股関節が痛くて、筋肉をつけても良くならないあなたへ【豊中の整体院】

公開日:
2017年10月23日

クリックすると新しいウィンドウで開きます股関節が痛いので筋肉をつけようと思うんだけど大丈夫?


こういった質問がありました。みなさんはどう思いますか?

これは間違いです。もちろん、筋肉をつける事は悪い事ではありません。
むしろ良い事です。

しかし、痛いから痛みを楽にするために筋肉をつけるというのが間違いという事です。
でも、痛い時は筋肉をつけましょうという事はよく言われます。

それは何故でしょう?また私は間違いと言うのでしょう?今回はその事について書きたいと思います。

股関節が痛いのは筋肉がないからは間違い?

年と共に筋肉は衰えます。なので、年と共に痛くなったのは筋肉が衰えたからだと思われている人もいます。

でも、本当に痛いくなったのは筋肉が衰えた事が原因でしょうか?

もし、筋肉が衰えた事が原因であれば、あなたと同じような年代の方は全員、股関節に痛みを感じていますか?
そうではないですよね?中には30代でも股関節痛に悩まれている人もいますし、また、80代でも股関節には問題を感じずに、
毎日を過ごされている人もいます。

「でも、わたしは全く運動してないし、ほとんど体動かしていないから、私は特別筋肉がない」と言われる方もいますが

もう一つ質問です。もしあなたが右の股関節が痛いとして、左の股関節の筋肉は衰えていないんでしょうか?
毎日同じように歩いてるのに、片側の筋肉だけを使って歩いてるのでしょうか?

違いますよね。真面目な人であればあるほど、言われたまま筋トレをしていらっしゃいます。
中には体重がかからないようにとプールを使う人もいらっしゃいます。

でも、筋肉が原因ではないのに筋肉をつけようとするのは、よくすべきポイントが違います。

股関節の痛くなる本当の原因は?

股関節が痛くなる本当の原因は「体の歪み」です。骨盤、背骨、股関節、肩甲骨、様々な体の歪みによって
股関節に強く負担がかかるような姿勢になっているのが原因です。

当院に来られた方には実際、骨に異常ないと言われた方が体の歪みをなくす事で、股関節痛から
改善されています。

また「軟骨がない」「変形性股関節症」と言われたような人も、同様に改善されています。

軟骨がないのが痛くなる原因ではなく、負担がかかり続けた事で軟骨がなくなった
変形しているのが痛くなる原因ではなく、負担がかかり続けた事で骨が変形した

だけに過ぎません。歪みをなくし、股関節への負担を正常にすると、ちゃんと痛みはなくなり体は正常な状態に戻っていきます。


股関節を改善された方のインタビュー


レントゲンでは異常がなく、治療して
もらえず3年同じ状態でした。

※個人の感想であり、成果、成功を保証するものではありません。
箕面市 H様 35歳 
当院に通い始めた時、どんな症状でこまっていましたか?
右の股関節の痛みがありました。座ってても寝ていても常にしびれているような痛みがあり、太ももや脇のほうまで広がっていました。
2〜3年前に娘が股関節付近に飛び乗って以来痛みがありました。
病院や婦人科にもいきましたが、レントゲンにも異常がなく、お薬もなく特に治療はしてもらえませんでした。

②治療前と治療後(現在)はどう違いますか?

今はほとんど痛みがなく、普通に歩いてても、寝ていてても痛みは感じなくなりました。

③当院の施術を受けて、今までの治療と何が違いましたか?

ストレッチを補助をしてもらってるような優しい感じでした。なので、これで治っていくのか不安ではありました。

④当院に初めて来院する人へのアドバイスは?

体の歪みというのがその人の痛みの原因を作ってるかもしれないので、私の場合は
そうだったという経験の元に、お勧めしたいです。

股関節痛のまとめ

若い頃に比べて筋肉が衰えているというのは、事実だと思います。ただ、あくまでもそれが股関節の痛みを
作っている訳ではありません。

同じ年代でも、同じように股関節が痛くない人もいます。また腰が痛い人、肩が痛い人さまざまです。

あなたはこんな状態だったら、違う方法だったら

股関節が痛い→病院に行ったら手術は必要ない、筋肉をつけてください→運動をしている→
まだ股関節が痛い→私の努力がたりないのかしら→さらに頑張る→やっぱり良くならない
→もう手術しかないのか・・・という方は一度ご相談くださいね。

ご相談は無料で行っております





肩甲骨が痛い原因とは?|息を吸うたびに痛む3つの原因と5つの対策

公開日:
2017年10月19日


息を吸うたびに肩甲骨が痛くて、これはもしかすると内臓の病気かもしれないと不安になっている。」「息を吸うだけで肩が痛くなるのはどうやったら治るかを知りたい!」

この記事は、息を吸うたびに肩甲骨が痛くて不安を抱えているあなたのために書きました。

こういった症状が出た時に考えられる理由は主に3つ「骨折・ヒビなど骨の問題」「心臓・肺など内臓の問題」そして「肩・首が硬くなっている筋肉の問題」です。

このページでは、自分でできるそれぞれの見極め方、また筋肉の問題の場合自分で出来る解決する時のポイントとなる筋肉とその改善策をお伝えします。





息を吸うたびに肩甲骨が痛い一般的に考えられる3つの原因とは?


こういった症状が出た時に考えられる理由は主に3つあります。それは「骨折・ヒビなど骨の問題」「心臓・肺など内臓の問題」そして「肩・首が硬くなっている筋肉の問題」です。一つ一つ順番に解説していきます。

息を吸うたびに肩甲骨が痛い時に考えられる骨が原因で起こる問題とは?



骨は、外部からの強い衝撃によって、折れたり、ヒビが入ります。なので、この肩甲骨を痛める前に、転倒したり、何かにぶつかったりした覚えはないですか?

中には骨粗しょう症の人は、自分では大したことがないと思った衝撃でも骨に影響が出ている場合があります。そういった方は、まずはレントゲンを取ってみましょう

息を吸うたびに肩甲骨が痛い時に考えられる内臓が原因で起こる問題とは?

