腰痛の無料講座を3月も行いました【豊中の整体院】

公開日:
2018年03月20日

 

  去る3月17日に当院で「腰痛を自分で治すための講座」を開きました。

これは、先月から始めたもので文字通り、腰痛を治す為に自分でどんな事をすれば
良いかが分かります。

今回お伝えした事を1つご紹介すると

・何故、薬や湿布を貼っても腰痛が良くならないのか?
痛かったら、薬や湿布を使っている人がいます、中には毎日のように使っている人がいます。

でも、これっておかしな話で、例えば風邪薬ってずっと飲み続けている人っていますか?
いないですよね?

何故、飲み続けていないかというとある程度したら風邪が治るからですよね?
そう、普通は薬を飲むと、体は自分の体を治して、薬を使わないで良い状態に治してくれるんですよね。

という事は、毎日湿布や痛み止めを使っているという人は、治っていないんです。
そこに疑問を持つべきだと思います。

はじめて来られたお客様から「毎日お薬使ってる」と話を聞くと「それは良くないですね」というと
「え?でもみんな使ってるやん」と言われる事があります。

でも、僕がこう質問すると「そうやなおかしいよね、良くないよね?」と気づかれます。

その質問は「もしあなたの子供(お孫さん)が毎日、薬使ってたらどう思いますか?」という事です。

もし、お薬を飲み続けても良くならないならこの講座に参加して頂くと、何故治らないのかが分かります。

そして、どうすれば薬を止めて、腰痛を治していけばいいかがわかります。


次回は4月14日(土)と19日(木)に行います。詳しくは
下の画像をクリック



腰痛は仕事を辞めないと治りませんと言われたあなたへ

公開日:
2018年03月01日

 
  整形外科や整骨院で「今の仕事を辞めないとこの腰痛は良くなりませんよ」と言われている人が当院には来られます。

この言葉にお客さんはかなり不安になっていらっしゃいます。それが事実ならば、それを伝える事は大切と
思います。

でもこんなに不安になっているのに、それを理解して、その後のフォローはしているんだろうかと
疑問に思う事はあります。

今回の男性も精神的に参ってました。最初はLINEで予約を頂いたのですが、夕方に来院予定だった
当日の昼間にも「本当によくなるんでしょうか?」「仕事は止めないといけないんでしょうか?」
と電話をして来られました。

結局、当院に通われ仕事に「全然痛くない」と自信をつけて復帰されました。

「仕事を辞めないといけない」「手術しかない」「もう治らない」そうやって、どんな有名な先生に
言われても「私(医者)に治療を頼めば」という言葉を頭につけるようにしてほしいと思います。

「私(医者)に治療を頼んだら、仕事を辞めないといけません」
「私(医者)に治療を頼んだら、手術しか方法はありません」
「私(医者)に治療を頼んでも、もう治せません」

こう考えて、別の方法を探して欲しいと思います。ちゃんと別の方法なら
よくなります。

実際良くなられた方のインタビューです。

「仕事を辞めないともう治りません」と言われたけど仕事を辞めずによくなりました。


①当院に来られた時はどんな症状で困っていましたか?

1カ月前に仕事中に突然、腰と股関節に激痛が走りました。

それからは立つ、しゃがむ、歩く、階段を使う、何をしていても痛みが出るという状態でした。
夜も痛みで寝る事は出来ず、仕事は出来ず1週間ほど休みました。

整形外科でレントゲンを撮りましたが異常がないと言われ、電気治療を受けていました。
なかなか良くならないので、先生に相談すると「仕事辞めないと無理だよ」と言われました。

次は整骨院に行きました。マッサージと電気治療を受けて、少しよくなったかなと思い
仕事に復帰しました。でも3日ほど働いたら、前回以上の痛みが出てまた仕事を休む事になりました。

「仕事を辞めないと治らない」と言われました。

今の仕事は好きだから、辞めたくないし、辞めた所で次の仕事があるという保証もある訳ではないし不安でした。

②今はどんな状態ですか?
 
今日で5回ですが、今は全く痛くありません。初回施術受けた後から仕事に復帰が出来ました。

痛みは少し出ましたが、先生の指示通りの事をやると楽になっていました。

③今までの治療と何が違いましたか?

