手首、指を曲げると激痛が!!

腱鞘炎がよくならないあなたへ

  • もしあなたが

    ■
    手首、指を動かすたびに痛みが走る
    ■
    ビンの蓋を開けられない
    ■
    フライパンなど重たいモノを持つのがつらい
    ■
    手術を勧められているがしたくない
    ■
    動かさなければ、楽なのに、動かすとすぐ痛みが戻る
    ■
    「様子を見ましょう」としか言われずちゃんと良くなるか不安に感じている
    ■
    自分でも諦めそうになっている

    こんな悩みをお持ちであるなら

    きっと当院はあなたのお役に立てます。

そんな悩みをお持ちなら、当院はきっとお役に立てると思います。そのままこのページをお読み下さい。

当院でよくなった方のお声です

1年以上治らなかった腱鞘炎が
たった数回の施術でよくなりました


①当院に通い始めた時、どんな症状でこまっていましたか?
2ヶ月前から右腕を上げたら痛みがある事と1年以上前から左手の親指の腱鞘炎がありました。

②当院に来られるまでに何か治療はされていましたか?
右腕には特に何もせず、腱鞘炎に対してはずっと整形外科に通っていました。
でも良くなりませんでした。

③今はどんな状態ですか?
右腕も、左手もほぼ痛みはない状態です。

③当院の施術を受けて、今までの治療と何が違いましたか?
整形外科では揉んだり、電気を当てたりで治療をしてもらっている感覚がありました。でも、先生はそういった事をしないので正直、大丈夫?物足りない感覚はありました。

④当院に来られる前に何か不安はありましたか?
整体に行っても良くならない、お金だけが高いという話を聞いていたので本当に治るのかなと不安を感じていました。

⑤当院に来る事を不安に感じている方にアドバイスが出来るとしたらなんでしょうか?
とりあえず一度見てもらったらいいと思います。身近な人に勧めても、なかなか信じてもらえないのですが、困っているなら一度受けてみて欲しいです。
※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。




そもそも何故腱鞘炎になるのでしょう?
一般的に言われる腱鞘炎の原因
一般的には、使い過ぎと言われる事が多いです。

そして、治療としては、湿布を張ったりする事が多いようです。
また状態によっては手術を勧められます。
しかし、手術をしても再び痛みを抱えながら生活している人もいらっしゃいます
回復整体 漣の考える腱鞘炎の原因
病院では、上記の事が原因と言われています。しかし、問題が良くなっていない人は非常に多いです。

それは何故か?それは痛みの原因が手首、指だけの問題ではないからです。
では、腱鞘炎の原因は?

原因1 骨盤が歪んでいる
骨盤の上に載っている背骨。そして、体を辿っていくと腕にも繋がっています。しかし、骨盤が何らかの原因で歪み、背骨が捻れ、そして腕がねじれると手首や指が正しく動かなくなります。。

原因2 生活習慣で歪むような生活をしている
体が歪んでいるのは、生活習慣に問題があります。
立ち方、座り方、歩き方など

そこを改善しない事には、いくら歪みを治してもまた症状が出てきてしまいます。
ですので、そのアドバイスも当院では行います
当院が高い確率で結果が出せる理由

理由1 綿密なカウンセリングと検査
腰痛と言っても、原因は人それぞれです。その方がどんな時に痛むのか、どうすると痛いのか等の日常生活の話を聞いたり、実際身体を診たり、動かしてもらい検査をします。そうする事であなたの本当の痛みの原因を見つけます

理由2 安全に痛みのない体に戻す
痛みの原因である歪みを、身体を揺らしたり、触れる事で安全に戻していきます。ボキボキ、グイグイ押したりと強い力を加えないので、身体を痛める心配は非常に少ないです。小さなお子様からお年寄りの方まで改善できます
当院に来られるとこんな生活が待っています
  • 手を動かすたびに痛みが出ないかという不安がなくなります。
  • 重たいものをもてない、字が書けないという生活から解放されます
  • 手術をしなくても、普通の生活が取り戻せます
  • 諦めていた運動ができるようになります

一度、施術を受けてみたいあなたに 今なら


9月16日まで 先着7→5名




ページ上部へ