「心臓 肺」の画像検索結果 

1、心臓の問題

胸がしめつけられる、圧迫される、それが肩や背中にまで及ぶ方は、心臓の可能性があります。とても胸が痛かったり苦しくてうずくまるぐらいの方は、心筋梗塞の可能性があります。

すぐに救急車を呼んできていただく必要があります。数秒から5分以内であれば、狭心症の可能性があります。朝方の痛みや、階段の上り下りでいくなり休むと楽になるというのが典型的です。

放っておくと、死亡率の高い心筋梗塞になります。胸から背中にかけて痛みが広がる場合は血管の病気の可能性があります。気がついたらすぐに受診する必要があります。これらはすぐに循環器科を受診する必要があります。

また心臓の場合はこの場所が痛いというより、昨日は左、今日は右という風に場所が変わる事が多いです。

2、肺の問題

背中や肩甲骨の痛みのみなら別の病気の可能性がかなり高いですが、呼吸困難や動機が伴うと肺の問題の可能性が強くなります。特に肺に穴が開く肺気胸という症状が考えられます。

もし軽い運動をしただけで息がし辛くなり同時に背中や肩甲骨の辺りが痛いと感じたら、肺の問題かもしれませんので早く病院へ行きましょう。

なお、肺が原因かどうかはレントゲン検査で判断がしやすいので気になる方はレントゲン検査をお願いしたら良いですね。


息を吸うたびに肩甲骨が痛い時に考えられる筋肉が原因で起こる問題とは?


「肩甲骨 付近 痛み」の画像検索結果 

病院の検査を受けても肩甲骨が痛い原因が判明しないことがあります。この場合、筋肉に問題がある場合が考えられます。

肩甲骨周辺の筋肉が硬くなり、呼吸をする度に、本来伸びてくれる筋肉が伸びずに痛みを感じているのです。実際、当院にも同じような症状で困っていた女性がいらっしゃしました。病院に行きましたが、特に原因が分からなったようです。

でも、当院に来ていただいた結果、息を吸っても肩甲骨が痛まなくなりました

こちらの女性Aさん46歳は、以前から首、肩、腰の痛みに悩まれていました。いつからそんな状態だったのか覚えてないくらい慢性的な症状で、いつもはマッサージや整骨院に行かれていました。でも、楽になるのはその時だけでまた2、3日もすれば同じような症状が出てきたようでした。

そんなある日、いつもと違う症状が出てきました。息を吸うと肩甲骨が痛く、呼吸をするのが苦しくなったのです。

【原因改善】息を吸うたびに肩甲骨、肩が痛かったお客様のインタビュー



私「今回はインタビューよろしくお願いします」

Aさん「よろしくお願いします」

私「では、当院に来た時ってどんな事に困っていましたか?」

Aさん「こちらに伺う1カ月ほど前から、肩甲骨が痛くて、息をするのも辛い状態だったんです。当たり前ですけど動かなくても息はするので、本当につらかったですね」

私「そうなんですね、こんな事は初めてだったんですか?」

Aさん「そうですね、こんなのは初めてでした。でも肩が凝るとか、腰が痛いはありました。でも、もうずっと痛いからそれが当たり前になってましたね」

私「じゃあ、その症状を良くするために、何かされていたんですか?」

Aさん「ずっとマッサージや整骨院には通ってました。その時は、楽になるけど2〜3日でまた元通りでした。

でも、働いているのでそんな頻繁にいけなくて1〜2週間で限界が来て、マッサージに行くという感じでした。

でも、今回のこの症状は全然良くなりませんでしたね」

私「なるほど、じゃあ当院に通った今はどんな感じですか?」

Aさん「もうすごく楽です。肩、腰は仕事終わりにちょっと張るかなって時ありますけど、以前と比べたらもう全然違います。息をしても痛くならないですし。本当に助かりました」

私「良かったですね、じゃあ今までの整骨院とかと当院の施術って何か違いました?」

Aさん「今まで、力で押してもらったりのマッサージがメインだったので先生の施術は本当優しくて”ホンマにこんなんでよくなるんか”って不思議でしたね」

私「そうですよね、でもみんな最初そう思われるみたいです」

Aさん「私も思いました(笑)でも、2、3回受けていくうちにドンドン楽になってきましたね。

よく旦那にもマッサージしてもらってたんですけど、その旦那が”そういえば、最近マッサージしてって言わなくなったね”って言われて、ホンマやーってビックリしました」

私「旦那さんも喜んでるでしょうね(笑)」

Aさん「そうですね、やる方も大変ですしね」

私「じゃあ、最後に同じような症状で悩んでいる人にメッセージをお願いします」

Aさん「もし、困ったらぜひ一度前田先生に相談してもらったらいいと思います。実は私、看護師をしてるんですけど、病院で治らない症状もあるので、それなら違う方法試して、早く楽になったらいいと思います」

私「ありがとうございました、インタビューは以上です」

Aさん「ありがとうございました」


息をするたびに肩甲骨が痛いを原因から改善させた5つのポイント


このAさんのように息を吸う度に肩甲骨が痛いという症状は正しく原因を見つけ、改善する事でちゃんとよくなっていきます。肩甲骨が痛いと言っても、その場所が悪くなっている訳ではありません。

当院で調べた結果 体の歪みが痛みを作っている事が分かりました。具体的には、左の肩が上がり、左の骨盤は後ろ側が下がっていました。

  
        

このような状態になると左の背中側の筋肉が引っ張られて緊張します。その状態で呼吸をすると更に引っ張られていて痛みが出ていました。この状態で幾らその張っている筋肉を揉んだり叩いても、楽になるのはその時だけになってしまいます。