予約はしましたが、すごく不安でした。「整形外科でも整骨院でも良くならないのに、整体で治るの?」と疑っていました。また保険も効かないしこれで受けてだったらどうしようという気持ちがありました。

でも、本当に最初に受けた時、体の歪みが原因ですよという先生の言う通りに体が変わっていき、ちょっと信じてみようと思いました。

仕事に行くとやっぱり痛くなり、電話をしました。電話越しに先生の言う通りの事をやると楽になるので大丈夫と思えました。

④同じような症状で悩む人にメッセージを!!

整形外科や整骨院で治らない人は是非受けてみる事をお勧めします!

仕事を辞めないと治らないという腰痛をどうやって治したか?

男性は体を動かすと腰、股関節に痛みがありました。特に前屈は途中まで動かすと
体がビクッとするくらい強い痛みがありました。

1c5dc3e8d2bc5d0f61f04737d31a0b84_s
体を動かしてもらうと、反った時に治すべきポイントが一つ見つかりました。

真っすぐ後ろに反ってくださいというと上半身が捻れた状態でしか反れませんでした。
※上の写真はイメージです

反る事に関しては本人は痛いなどの自覚はありませんでした。

では、何故反ると上半身が捻じれるかというと、左の大腰筋が硬くなっていたからです。
クリックすると新しいウィンドウで開きます

左の大腰筋は硬いので後ろに反っても正常に伸びず、右の大腰筋は正常な状態なので
反ると筋肉が伸びます。そうなると、体が捻じれて反れます。

なので、大腰筋を調整してあげると、均等に反れるようになりました。

これで前屈をしてもらうと痛みがかなり軽減しました。
そして、大腰筋と繋がりのある肩付近の筋肉、足の筋肉を調整すると
痛みは、ほぼなくなりました。

その上で、大腰筋が硬くなる原因である体の歪みを調整する事で
痛みの原因を改善していきました。

もし、あなたも同じように「仕事を辞めないと腰痛が治らない」と言われたなら
諦めずにご相談ください











「腰痛を自分で治すための講座」を開催しました

公開日:
2018年02月23日

回復整体 漣 第1回セミナー 「腰痛を自分で治すための無料講座」を行いました。


ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。


「治らないと諦めていた腰痛が治る気がしてきた」

ご参加いただいたお客様からそんなお声を頂けました。この女性は10年以上腰痛に悩まれていました。
歩くと腰が痛い、お盆をもって歩こうとすると腰が曲がり歩けないという悩みを抱えていました。

病院では脊柱管狭窄症が原因、年だからという説明を受けていらっしゃいました。

そんな女性が講座に参加して、治る気がしてきた理由は2つです。

1、一般的に信じられている、行われている腰痛治療が間違っている事が分かったから


例えば、私のパソコンを使いインターネットで「腰痛 原因」と調べて、一番上に表示されているページには
「腰痛の原因が特定できるものは約15パーセント」と出てきます。そして「15%の中身は圧迫骨折、ヘルニア、狭窄症
、内臓疾患です」というような事がかかれています。

これを読むと、私はヘルニアと言われたからやっぱりヘルニアが原因なのだと思われるかもしれませんが、
注意点があります。

と、言うのもこんなデータもあるからです。

「腰痛のない人でもMRIを撮ると実に76%もの人にヘルニアがある。※1995年 国際腰痛学会」

このデータを見て、「いやそれでも私は画像診断を信じる」と言われるなら仕方ないです。
でも、ちょっと疑ってもいいかもしれません。

2、私が伝えた腰痛の原因をよくすると腰が楽になったから


画像診断で写る問題が原因でないなら、何が原因なのかを、この講座ではお伝えしています。

そして、その原因を自分で治すための運動をお伝えしています。

その運動をすると、その女性の体に変化が出ました。腰を伸ばそうと思うと、力が必要だったのに
楽に伸ばせるようになりました!!

その女性は、筋肉が伸びないのは筋肉が硬いからだと信じて、筋肉をほぐすことばかりやっていたようでした。

「今まで良くならなかったのは、ただ間違った方法で治そうとしてたから治らなかった」

それに気が付いたので治る気がしてきたようです。

2月に続き、3月もやりますので、ご希望の方はご参加下さい。
詳しくはクリック










花粉症で目のかゆみ、鼻水を止めたい人はいませんか?

