が何度もなるのは痛みがなくなっただけで原因は改善されていないからです。使い過ぎ、疲労は原因ではありません。その原因は体の歪みです。何度も繰り返すという人はその原因を改善させましょう。

お風呂にしっかり浸かる

筋肉が張った状態で、無理な動きをするとぎっくり腰になりやすいです。普段からお風呂に浸かることで筋肉の張りを緩めておくことが大事です。夏場は38〜39度、冬場は40〜41度のお湯に20分浸かるのが理想です。ただし、実際ぎっくり腰になった場合は温めると症状が強くなることが多いので、長時間の入浴はしないでください。

柔らかい布団では寝ない

柔らかい布団は、寝た時にお尻が沈みやすくなります。すると腰周辺の背骨がカーブした状態となるため、徐々に腰への負担が大きくなります。日常的に柔らかい布団で寝ている方は、知らないうちにぎっくり腰を発症しやすい身体になっているかもしれません。

岡町の整体院である当院では、ぎっくり腰でお悩みの方をはじめ、腰痛、肩こり、ヘルニアでお悩みを抱えている方を中心に施術を行っております。ポキポキ・バキバキといった施術は一切行っておりませんので、「整体に興味はあるけれど、なかなか最初の一歩が踏み出せない」といった方もお気軽にお越しください。

メニュー
当院の施術を初めて受ける方へ

雑誌掲載情報
当院の施術方法が掲載されております。
他数誌にも掲載されております。


患者様の声
院長日記
当院について
院長プロフィール
他の治療院との違い
施術料・営業時間
メンテナンスの重要性
よくあるご質問
当院の施術は
持ち物
リセット療法とは
施術の流れ
症例について
腰痛
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
肩こり
頭痛
首の痛み
四十肩・五十肩
腱鞘炎
膝の痛み
股関節の痛み
子育て・マタニティ
子育てママ・産後の方
妊娠中の方へ
コンテンツ
ヘルニア・狭窄症の
       ストレッチ
股関節痛のストレッチ
肩甲骨を動かすストレッチ
背中・腰のハリをよくする
腰痛は鎖骨のコリが原因
寝違えの改善法
施術が痛くないって本当?
骨盤調整の運動
骨盤調整の運動2
腰痛によくある
 5つの間違い
身体に影響を及ばすO脚
肩こりが原因で引き起こす身体の問題
ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント
ぎっくり腰に関すること
姿勢チェック法と猫背タイプ
整体とマッサージの違い
腰痛の種類について
整体のメリット
腰痛になりやすい人の特徴
健康な体を維持するために
 エリア 
豊中市・池田市・箕面市・吹田市・
茨木市・川西市・伊丹市・大阪市内
兵庫県

回復整体 漣豊中院


〒561-0884
大阪府豊中市岡町北3-6-21

回復整体 漣豊中院

  • 06-6151-4773
  • お問い合わせはこちら

地図を拡大する

 

ページ上部へ