なので、今回、その女性を改善させた時に、特にポイントになった箇所が5つありました。

①肩の高さ
②手の平
③大胸筋
④小円筋
⑤小胸筋

これらをどうやって自分で改善したらいいのかを今からお伝えしますので、まずは自分でもやってみてください。

息をするたびに肩甲骨の痛みを改善するポイント① 肩の高さ


鏡を見て、自分の肩の高さを見てください。下がっている方があれば、そちらの腕を力こぶをつくるようなポーズにしてください。

その腕を下げるのを反対の手で抑えてください。3秒×3回

続いて、腕を上げるのを反対の手で押さえてください。3秒×3回

これで、肩の高さが揃っていれば、OKです。

息をするたびに肩甲骨の痛みを改善するポイント② 手の平


親指と人差し指の間が硬くなっていると、腕の筋肉→肩の筋肉→首の筋肉が硬くなっていきます。これを緩めてあげると良いです

やり方としては、その場所を揉むというより、その場所を伸ばすというイメージでやると良いです。

息をするたびに肩甲骨の痛みを改善するポイント③ 大胸筋



大胸筋とは所謂、胸板と呼ばれる大きな筋肉です。この筋肉と鎖骨の間が硬くなると肩周りの動きが悪くなります。

緩めるポイントは、鎖骨の下です。ここを押すと硬い、また人によっては痛い方もいらっしゃいます。強くは押さないで下さい。手を載せる感じです。

その状態で腕を回してみてください。また腕を5回回したら、手の置いている位置を変えてください。内回し、外回しそれぞれ 20回ずつ

息をするたびに肩甲骨の痛みを改善するポイント④ 小円筋



脇の下、背中と肩の筋肉の境目を掴みながら、腕を内回し、外回しに10回ずつ回してください


息をするたびに肩甲骨の痛みを改善するポイント⑤ 小胸筋



脇の下、胸の筋肉と肩の筋肉の境目をつかみ、腕を外回し、内回しに10回ずつ回してください。

息を吸うと肩甲骨が痛い原因と対応まとめ

痛みが起こっているのには、必ず原因があります。「骨折、ヒビなど骨の問題」「肺や心臓の内臓の問題」また「肩、首周りの筋肉が硬くなっている筋肉の問題」です。

骨の問題、内臓の問題かどうかは病院に行き、検査に行けば分かります。その2つで問題がなければ、筋肉の問題です。その場合は、レントゲンやMRIでは問題が見つかりません。なので「異常なし」と言われます。

もし「異常なし」といわれたら、まず自分でポイントになる筋肉を緩めたり、調整をしてください。
ポイントになるのは①肩の高さ ②手の平 ③大胸筋 ④小円筋 ⑤小胸筋 です。 

また、それでも改善しないなら、硬くなる原因を見つけてくれ改善してくれる整体院を探してみてください。痛みには必ず原因があります。原因が分からないまま「明日になればよくなる」と思わず、出来るだけ早く対応してあげてください。

分からない事がありましたら、こちらのLINEに登録してご相談くださいね



股関節が痛くなったらどこに行けばいいの?【豊中の整体院】

公開日:
2017年10月16日


  • 歩いていると股関節が痛くなってくる
  • 靴下を履く時に股関節が痛い
  • 座ると股関節が痛くなってくる
  • 階段を昇り降りが辛い
  • 寝返りをすると痛い
こんな風に突然股関節が痛くなってきたら、どうすればいいでしょうか?病院?整骨院?それとも整体?
分からない方はこの記事をお読みください。

股関節が痛くなったら、整形外科へ

まずは整形外科に行って、骨や身体に異常がないか調べてもらいましょう。

「これくらいなら我慢できる」「明日になればよくなるかも」と考えてしまうかも知れませんが、長くても2,3日で状態が
変わらないのであれば、早めに原因を見つけておく事をお勧めします。

股関節の痛みは、本格的に痛みだすと強烈な痛みを感じます。私も腰痛、膝痛、肩こりなど色々な症状を見ていますが、
股関節の痛みを抱えている方が1,2を争うくらい辛そうだと感じます。

また、そうなった時は、他の場所以上に治りにくいのが股関節です。痛みは決してあなたを苦しめる為に
発しているわけではありません。

痛みは「今、体で異常が起こっているので気をつけて下さい」というサインです。

それを見逃さないようにしましょう。

整形外科で分かる股関節痛の原因は?

変形性股関節症

変形性股関節症は股関節が痛くなる代表的な病気です。股関節を含む関節には、関節軟骨という骨と骨がぶつからないようクッションのような役割を持つ柔らかい骨があります。この関節軟骨が、長年の使用による負担や外傷など色々な原因により、擦り減ってしまったり骨が変形してしまったことによって、股関節の機能を著しく低下させてしまった状態を変形性股関節症と言います。

臼蓋形成不全

kyugaikeiseifuzen 

股関節には、臼蓋という受け皿のような部分があり、大腿骨の先端の骨頭が臼蓋に納まるように構成されています。この臼蓋の形状が小さすぎるなど不完全なために、大腿骨側の軟骨に摩耗が生じ、股関節に炎症がおき、痛みを生じるのが「臼蓋形成不全」です。

症状は変形性股関節症と同じで、初めは動作時に足の付根に軽い痛みを感じるのですが、中には腰や背中、太ももなど股関節に痛みを感じない方もいるので、注意が必要です。30~40代で臼蓋形成不全と診断される方が多いようです。


大腿骨頭壊死症 

大腿骨頭壊死症とは、大腿骨頭(太ももの付け根の骨の先の丸まった部分)の一部が血流障害によって壊死してしまった状態を言います。厚生労働省の特定疾患、いわゆる難病指定されていて医療費補助の対象となっています。


関節リウマチ

関節リウマチとは自己免疫疾患の一つで、自身の免疫システムに何らかの原因によって異常が発生する病気です。一定の箇所の関節にだけ起こるだけでなく、全身の関節の至る所にこわばりや痛み、腫れを生じ、最終的には関節が変形し破壊され動かなくなってしまう病気です。
関節リウマチは古くは関節の病気と考えられていましたが、現在ではリンパ球の異常による内科的疾患、中でも膠原病の分類で認識されています。



坐骨神経痛


坐骨神経痛はヘルニアやすべり症といった骨や椎間関節の異常が原因で坐骨神経に沿った部分、坐骨、太もも、ふくらはぎといった箇所に痛みが出る疾患です。

足の付根が痛くなる原因として、坐骨神経痛は太もも裏側の上の部分が痛くなります。特徴として足を動かした時というより、座っていて痛い・・・、立っていて痛い・・・・といった痛みを感じることが多いのです。