公開日:
2018年02月17日


もしあなたが、花粉症で
・くしゃみと鼻水がとまらない
・目、目の周りがかゆくてつらい
・頭がボーっとする
・仕事、家事に集中できない
・外に出るのが嫌になる
・薬、マスクに毎年、結構お金がかかる
・薬を使いたいが、眠たくなるから使えない

とお悩みなら、このブログを読んでみて下さい。
あなたのこの先花粉症に悩まなくなるかもしれません。

毎年この季節になるとだんだんと花粉症に悩まされる人が増えてきます。

私自身も、約10年前に突然発症して辛い思いをしました。

目の周りが赤くなり、涙がボロボロ。掻いてはいけないと思いながらも、掻かないとやっていけない

鼻水、気がついたら水のような鼻水がタラーッと・・・鼻を拭くたびに仕事の手が止まる・・・ゴミ箱には使ったティッシュの山

不意に大きなくしゃみが出て、周りの人から冷たい目線・・・

薬は眠たくなるし、副作用も気になるので出来る事なら使いたくない・・・

こんな状態なので、仕事も集中できない、人と話してても頭に入ってこない

こんな季節は早く終われ・・・と耐える日々でした。

辛い花粉症から解放された・・・


でも、ある方法を知ってから、そんなひどい花粉症に悩む事はなくなりました。

あれだけ出ていた鼻水も出なくなり、出たとしても1回拭いたらもうおしまい、

目がかゆいと掻かなくなり、くしゃみも出ない。外に出ても、目に違和感を感じるもない。

朝、天気予報で「今日は花粉が多いです」と言われても、気にならない。

症状がないという事は、当然薬やテッシュも必要なくなり金銭的にも助かりました。

それを可能にしたの方法はEFT(イーエフティー emotional freedom technique)と言って、
アメリカで開発された心理療法です。

短時間でネガティブな感情を深層心理から解放し
それにまつわる症状も軽減してくれるというものです。

・・・ここまで読むと「心理療法?」「感情?」
それが花粉症とどんな関係があるの?と思われると思います。

花粉症をよくする非常識な方法


花粉症は、そもそも身体の免疫システムが、花粉に対して”過剰”に反応することで起きます。



そう過剰です。本当に花粉が体にとってよくないものなら、全員が全員花粉症になりますよね?

でも、そうではないです。花粉症の人は、花粉が
体にとって異物だ、悪いものだと認識して、それを外に出そうとしているのです。

免疫システムは、身体を守るための働きですが、深い無意識と関係があると考えられています。

深い無意識が、花粉をホコリのような異物と認識し、涙、鼻水、クシャミ等で、外に排除しようとしているのです。

ホコリに対してであれば適切な反応と言えますが、花粉に対しては過剰な反応なのです。

それをこのEFTを使って、悪いものではないんだよ、過剰に認識しているだけだよと深層心理に教えてあげる事によって、症状を抑える事が出来ます


具体的には、体のツボを刺激しながら「鼻水が止まらない」「止まって欲しいのに止まらない」というような
事を言ってるうちに、脳に「花粉って別に悪いものじゃないの?」と思い、花粉を異物と認識しなくなっていくのです。

これを読んでも、恐らくほとんどの人が「ありえない」「そんな筈はない」と思うと思います。僕も
最初はそうでした。

でも、実際、様々な人に試しても、その場で症状が軽減していきます。

実際EFTを行っている様子


※個人の感想であり、効果、効能を保証するものではありません

この女性は、鼻をかんでもかんでも、 鼻水が止まらなくて困っていらっしゃいました。

でも、EFTを行って、その場で症状をなくし、1週間後来られた時も「ちょろっと鼻水でるけど、1回かんだらおしまい!!」と喜ばれていました。



※個人の感想であり、効果、効能を保証するものではありません

この女性は前日の夕方から喉に違和感がありましたが、EFTを行う事で、違和感がその場で軽減しました。


花粉症の間違った対策


多くの方は、花粉症に対して症状を抑えているだけに過ぎません。目がかゆいから痒みを抑える
鼻水が出るから、鼻水を止める、花粉が入らないようにマスクや眼鏡をする。

でも、これは結局、原因が治っている訳ではないので、薬が切れたらまた症状が出てきます。
例え、マスクや眼鏡をしても少しでも花粉が入ってくれば、症状は出ます。

また、花粉が飛ぶ季節が終わっても、結局翌年には同じ症状に悩まされる事になります。

金銭的にも負担が増え、中には1シーズンに花粉症の対策として2万円近く使っているという方もいらっしゃいます。

花粉症を薬なしで改善したい人はいませんか?

もし、このブログをお読みの方で同じように花粉症でお悩みの方がいらっしゃいましたら当院で改善してみませんか?

