歩くと股関節が痛い、座ると腰が痛い、
そんな悩みを解消するならこれです。
  • もしあなたが

    ■
    歩くと足の付け根、股関節が痛い
    ■
    座ったり立ったりすると腰が痛い
    ■
    足を開くと痛い

    こんな悩みをお持ちであるなら

    まずはこの運動を試してみて下さい。

股関節が痛いという方がいらっしゃいます。
そんな悩みをお持ちの当院に来院されるお客様の多くが、

整形外科では何もしてくれない

と言われます。
何かしてくれた、満足したという方は当院には来られないと思うので、当然だとは思います。しかし、腰痛や膝痛などの人は「行っても良くならなかった」という表現をするのですが、股関節に関しては「何もしてくれない」と言われます。

お客様の話を聞いて幾つか理由を探っていくと、大きく2つ原因が考えられました。

まず1つ目 
痛みが強すぎて、変化が出ない、感じにくいから

様々な痛み・症状をお持ちの方が当院に来られますが、
股関節を痛めている人が一番痛みが強そうです。
何故痛いが強いのかというと、股関節周辺には非常に細い血管や神経、筋肉があるからと思われます。その一つ一つが異常を感じて痛みを出しているので痛みが強いのです。股関節と同じくらい痛みが強いと感じるのが腕、所謂四十肩、五十肩といわれる方も同様の理由です。

痛みが強すぎるので、仮に薬や注射が効いていてもちょっとくらいの変化には気がつかないようです。違う痛みだと、例えば痛みの出る可動範囲が広がると「ちょっと良くなりましたね」と気付いてくれるのですが、股関節の方の場合、痛みがあまりに強いので、そんな変化よりこの痛みをどうにかして!!という感じです。

では、もう一つの理由は
痛みの原因は股関節だけではないのに、その場所だけを良くしようとするから。

股関節の痛みのある方は、股関節周りのレントゲンを撮られて「異常があります」
「異常がないです」と判断されます。

「異常がないです」と言われた場合は薬を出してもらい終わりです。レントゲンに異常がなければ何も出来ないからです。そして、薬を出してもらってもさきほど述べたように痛みが強すぎて、薬や注射が効きません。

「異常があります」と言われたら、手術を勧められるか、もう少し様子を見てみましょうです。手術となると人工関節など大掛かりな手術なので、リスクもあるのでお医者さんも患者さん自身も躊躇します。

また手術をしたとしても、痛みの原因が股関節にはないので、手術をしたのにまだ痛いという人がいらっしゃいます。

なので、結局効かない薬をもらって何もしてもらえないと感じて、当院にやって来られているようです。

では、実際の股関節の痛みの原因は?
骨盤や背骨が歪み、股関節に負担がかかる姿勢になっている事です。そして、結果的には骨盤と股関節の間が狭くなっているという方が多いです。ですので、今日お伝えする運動をすると楽になる方が多いので試してみて下さい。

この運動は当院でお伝えしている中でも、間違って行なっている人が多い運動なので、かならず一通り説明を読んでから、また動画をみて行なうようにしてください。間違って行なうと、悪化する原因にもなります。また人工の股関節を手術で入れたという方にはお勧めできません。

         手順
①椅子に座り、痛みのある方の足を少し外に広げます。
広げる事で痛みが強くなる場合は、そのままで結構です。

②太ももを両手で持ち、外側に少し押しましょう。
押す事で痛みが強くなる場合は、広げた足を閉じてやってみて下さい。足をより外に開いた方が楽になるという方もいらっしゃるので、様々な角度で試してみて下さい。イメージですが、骨盤と股関節の間を広げるように行ないます。その状態のまま足を20回程度揺らしてください。
注意点 押す力は全力で絶対に行なわないで下さい。全力の5、6の程度の力で充分です。また、ストレッチが終わり、手を離す時はかならずゆっくり力を抜いてください。強く引っ張った状態から急に手を離すと筋肉が痛みます。

③足を外側に押した状態で、押している側の腰を後ろに引きましょう
これをする事で、骨盤と股関節の外側の筋肉が緊張すると思います。この状態を5秒ほど持続し、力を抜きます。これを5回〜10回繰り返します。
注意点、押す力、また腰を後ろに引く力は全力で行なわないで下さい。全力の5、6程度の力です。またストレッチが終わり、手を離す時は必ずゆっくり力を抜いてください。

②、③に同じ注意点を繰り返し書いたのは、これを全力でやる方が非常に多いからです。強く引っ張ると筋肉は硬くなり、痛みを強くします。絶対にやらないで下さい。
仮に強く引っ張ったほうが楽という場合も駄目です。

また、この運動は引っ張ると痛みがすぐに楽になる事が多いです。ですので痛みが楽にならないという方は、①やり方が間違っている ②痛みが股関節の状況にあまり影響を受けておらず他の原因で痛くなっている事が考えられます。

1日3セット行うようにしましょう!!
もし、あなたがこの運動をする事で
・腰、股関節の痛みが減った
・可動範囲が広がった
・違う場所に痛みが出た
など、変化を感じたのなら、気がついて欲しいのは

あなたの症状は股関節の状態に影響を受けている

という事です。そして、正直にお話してこの運動をする事で、一時的に痛みが楽になっても、股関節に負担がかかる体の歪みが治っていなければ、

・楽になるのはその時だけ

また将来的に
・同じ場所に負担が掛かり続けるので、突然痛みが強くなる
・歪みが複雑になり、治るのに時間がかかるようになる
・痛みを庇う姿勢が、別の歪みを作り、別の場所に痛みが出る

という悪循環になります。早く歪みを治しておけば、改善までに数回で済むのに、
数年後に治そうと思った時には今以上に時間とお金が
余計にかかってしまったり、改善しきれない
という事になってしま
います。

もしあなたが、 

・どこに行ってもよくならない
・楽になるのはその時だけ
・電気を当てて、ちょっと揉んでもらうだけ
・ろくに診察もしてもらえず、薬をもらうだけ
・今の治療を続けてても、良くなる気がしない

という悩みをお持ちで

・ちゃんと痛みをよくして、好きな事を楽しみたい
・また痛くならないよう根本的によくしたい
・痛くなっても自分で自分の体をよく出来るようにしたい
と思われるなら、一度当院の施術を受けてみてください。

詳しくは下の画像をクリック
今なら初診15000円を2980円で受ける事が出来ます

料で見させていただきます。

期間が過ぎると初診は15120円になりますので今すぐご確認下さい。上部へ