股関節の原因が分かったら

股関節の原因が分かったら、次に行う事は治していく事ですが、主な方法は保存療法と手術の2つです。


(1)保存療法

■運動療法
外転(がいてん)筋など股関節周囲の筋肉をトレーニングで鍛える治療法です。

筋肉には関節への負担や衝撃を和らげる役目があるため、痛みの軽減や症状の進行を抑制する効果があります。
変形性股関節症の場合は、炎症(えんしょう)と痛みに十分配慮し、関節に体重をかけない臥位(がい)や座位(ざい) で大腿四頭筋(だいたいしとうきん)など太腿の筋肉や、股関節周囲筋の筋力強化を行います。

温水プールでの歩行は浮力により関節の負担が少なくてすむため理想的です。 スポーツジムなどでの器具を用いたトレーニングは負担が大きいので変形性股関節症の患者さんは注意が必要です。

運動療法は股関節疾患の予防にもなり、また万が一、将来、手術を受けることになっても、筋力が維持されていると、 術後の回復に大変有効です。

ひとりではなかなか続けづらい場合は、病院のリハビリテーションに定期的に通い、理学療法士の指導の下、行うことができます。 少しの運動であっても毎日続けることが重要です。

■装具療法

変形性股関節症によって不安定になってしまった股関節を安定させるために腰や太ももにSスプリントなどの 装具をとりつける治療法です。

■温熱療法

温めたパック(ホットパック)を用いて関節を15分〜20分程度温めます。
家庭でも安全にでき、また局所の温熱効果は痛みや血流の改善などに効果があります。

■薬物療法

関節の炎症を消炎鎮痛剤(しょうえんちんつうざい)で抑える治療法です。 湿布(しっぷ)や軟膏(なんこう)などの外用薬も併用して使う場合があります。変形を抑制・治癒(ちゆ)する効果はありません。


2)手術療法



■ 関節鏡視下手術(内視鏡)
一般的な関節鏡視下手術では、小さなカメラを股関節の内部に挿入して、特定された異常に対する治療を行います。
痛んだ軟骨を切り取る、股関節内部を洗浄するなどを行います。

■骨切り術 / 棚形成術(たなけいせいじゅつ)
患者さん自身の骨を残して手術する方法で、股関節の痛みを解消することを目的として行われます。骨を削って形を整えたり、骨の一部を切除したりすることで、荷重が加わる関節面の位置関係を再調整します。

■内固定術
骨が丈夫で、大腿骨への血液供給が正常な患者さんが股関節骨折を起こした場合には、内固定術と呼ばれる修復法を使用します。この手術では、折れた骨の両端を元の位置に並べて、小さな金属製の器具でしっかりと固定します。折れた大腿骨を元に戻して位置関係を再調整すると、そのままの状態にしておく場合よりも骨折の治りが早くなります。


■人工股関節置換術

変形性股関節症によって変形した関節を人工の関節に置き換える手術です。


股関節を良くするには手術しかないのか?

もちろん保存療法でよくなる方はそれでいいですが、手術となるとなかなか躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか?
人工関節となると、長くても15年程度でやり替える必要があり、お若い方であれば2回、3回と手術の必要が出たりします。

でも、これらはあくまでも整形外科での治し方はこの方法だというだけです。
「整形外科ではもう手術しかないと言われた」という方も「整形外科では”手術しか治す方法がない”」
に過ぎません。他にも治す方法はあります。

実際、整形外科以外でも治っている方はたくさんいらっしゃいます。

実際のお客様のお声

こちらの女性は以前から股関節が痛く、整形外科に行きましたが、手術までは必要ないと言われたそうです。
痛みはかなり酷く立っている、歩くのが辛く、自転車に乗るのが特に辛かったそうです。

手術が必要ないと言われたら、出来る事は薬や注射で痛みを止めるだけなのですが、使っても
痛みが変わらない事の方が多かったようです。

当院では検査をした結果、股関節の痛くなっている本当の原因は
骨盤の歪みと考え、それを正しく調整しました。

すると、痛みがなくなり薬を飲む事もなくなりました。
以下がその方のインタビューになります。



歩くのも激痛、手術も出来ず、湿布と薬も効かず辛い日々でした・・・でも今は
 
①当院に通い始めた時、どんな症状でこまっていましたか?
左に股関節の痛みがひどく病院で精密検査を受けました。手術はしない方が言われ、痛み止めの薬、湿布、患部に注射を打っていました。自転車に乗ると特に痛みがひどかったです。

②治療前と治療後(現在)はどう違いますか?
薬の服用回数がどんどん少なくなり、注射はしなくなりました。
調子に乗って身体を使い過ぎると痛くなりますが、用心するようになりました。

③当院の施術を受けて、今までの治療と何が違いましたか?
鍼灸院など東洋医学、整形外科などに行きましたがよくなりませんでした。施術と家で教えてもらった体操をすると痛みがとれ、どんどん楽になりました。

④どんな方に当院をお勧めしたいですか?
腰、足、肩など体の痛みで困っている方、私のようにいろんな病院、鍼灸院でも症状が改善されない方におすすめしたいです。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません





股関節痛の原因は股関節にはない

股関節の痛みに苦しまれている人は非常に多いです。そして、時間ともに治まってくる方も
いれば薬を飲み続けても良くならない人もいます。

病院で治らなかった方の多くは「年だから仕方ない」「病院では治らなかったから痛みと付き合って
いくしかない」と諦めてしまっています。

でも、その中の一部の方が正しく原因を見つけて良くしてくれる治療院に出会い
その辛い毎日から解放されています。
単に運が良く改善した訳ではありません。ただ本当の原因に対して正しい対策をしたにすぎません。
1人でも多くの方が股関節痛から解放されることを祈っています。






股関節痛の原因は軟骨がないというのは間違い!?【豊中の整体院】

公開日:
2017年10月02日


「股関節が痛いんですが、病院では軟骨がないから手術しかないと言われているんですがそちらで見てもらえますか?」


こういった問い合わせが最近、増えています。そんな方には私がお答えするのは

「見てみないと分かりませんが、同じようなご相談いただいた方が当院に通われて良くなられていますよ」

という事です。

「では、いつが予約取れますか?」とすぐ聞く人は少ないです。「本当ですか?軟骨がないんですよ」
ともう一度確認されます。きっと「軟骨がないから痛い」という常識に囚われているからだと思います。

でも、事実、当院では「軟骨がない」「股関節が変形している」と言われた方が改善されています。


軟骨が減っているなら、軟骨増やす事していますか?