花粉は体にとって悪いモノ、そんな脳の勘違いを正すことで、体は花粉を悪いものと認識しなくなります。


また、この方法はすごく簡単な方法なので、覚えてしまえば、自分でも改善が可能になります。


今までは、当院に通われている一部の方を対象に行っていましたが、初めて当院に来たことがない方にも対象に行いたいと思います。

このセッションで手に入れるあなたの価値はどれくらい?


さて、気になる価格ですが、この方法を知る事であなたは花粉症を原因から改善する事ができるようになります。

今まで、あなたは花粉症に幾らぐらいお金を使って来ましたか?お金だけでなく、どれくらい不快な気持ちや煩わしさを感じていましたか?それが、今後それが軽減するとなると、どれくらい価値があるでしょうか?

にも拘わらず今回、このセッションを受けるのに掛かる金額はたった5000円(税込み)です。

さらに今回少しでも花粉症で悩む人が少なくなればと考え、幾つかプレゼントをご用意しました。

①自分で花粉症を改善する方法を書いたテキスト

当日行うセッションを自分でやりたい場合に使える具体的な方法を書いたテキストをお渡しします。

これで、自分の事だけでなく、あなたのご家族、ご友人の花粉症を改善するサポートが出来るようになります。

②具体的なやり方をLINE、メールで30日サポート

やり方が分かっても、多くの人が困るのが「こんな場合どうするの?」「これであっているか不安」という事です。

そんな時、私にご連絡頂ければいつでも具体的なやり方を教えます。

もし、変化がなければ返金します。

このセッションを受け、全く変化がなければ、セッション後10日以内であれば全額返金します。

今回、返金保証をつけたのには理由があります。

というのも、このEFTというのは、まだまだ世間では知られていない方法です。

多くの方が「なんか良さそうだけど、怪しい」「聞いた事がないから怖い」と思われるのではないかと思います。

でも、そんな理由で、この先も花粉症で悩み続ける事はしてほしくないと思い返金保証をつける
事を決めました。

もし、あなたがこの方法を試して、満足いただける結果が得られないのならば遠慮なくお申し付け下さい。1週間以内にご指定の銀行口座にお振込みさせていただきます。

これであなたはリスクなくこのセッションを受けて頂くことが出来ると思います。

セッションはご自宅でも受ける事が出来ます


もし遠方で当院に来る時間がないという
方がいらっしゃいましたら、Skypeでのセッションは可能です。

連絡いただいた際に仰ってください。遠隔でのセッションを希望の際はお支払いは指定する銀行口座へのお振込みになります。

内容

①花粉症へのEFTセッション(最大1時間)
②花粉症を自分で改善する方法
③LINE、メールでの10日サポート

お申込み方法

まずは電話、LINE、もしくはメールでご連絡下さい。※電話の場合、施術中は留守番電話になっていますので、その際はお名前とご連絡先を残しておいて下さい。こちらから折り返しお電話させていただきます。

「花粉症のブログを読みました」と言っていただければ結構です。

今回、私の使える多くの時間が整体院での予約で埋まっているので募集する人数は20人限定とさせていただきます。

これ以上の人数は時間的に難しいのでお断りさせていただきますので、気になる方は今すぐご連絡ください。

胃もたれ、胸がムカムカをたった3分でなくす方法【豊中の整体院】

公開日:
2018年02月16日

もしあなたが
・胸の辺りがつまったような感じで気持ち悪い
・胃がもたれた感じがする
・薬は出来るだけ飲みたくない
そんな悩みがあるならこんな方法でも良く出来ます

今日は、当院で行うEFTの報告をしたいと思います。

EFTとは、アメリカで開発された心理療法で、
体のツボを刺激しながらネガティブな感情を話すとそのネガティブな感情やそれに伴う症状を
改善できるというもの。詳しくはEFT―Japan

具体的今日行うのは「1週間前から続く胸が詰まった感じがあり、ムカムカする」という症状です。

胃が悪いから、胃が悪いんでしょう?と思うかも知れませんが、体って不思議ですね。

それにまつわる感情や状況をツボを押しながら、言葉を話すと、その症状がなくなります。

このEFTは医療行為ではありません。

3分で胃のムカムカを止める方法




①今、どんな状態かを確認する
・どこが(胃?食道?)
・どんな風に(なんか詰まった感じ、気持ち悪い?)
・どんな気持ち(不安、嫌な気持ちなど)