そもそも不思議に思うのが「軟骨がないから痛い」と説明を受けた人が、受けている治療は電気を当てて貰ったり
痛みを止める薬をもらったり、湿布をはったり、マッサージを疑問を持たずに受けている事です。

電気を当てると軟骨が増えるんでしょうか?薬で痛みを止めていると軟骨が増えるんでしょうか?マッサージを受けると軟骨が増えるんでしょうか?

私はこれらの治療は私は軟骨を増やすためにしてるわけじゃないというのは重々承知ですが、分かっていないというか、言うままに治療を受けている人がいらっしゃいます。

もしかしたら、お医者さんは「これをしても軟骨が増えるわけじゃないけど、とりあえず電気を当てましょう」と言ってるのかもしれないのですが、中には「それは分かるけど、先生がそう言うから」という人もいれば、僕が指摘すると「ホンマや!!」と驚かれる人もいます。

中には軟骨を増やす為にとサプリメントを食べていられる方もいらっしゃいます。
「サプリメントを食べても、軟骨にはならない」と言われる事もありますが私はサプリメントを食べられる事は、素晴らしい
事だとは思っています。

ただサプリメントはあくまでも予防の為のモノと私は考えています。「股関節の痛みを良くする」のではなく「股関節の痛みが
出ないような元気な体を維持させるもの」と思っているので、それでよくしようとするのは無理があるかと思います。


軟骨を増やしても痛みは良くならない?


「軟骨がないから痛い」と言われるもので膝の痛みがありますが、実際軟骨の代わりとヒアルロン酸の注射を膝に打つ人がいます。
もちろん、それで楽になる人もいます。

でも、中には「楽になるのはその時だけで、2、3日で痛みがまた出てくる」「以前は、楽になってたけど最近効かなくなってきた」
という方もいらっしゃいます。

軟骨がないのが原因と言われ、軟骨に変わるものを入れたのに痛みが変わらないのは何故でしょうか?また効かなくなってくるのは
何故でしょうか?

これは別にも原因があると考えた方がいいのではないでしょうか?

股関節の場合は、膝以上に面積が広い、患部まで針が届かないという理由で使われないようですが、もし注射を使ってヒアルロン酸を
入れたところで、ちゃんとよくなるかは疑問です。


股関節痛の本当の原因は

股関節痛の本当の原因は体の歪みです。骨盤や背骨が歪むことで、股関節に異常な負担がかかっている事が原因です。

また、負担がかかった状態が続くことで、炎症が起こったり、また正しく動かないので可動域が狭くなっている
事が非常に多いです。

負担がかかった状態でいくら炎症を抑えようと痛み止めを使っても、効果がなくなれば痛みがまた出てきてしまいます。

また歪んだ状態で正しく動かず、可動域が狭くなっているのであれば、その歪みをなくさないと可動域は広がりません。
絡まった知恵の輪を力づくで引っ張っても取れないのと同じです。

正しい方向に動かしてあげる必要があるのです。

もし、あなたが股関節が痛くて、お困りなら一度ご相談下さい。






腕がだるくて、夜も寝るのが辛かった・・・五十肩の体験談【豊中の整体院】

公開日:
2017年10月02日


もしあなたが、
  • 着替える時に腕が痛い
  • 寝ていても腕が痛い
  • 腕を伸ばして痛い
という症状にお困りなら、こちらのインタビューをご覧ください。
今日は五十肩を改善された方のインタビューと解説をお届けします。

Mさんは2ヶ月前から腕がだるくなり、放っていたら治るかなと思っている内に、どんどん
症状が進んでこられました。

いよいよ何処かに診てもらおうと思った時に、たまたま当院のチラシを見て来てくれました。

五十肩の改善インタビュー


※個人の感想であり、成果、成功を保証するものではありません。
①当院に来られた時はどんな症状で困っていましたか?

左の背中から左腕が重く、だるく寝れない状態でした。ここに来る2ヶ月前からそんな症状がありました。
またテニスをしているとどんどんダルイ状態になってきてました。
②今はどんな状態ですか?

今は全然問題ないです。夜も寝れますし、テニスも出来ます。

③当院の施術を受けてどう思いましたか?

先生がバランスが崩れているという話をされ、自分自身もそう感じていたので納得出来ました。

④初めて来られる方にアドバイスは?

みんなに受けて欲しいと思います。でも、値段とかの問題もあるかと思いますが
一度受けてみた方がいいとしかいえない。合う、合わないもあるだろうし

肩が上がらない時はどこに行けばいいの?整形外科?整骨院?整体?

肩が上がらなくなった時に、みなさんだったら、まずどこに行きますか?Mさんは肩が上がらなくなり、
治療をしようと思った時に一番最初に当院を訪れました。

いきなり整体というのは珍しいケースです。みなさん、最初は整形外科、整骨院に行かれます。

何故、整形外科とかに行かなかったんですか?と聞くとたまたまチラシを見たというのもあったようですが、
薬とか出して終わりだからという事もおっしゃってました。

結果的には当院でよくなったので、この判断は間違っていませんでした。最初に「一応検査はされたらいいですよ」という
話はさせて頂きましたがおそらくもし整形外科に言ってたら五十肩と言われていたと思います。

その時点で整形外科では治せない可能性が高いのです。なので、もしあなたが整形外科で五十肩ですねと言われた時点で
違う方法を探される事をお勧めします。

五十肩と言われたら整形外科では治らない?

そもそも五十肩というのは「原因不明で肩に炎症が起きている状態」の事を言います。中には五十肩と言われて
「病名がはっきりわかって良かった」と安心している人もいますが、安心してはいけません。

もしあなたが風邪かなと思って病院に行って、「原因不明です」と言われたらどう思いますか?
怖くないですか?