②鎖骨の下をグリグリ指で押しながら①で確認した状態をまとめて話す

基本形 「私は○○(出来事)で▲▲(感情)だけど、そんな私を受け入れます)

例 私は食道のあたりが詰まった感じがあり、気持ち悪いけどそんな私を受け入れます

私は胃がムカムカして、不安だけど、そんな私を受け入れます

③体のツボ8か所を指でトントンしながら、今の状態、ネガティブな言葉を話す。

「タッピングポイント」の画像検索結果
(画像 EFT―JAPAN より引用)
話す内容は、①で確認した言葉です。 
話す言葉は極端に言うと、8か所同じでも構いません。

例 頭の上をトントンしながら「胃がムカムカする」→眉頭をトントンしながら「不安だ」、
→目の横をトントンしながら「1週間前からずっと」→目の下をトントンしながら「胃がムカムカする」
→鼻の下をトントンしながら「不安だ」→あごを・・・

⑤体のツボ8か所を指でトントンしながら、「その状態を受けいれる」言葉を話す。

これを2〜3周行います。その後「だけどそんな状態を受け入れます」と同じようにトントンしながら言葉にします。

例 頭の上をトントンしながら「胃がムカムカしてるけど、受け入れます」→眉頭をトントンしながら「不安だけど受け入れます」→目の横をトントンしながら「胃がムカムカしているけど、受け入れます」→目の下をトントンしながら・・・

最後に深呼吸を2回行います

⑥最初の状態と変化を見てください。もしまだ、鼻水が出るなら①〜⑤を繰り返します

もし、やり方が分からない場合はLINEもしくはフェイスブックページのコメント欄から質問してください。
無料でお答えします。





腰痛の予防ってしていますか?していない人はその方法が分かる講座を開きます【豊中の整体院】

公開日:
2018年02月14日

2月22日(木)に当院で「腰痛を自分で治すための講座」を行います。

https://peraichi.com/landing_pages/view/muryoukouza

開催、2週間前と急な発表だったのですが、徐々にお客様も集まり頂いております。

そんな中ご質問がありました。

「今、腰痛で動けないという状態ではないのですが、整骨院に行ったり、湿布を貼ったりしているのですが
そんな私でも参加していいですか?」

という内容でした。もちろん、どなたでも参加いただけるのですが、「そんな私」というのがどういう事なのか
聞いてみると、

整体は整形外科や整骨院では良くならず、もう動けない、生活に困る、そんな一刻を争う状態の人が行く
イメージがあったようです。

もちろん、そんな方にもご参加頂ければと思うのですが、この講座はまだ痛くない人、痛いけど生活には
困らないという方にもご参加頂ければと思います。

というのも、この講座では腰痛の予防の仕方を具体的にお伝えしたいと思います。

みなさんは腰痛の予防はしていますか?


湿布を貼る事は予防ではありません。薬を飲むのも予防ではありません。

筋肉をつけるために歩く、水泳をする、水中ウォーキングをする、テニスやゴルフをする
これもあなたの腰痛を予防するのには間違った方法の可能性があります。

またテレビや雑誌で見た腰痛の体操も、もしかしたらあなたにとっては、より腰痛を作る
体操の可能性もあります。

また地域の体操教室に行ってる人も、わざわざ時間を作って腰痛を作りやすい状態にしているかも
しれません。

ここで間違ってほしくないのは、今あげた湿布、歩く事など運動、テレビの体操、体操教室自体が悪いという訳ではないです。

ただ、自分の体の痛みの原因をよくする運動や行動なのかが大切という事です。



例えば、運動をすると筋肉が付きます、また痩せる人もいます。あなたの腰痛の原因が
筋肉が衰えた人、太った事が痛みの原因の人はいいかもしれないです。でも、もし違うかったら・・・

例えば、その体操をする事で、大腰筋を伸ばせるとしましょう。でも、あなたの腰痛の原因が肩甲骨の
動きが悪い事だとするとどうでしょう?

これでは、いつまでたっても良くなりません。むしろどんどん原因が悪くなって症状も悪化してしまいます。

そうして、運動しても腰痛は治らない・・・だから諦めるしかない、
     体操をしても腰痛は治らない・・・もう年だから仕方ない
     湿布や薬を使っても良くならない・・・年を取ったら誰でも痛くて当たり前・・・

という間違った常識が作られていきます。その常識が間違っていて、こうやって腰痛は
予防すればいいのだという事を知ってもらう機会になればと思います。

もし、興味のある方はこちらをクリック




あなたの腰痛の常識間違っていませんか?【豊中の整体院】

公開日:
2018年02月11日


今日初めて来られたお客様とお話し、そして
施術をさせて頂いて、やっぱりこれから
今度行う「腰痛を自分で治す講座は続けたい」と
思いました。

理由は、
・一般的に常識と信じられている、行われている腰痛治療には間違いがある。

・その間違った常識によって、治るはずの腰痛を抱え続けて生活を続けている人がまだまだいらっしゃる

・正しい知識があれば、腰痛で悩む人はもっと減る事を知って欲しい

という事です。

これを具体的にお伝えする無料の講座を今度行います→https://peraichi.com/landing_pages/view/muryoukouza

間違った腰痛治療を受け続けた男性


この男性の希望は「腰の痛みが繰り返し出ない体になって仕事に復帰したい」でした。

その上で病院や整骨院で言われた事、されていた事の多くは間違っていました。

例えば

・腰痛の原因はヘルニアです
 →違いました

・仕事を辞めないとこの痛みはなくならない
 → 違いました

・痛みを止める為に薬や湿布を使う  
 → 間違いでした

・痛い場所をマッサージする
 → 間違いでした


この男性は建築関係の仕事をされている27歳でした。

去年から腰が痛くて、荷物を持つと痛い、寝返りを打つと痛い階段を上るのも辛いという状態だったそうです。

病院に行くと「ヘルニア気味」と言われ、痛み止めを出されました。

薬は全く効かず、仕事も出来ない状態に陥りました。

薬は効かないので次に整骨院に行かれたそうです。
通っている内に、痛みはだんだんと治まって来たそうです。

ようやく仕事が出来ると復帰した途端、次は左の腰に激痛が走り、また仕事が出来なくなりました。

整骨院の先生には
「筋肉がガチガチだから、もう仕事辞めないと治らない」と言われたそうです。

そんな簡単に仕事が止められるわけはなく、悩まれた末に院を訪ねてこられました。

前屈みや後屈をすると、すぐに痛みが出ていました。また仰向けで寝ると、痛みがありました。

正しい方法で改善した結果


施術をして約5分後、前屈みも後屈も出来るように
なりました。仰向けでもほとんど痛みは感じなくなっていました。

特別な事はしていません。今まで腰痛を良くする為に間違った事をし続けた結果良くならなかっただけで、正しい事をしてあげたら良くなっただけです。

もちろん、従来の腰痛治療でよくなる方もいらっしゃいます。

でも、それで良くならない人は「もう歳だから」「このまま付き合っていくしかない」と諦めないでほしいと思います。

もし、あなたがどこに行っても治らないと諦めている腰痛で悩んでいるならこの講座を受けてみて下さい。

また、あなたの知り合いで悩んでいる人がいたら
教えてあげて欲しいなと思います

詳しくは
https://peraichi.com/landing_pages/view/muryoukouza








五十肩の原因って何?【豊中の整体院】

公開日:
2018年02月07日

四十肩・五十肩の違い、症状、原因 

 五十肩って何?


五十肩は、肩関節周囲炎という関節の炎症の一種です。

主な症状としてあげられるのが、炎症を起こした部分の激しい痛みと肩関節拘縮(かたかんせつこうしゅく)です。

肩関節拘縮とは?


肩関節拘縮とは、激しい痛みが原因により、肩の関節の動きに制限が起こることです。

これにより日常生活に支障をきたします。

五十肩が起こる原因

五十肩が起こる原因として考えられるのが、肩関節の骨や軟骨、靭帯や腱が老化により変性し、関節周囲の組織に炎症を起こすというものです。

このような肩関節周囲炎はまとめて五十肩と呼称されており、またそもそも四十肩という言葉はありませんでした。

しかし、時代の変化による仕事の多様化や生活習慣の変化などにより、四十代でも体が老化し肩関節周囲炎を発症する方が増えてきたことから、四十代の方が発症するものが四十肩、五十代の方が発症するものが五十肩と、それぞれ分けて呼ばれるようになりました。

つまり、四十肩と五十肩の症状や原因は同じで、発症する年齢により名前が変わるだけのものです。

ただし、五十代の肩関節周囲炎は四十代の方に比べ、加齢による身体機能の衰えや回復力の低下などが見られるため、症状がより深刻化したり長期化するケースが多いとされています。

五十肩を発症した場合はどうしたらいい?