でも五十肩という一般的な名前を聞いて安心してる人が非常に多いです。

原因がわかれば、対処の方法がありますが、原因が分からなければ対処が出来ません。とりあえず痛みを止めましょう
と薬や湿布を出されて終わりです。電気やマッサージをするのもとりあえずという事です。だって原因が分からないんだから。

もちろんそれでよくなる人がいるのも事実ですが、もしそれで治らないのなら違う方法を探された方がいい
かも知れませんよ

違う方法を試したい方はこちら↓





スライドドアを開けると肩が痛い1 50肩を自分で治すシリーズ【豊中の整体院】

公開日:
2017年10月01日

こんにちは、回復整体 漣の前田です。


五十肩を治すシリーズ第3弾です。

五十肩を治そうと思うと、出来る動きを順番に増やしていく必要があります。
逆にその順番を守らないと改善させるのが難しいです。

ですので、この五十肩シリーズをこのブログで初めて読むという方は
流れを知っておいて欲しいので第1弾から見るようにして下さい 

第1弾はこちら

今日の改善すべき動きは、肘を体につけ九十度に曲げる→上腕を外に開くという動きです。

スライド式のドアを開けるような動きですね。




手順①肘を体につけて、上腕を90度に曲げる


手は親指が上を向いてる方向です。

手順②①の姿勢のまま、上腕を外に開いていく


稼働範囲を調べてください。正常であれば90度くらい開きます。
ゆっくり動かすようにしてください。反動をつけて動かそうとはしないでください。

また、肘が体から離れないようにして下さい。離れずに動く範囲を確認してください。

手順③②の姿勢でどこが痛いか確認する


②の姿勢をキープしてどこの筋肉、どのあたりに痛みを感じるかを確認してみてください。腕のつけ根なのか
肩の前、横、後ろなのかを確認してください。キープするのが辛いなら少し腕を開きすぎの可能性があります。

もう少し腕を閉じて確認してください。また痛みを感じない場合は、どこが
硬いかを確認しましょう。

また痛くはないけど開かないという場合は、痛い方と反対の側の腕も同じ程度の角度開いてみてください。
そして左右差を比べてください

可動範囲が狭い方は硬く感じる場所がある可能性があります。


手順④痛みを場所を触りながら、腕を動かす


③で確認した痛い、もしくは硬い場所を触りながら腕を動かす。
動かす方向は閉じる方向です。20回程度動かしましょう。

絶対痛い所までは動かさないでください。また手を触れる際は、手を置くだけです。
押す必要はありません。

また触れてる手は少しずつ位置を変えるとよいです

脇の下が痛いという人もいます。
その場合はこんな感じで動かして下さい。
 

手順⑤もう一度同じ動作をして変化を見てみる


可動範囲が拡がったり、先ほどとは違う場所に痛み、硬さを感じる事があります。

まだ完全ではないという場合は、①〜④を繰り返してください。あまり動かしすぎるのもよくないので
繰り返すのは2回程度にしておいてください。


もし分からない事があれば、Facebookのコメントで質問してください。

またご相談のある方、当院で改善したいという方はこちら







旅行に行きたいと思い頑張りました【豊中の整体院】

公開日:
2017年09月28日

こんにちは、回復整体 漣の前田です。

今日は当院に来られた方の改善レポートをお伝えしたいと思います。

今日は70代の女性で
・座るとお尻の辺りが痛い「坐骨神経痛」
・歩くと5分くらいで痛くなり「脊柱管狭窄症」
という症状でお困りでした。

坐骨神経痛と狭窄症を克服されたKさんのインタビュ―


①当院に来られた時、どんな症状で困っていましたか?

座っていると、左のお尻が痛くなり、いわゆる坐骨神経痛で悩んでいました。
車に乗っている時、趣味の卓球をしている時にも痛くなってました。

また6年前には、歩いていると腰が重たくなり「脊柱管狭窄症」と言われていました。
近くのスーパーが5分くらい歩いたところにあるのですが、1回は休憩しないといけませんでした。

②今は、どんな状態ですか?

今は、坐骨神経痛もなくなり、歩いても腰が重たくなることはありません。

③今までの治療と何が違いましたか?
今までは整形外科に行ってました。電気治療、温める、リハビリ、牽引をしてもらっていましたが
変化を感じませんでした。

また痛み止めを頂いてたのですが体の事を考えるとあまり飲みたくないなというのと痛みを止めても
原因が治らないと意味がないなと思っていました。

こちらでは、先生がちゃんと話を聞いてくださり、丁寧な施術をしていただけました。

④同じような症状でお困りの方にメッセージを

私自身、この先の人生を考えた時に、もっと色んな所に旅行に行きたいと思っていました。日本でも、まだ行っていない所
また行った事があるけど、もう一度行きたい所が沢山あります。

でも、ここに来るまでの体では行く事に自信が持てませんでした。友達と行くにも迷惑を掛けたらと考えると躊躇していました。

今、ここに来てその希望が叶えれそうになりワクワクしています。

改善のポイント

脊柱管狭窄症と言われていたKさんですが、そもそも背骨が狭窄している事がKさんの坐骨神経痛や腰が重くなるという
症状を改善していたわけではありません。

もし、本当に狭窄しているのが原因ならば、骨が変形している訳でなので、それを身体の外からの刺激で拡げる
なんて事は難しいですよね?