五十肩を発症した場合、まず整形外科でレントゲンやMRIで診てもらう必要があります。

ここで大切な事ですが、五十肩というのは実は原因が分からない肩周辺の炎症の事を指します。

なので、レントゲンやMRIを取った結果、何かしらの問題が見つかった場合は五十肩ではなく、それぞれの病名がつきます。

多いものだと、腱板断裂(腱板損傷)、石灰沈着性腱板炎 などがあります。

腱板断裂とは

文字通り、肩を動かす腱が切れたり、損傷してしまっている状態です。

石灰沈着性腱板炎 とは

肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が生じる事によって起こる肩の疼痛・運動制限です 

原因が分かっていれば、そこに対して治療が出来ますが、五十肩と言われた場合、原因が分からないので
とりあえず痛みを止める。様子をみる、とりあえず動かしてみるという事しか出来る事がありません。

五十肩の痛みに我慢は禁物!

急性期の痛みは激しいので、日常生活に支障をきたすことも多いです。

周りの助けを借りながら、痛みを感じないことを最優先にし、治療を受けましょう。

「五十肩の痛みは放っておいたらよくなる」

こんな事を聞いた事がある方もいらっしゃると思いますが
これは、本当です。

ただ、いつ治るかは分かりません。1週間もしないうちに良くなる人もいれば、1年2年後にようやく痛みが無くなる事もあります。

また、痛みはなくなったけど、以前のように真っすぐ腕が上がらなくなり、シャツを着るのに時間がかかる、肩より上の物が取れないなど生活に不具合が出ます。

なので、正しい治療を受ける事をお勧めします。

五十肩の本当の原因は?

さきほど述べたように五十肩とは「原因不明の肩周辺の炎症」です。

でも、本当に原因がなく痛くなる事はあるのでしょうか?そんな事はありません。

では、本当の原因とは結論から先に書くと体の歪みです。

もっと詳しく書くと、体の歪みによって、肩甲骨や腕など上半身の筋肉、また下半身の筋肉に
過度な負担がかかり、その筋肉が硬くなる事によって正しく体が動かなくなっている事が多いです。


例えば、下の図をご覧ください
「腕を上げる 肩甲骨」の画像検索結果
図の通り、腕を上にあげると肩甲骨が動きます。そして、五十肩の症状のある方の多くは、こんな風に
肩甲骨が動いていない事がほとんどです。

また、「右腕が上がらないのは右の肩甲骨が正しく動いてないから」→「右肩甲骨が正しく動かないのは右上腕が捩れているから」→「右上腕が捩れているのは、右手の平が硬くなっているから」→「右手の平が硬くなるのは、普段仕事で特に右手の平に負担がかかる姿勢でパソコンを使っているから」という風に必ず原因があります。

こういった事が複雑に絡まって腕が上がらなくなっているので、まず何が原因か?というのを見極める必要があります。
ただやみくもに肩を動かしたり、痛みを止めているだけでは、よくなるものもよくなりません。



五十肩はどうやって治せばいいのか?

先ほど、体の歪みが複雑に絡まって腕が上がらなくなっていると書きましたが、特に多くの方の原因に
なっている箇所を一つお伝えします。

それが手の平です。


手の平でも上の図の赤くなっている所を触ってみてください。五十肩になっている
人はこの辺りを押すと硬く、中には痛みを感じる人がいらっしゃいます。

そこを揉みほぐしてあげると、可動範囲や痛みの強さが変わる人がいらっしゃいます。

あまり強く押しすぎないようにしてあげて下さい。

他にも様々な事が関係して五十肩になっています。そしてその原因を良くすることでちゃんと五十肩はよくなります。

実際に短期間で良くされた方のお声です

五十肩を原因からよくした方のお声

※個人の感想であり、施術の効果、成功を保証するものではありません

①当院に通い始めた時、どんな症状で困っていましたか?

右腕を上げると、肩が痛むようになりました。特に着替える時にシャツに手を通す、脱ぐなどに痛みがありました。

整形外科で見てもらいましたが、「いわゆる五十肩です」と言われて
痛み止めを出されて様子見てくださいと言われました。結局そのまま更に2カ月
経ちましたが、良くなりませんでした。

②治療前と治療後はどう違いましたか?

右腕を150度上げると痛みがありました。寝ている時も肩が痛くなり、何度も目が覚めていました。
施術後は若干が痛む時がありますが、普通に腕も上がり、日常生活には問題はありません。

③当院の施術を受けて、今までの治療と何が違いましたか?