では、何が原因だったかというと体全体のバランスが崩れていた事が原因でした。

具体的には、右肩が下がり、右肩が前に出る、左の骨盤があがり、左の骨盤が前に出ている状態でした。



こういった姿勢になると左のお尻の筋肉は硬くなります。そうなると所謂坐骨神経痛と言われる痛みが出ます。

またインタビューではお話されませんでしたが、この姿勢だと左足が正しく曲がらないので、正座ができませんでした。

でもちゃんとこれらの歪みを治すと症状がなくなっていきました。また正座も出来るようになりました。






肩が痒くてもかけないあなたへ 五十肩を自分で治すシリーズ② 【豊中の整体院】

公開日:
2017年09月27日

肩が痒くてもかけないあなたへ 五十肩を自分で治すシリーズ②【豊中の整体院】

こんにちは回復整体 漣の前田です。

前回のブログから五十肩を自分で治すシリーズと題して、自分で治す方法をお伝えしております。
ちなみに前回のブログはこちら

前回のブログでは、どうやって治していくかの全体像をお伝えしました。


簡単にまとめると

・五十肩を治す時には、治す順番がある
・その順番を守らないと、治りにくかったり、治らなかったりする、最悪良くしようと
 動かす事で更に痛めてしまう可能性がある
・治す順番は8つあり、具体的な順番について

という事をお伝えしました。今日からは具体的に、どうやって治していくかをお伝えしていきます。



今日改善するのは痛い方の手を逆の肩に置く動作です。

手順①痛い方の手を逆の肩に置く姿勢


写真では右手を左肩に置いてますが、左腕が上がらない人は右肩においてください。

痛い人は、肩まで手が届かないという事もあるかと思いますので、どこまで
動くのかを確認してみて下さい。

また痛みを我慢して瞬間的にどこまで動くかをみるのではなく、ゆっくり動かして
可動範囲を確認してみて下さい

この動作が問題なくできていると思っても、痛くない方の手ならどこまで行くかを確認すると
違和感がある、可動範囲が狭くなっている事に気が付くかもしれません。

手順②どこに痛み、違和感を感じるのかを確認

①の姿勢になった時、肩のどこに違和感、痛みがあるかを確認してみて下さい。
腕の付け根が全体的に痛いという人もいれば、肩の横、肩の後ろ人によって様々です。

手順③違和感、痛みを感じる場所を触る



では具体的に改善の方法をお伝えします。まず①の状態になってください。
そして②で確認した痛い場所を空いた手で軽く触ってみて下さい。

強く押したり、揉む必要はありません。手を置く感じです。

次に手を置いた状態で腕を動かして下さい。動かす方向は、肩から離れる方向です。
動かす範囲は小さくて大丈夫です。揺らすような感じです。(動画を参考にしてください)

また、動かすと痛い場合は、もう少し手を戻した位置で行ってみて痛みのない状態で行ってください。
どうしても痛みが出る場合は、置いている手を動かしてもかまいません。

手順④もう一度①の状態で変化しているのかどうかを確認

一度、挙げていた手を元に戻し、再度肩に手を置いてください。痛みの強さ、痛む範囲、痛む場所が
変わっているか確認してみて下さい。

もし痛みの強さ、範囲が楽になって入ればもう一度②〜④を下さい。
場所が変わっていると感じたら、次はその場所に手を置いて行ってください。

変化を感じない場合は・・・

この方法で変化を感じないという場合は考えられる事が3つです。

一つ目は「やり方が間違っている」です。

・痛いのを我慢してやっていませんか?→痛みの感じない範囲で行う事が大切です。「痛いけど、これを我慢して動かせばよくなる」
と思っているのは間違いです。

・患部に触れてる手に力が入ってませんか?→手は触れるだけで大丈夫です。強く押したりする必要はありません。

・腕を動かすスピードは速くないですか?→ゆっくり動かしてください。

2つ目は「変化があるのに気が付いていない」

中には変化をしているのに気が付いていない人がいらっしゃいます。この運動をする前に感じた同じ痛みを感じていますか?
痛む場所も同じですか?痛みは同じだけど、可動範囲が拡がっていませんか?もう一度確認してみてください。

3つ目は「他にも原因がある」

体というのは全て繋がっています。肩が痛いからと言って、肩だけを治そうとしてもよくなりません。骨盤、背骨、肩甲骨の位置
股関節、足首など様々な箇所から影響を受けています。

実際、骨盤を調整すると、肩があがるようになるという事は珍しくありません。ですので、私は五十肩でお悩みの方であろうと
全身の調整を行います。そうする事で、より確実に、より早く改善する事が出来るのです。

詳しくは




五十肩を自分で治すシリーズ① 治し方の全体像【豊中の整体院】

公開日:
2017年09月24日

五十肩を自分で治すシリーズ① 治し方の全体像【豊中の整体院】


こんにちは、回復整体 漣の前田です。
本日からシリーズで五十肩の治し方をお伝えしたいと思います。

五十肩というと腕を前から上げる、また横から上げるという動作に痛みを感じ、また日常に不便を感じている方が
多いです。

ですのでそれらの動作を良くしようと、無理に動かしたり、ストレッチをされている方が多いです。
でもその方法だと、改善が難しかったり、時間が掛かる事があります。また余計に痛めてしまいますので、お勧めできません。

では、どうやって治していくかですが、前から上げる、横から上げるの動作が出来るようになる前に、
他の腕の動きを改善する必要があります。

本日のブログでは、他の腕の動きというのが具体的に何かをお伝えします。全部で8つあります。
8つをお伝えした上で、次回以降のブログで改善方法をお伝えしていきます。

注意点:あくまでも今日のブログ、動画の目的はどの動作が出来て、出来ないのかを確認する事です。
絶対痛みが強くなる動作はしないでください。中には、我慢したらもう少し動かせると動かしてしまう人がいるんですが
あくまでも現状、どの動作がどこまで動かすと痛いかの確認をしてください。無理に動かすと余計に痛めて、回復までの時間がより長くなる可能性があります。

また、動画内では右腕が上がらないという事を想定して動かしています。左腕が上がらないという方は、左腕の動きを確認してください。


①上がらない方の手を反対の肩に置く


まずは上がらない方の手を反対の肩においてください。右腕が上がらないという方は右手を左肩、左腕が上がらないという方は左手を右肩です。

中には、痛みで肩に置けないという人もいらっしゃいます。その場合、どこまでならその動きが出来るかを確認してください。


②肘を90度に曲げ、手の平が内に向いた状態で体にくっつける→外に腕を動かす



肘を体に付けた状態でどこまで出来るかを確認してください。痛みのある人は、外に広げていくと
肘が体から離れる人がいます。

肘を体にくっつけた状態でどこまで出来るかを確認してください。

③肘を90度に曲げ、手の平が内に向いた状態で体にくっつける→内に動かす

 


②と同様、肘が体に付いた状態でどこまで動くかを確認してください。


④③の状態から肘を45程度上げる→内に動かす




⑤肘を90度にして手の平を上に向け、体にくっつける→外に動かす




肘を体にくっつけた状態で行ってください。肘が離れずどこまで動かせるかを確認してください。

⑥⑤の状態から肘を45度程度上げる→外に動かす

45度程度、肘を上げた状態で⑤の動作を行う。手の平は自分の方を向いています。

45度上がらないという方は、今は6が出来ないという判断になります。

⑦⑤の状態から肘を90度上げる→外に動かす



肩の高さまで肘を上げた状態で⑤の動作を行う。手の平は自分の方を向いています。 

肩の高さまで上がらないという方は、今は⑦が出来ないという判断になります。

⑧腕を横に伸ばして反対側に伸ばす



まとめ

以上8つの動きを順番に改善していく必要があります。症状が重い人は①が出来ないと思います。ですので
まずその動作から改善していってください。例えば①、②は出来るけど、③は出来ないという人は③の動きから改善していく
必要があります。

動画・写真では正常に動かしていますが、痛みのある人は全て出来ないと思うので、それぞれの動きがどこまで動く、
どこまで動かすと痛みが出るのかを確認してください。ま

次回以降の動画でそれぞれの動きをどうやってよくしていくかをお伝えしていきます。

次回以降の動画の更新を見逃したくない方は
「いいね!」を押してください

股関節痛を良くする為にしているよくある5つの間違い【豊中の整体院】

公開日:
2017年09月18日

股関節痛を良くする為にしているよくある5つの間違い【豊中の整体院】


もしあなたが
  • ・股関節が痛くて立っているのも辛い
  • ・歩くたびに股関節が痛い
  • ・寝返りと股関節が痛い
  • ・靴下を履く時、靴を履くときに膝を胸に近づける動作がやりにくい
  • ・足を広げる、もしくは閉じると痛い
という症状で悩まれていて、よくする為にこんな間違いをしていませんか?

間違い1 股関節が痛いから、股関節を温めたり、マッサージしているとよくなる


股関節が痛いからと言って、股関節だけが悪くなっている事はほとんどありません。本当の原因は
骨盤や背骨など全身のバランスが崩れて、股関節に過度な負担がかかる事が原因です。


ですので、治療を受けても「楽になっても、また痛くなる」「まったく痛みが変わらない」という
方は他にも原因があると考える必要があります。


間違い2 痛いけど、頑張って動かしているうちに良くなる


そもそも痛いというのはあなたの事を困らせようと体が発している訳ではありません。
これ以上動かすと危険という体からのお知らせです。


ですので、無理に動かすと更に痛めてしまう事があるので気をつけて下さい。


間違い3 体重が原因なので、痩せると良くなる


もし体重が原因ならばあなたの右(もしくは左)の股関節だけが痛いのは何故でしょうか?
右半身(もしくは左半身)だけ体重が重いのでしょうか?


もちろん体には適正な体重があります。ですので、それ以上の体重の人は痩せる方が股関節
への負担は減りますし、健康的です。


体重が落とす為に痛いのを我慢して体を動かすと更に痛める可能性があります。

間違い4 筋肉がないので歩いて筋肉がつくと良くなる


もし筋肉が原因ならばあなたの右(もしくは左)の股関節だけが痛いのは何故でしょうか?
右股関節(もしくは左股関節)だけ筋肉がないのでしょうか?


筋肉をつけるために痛いのを我慢して体を動かすと更に痛める可能性があります。


間違い5 変形している、股関節の受け皿が小さい、または浅いから手術しかない、または治らない



もし本当にあなたの股関節が痛くなる原因が変形している、股関節の受け皿が小さい、または浅いのが原因
であれば手術を検討する必要があるでしょう。


ただ理解しておく必要があるのが、あなたと同じように変形していても痛くない人がいる事です。
手術をする事で、劇的によくなる事もあるのでそれ自体は素晴らしい治療法の一つです。


ただ、手術の必要がなく治せるにも拘わらず、絶対手術の方が良いという方は少ないと思います。
であれば、他の方法も検討する事をお勧めします。


あくまで「手術しかない」と言われた時は、「整形外科で治そうと思ったら手術しかない」と頭で
理解する必要があります。


もし、股関節が痛くて、色々治そうと頑張ってるけど
・今の方法で治る気がしない
・手術を勧められてるいるが手術は出来たらしたくないと思われるなら
一度ご相談ください
詳しくは
↓クリック

prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 next

メニュー
当院の施術を初めて受ける方へ

雑誌掲載情報
当院の施術方法が掲載されております。
他数誌にも掲載されております。


患者様の声
院長日記
当院について
院長プロフィール
他の治療院との違い
施術料・営業時間
メンテナンスの重要性
よくあるご質問
当院の施術は
持ち物
リセット療法とは
施術の流れ
症例について
腰痛
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
肩こり
頭痛
首の痛み
四十肩・五十肩
腱鞘炎
膝の痛み
股関節の痛み
子育て・マタニティ
子育てママ・産後の方
妊娠中の方へ
コンテンツ
ヘルニア・狭窄症の
       ストレッチ
股関節痛のストレッチ
肩甲骨を動かすストレッチ
背中・腰のハリをよくする
腰痛は鎖骨のコリが原因
寝違えの改善法
施術が痛くないって本当?
骨盤調整の運動
骨盤調整の運動2
腰痛によくある
 5つの間違い
身体に影響を及ばすO脚
肩こりが原因で引き起こす身体の問題
ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント
ぎっくり腰に関すること
姿勢チェック法と猫背タイプ
整体とマッサージの違い
腰痛の種類について
整体のメリット
腰痛になりやすい人の特徴
健康な体を維持するために
 エリア 
豊中市・池田市・箕面市・吹田市・
茨木市・川西市・伊丹市・大阪市内
兵庫県

回復整体 漣豊中院


〒561-0884
大阪府豊中市岡町北3-6-21

回復整体 漣豊中院

  • 06-6151-4773
  • お問い合わせはこちら

地図を拡大する

 

ページ上部へ