痛みがあったのは右肩だけでしたが、施術は足や腰など全身のバランスを治していくアプローチでした。
そこが病院とは違うと感じました。

また、施術だけで治すのではなく、患者自身で出来るように個々の症状にあったストレッチをアドバイス
してもらい自分でも治していけるのが良かったです。治ってからの再発予防にも使えると思います。

④あなたと同じような症状に悩まれている方にメッセージを

病院では特に異常が見つからないが痛みがあるのはどうしたらものかというなら相談みてはと思います。
実際に症状を見て貰って「これなら治ります」と言ってもらった時には希望が持てました。

※個人の感想であり、施術の効果、成功を保証するものではありません

2カ月上げると痛かった腕が
すぐに上がるようになりました
※個人の感想であり、施術の効果、成功をほしょうするものではありません

①当院に通い始めた時、どんな症状でこまっていましたか?

2ヶ月前から右腕を上げたら痛みがある事と1年以上前から左手の親指の腱鞘炎がありました。

右腕には特に何もせず、腱鞘炎に対してはずっと整形外科に通っていました。でも良くなりませんでした。


今は右腕も、左手もほぼ痛みはない状態です。


②当院に来られる前に何か不安はありましたか?

整体に行っても良くならない、お金だけが高いという話を聞いていたので本当に治るのかなと不安を感じていました。でも、ちゃんとよくなりました。

※個人の感想であり、施術の効果成功を保証するものではありません

寝返りの度に目が覚めていました

①当院に通い始めた時は、どんな症状で困っていましたか?

右腕の外側がじっとしていても痛かったり、寝返りをうつのも辛い状態でした

 

②今はどんな状態ですか?

今は痛みの出る前と同じ状況です。また痛くなるのではという不安はあるので、重たいモノを持つのは不安ですが…

※個人の感想であり、施術の効果、成功を保証するものではありません



同じように五十肩で悩まれている方は一度

無料のご相談ください

五十肩を本気で治したい方は→

https://peraichi.com/landing_pages/view/7ex8w















無料講座を開くのはこんな理由です

公開日:
2018年02月06日

今度2月22日に「自分で腰痛を良くするための無料講座」というのを開きます。



この講座をやろうと思ったのは、今年に入って来られた女性の
お客様Sさんとお話していた時です。

Sさんは店から2、3分の距離にお住まいで、当院をオープンした5年前から知っていたそうです。

そして、その5年前から腰痛を抱えていました。でも、その時にはたまに痛くなる程度で、気にされていなかったそうです。

でも、この5年の間に、腰の痛みはどんどんひどくなる一方で
当院に来られた時は、立っているのも辛い、寝ているのも辛いという状態でした。

辛くなった時には病院に行ってみても背骨の間が狭くなっていると言われ

「歳だからねー。とりあえず痩せなさい、運動しなさい、歩きなさい」と言われ、薬を出されるだけで行くのを止めたそうです。

また、歩きなさいと言われても、3年前から右の膝が歩くと痛みが出るようになっていたそうです。

病院では「変形性膝関節症」と診断を受け、友達と定期に行ってたハイキングも行かなくなったと仰っていました。

そんな訳で、運動と言っても、腰が痛いから出来ない。歩きなさいと言っても、膝が痛いから出来ないという状態でした。

初めてSさんが訪れた時は泣きそうな顔をされていたのを覚えています。「病院で同じ事しか言われないし、もう治らないのかもと不安で、不安で仕方なかった」と仰っていました。

Sさんの体の状態を見させて頂くと、腰の痛くなるのは年齢のせいでも、体重のせいでも、筋肉が衰えているせいでもなく、また背骨が狭くなっている事が原因ではない事が分かりました。

ついでに膝も変形している事が原因ではない事が分かりました。

実際、私がおそらくこれが原因だろうという所をよくしてあげると、施術前は立ってるのも腰が痛い、歩くと膝が痛いという状態が嘘のようになくなりました。

「先生の言う事は病院と違う、友達やテレビでいう事とも違う、でも、先生の言う通りにやったらよくなった」と驚かれました。

そう言われた時に良くなってよかったという気持ちと同時にこんな事を思いました。

初めて私が整体に出会った時、「これで沢山の方の痛みを良く出来る、一般的に知られている腰痛の常識が変われば、痛みで困る人はもっと減らせる

でも5年立ってもこんな近くに住んでいるSさんもまだ腰痛の間違った常識を持ち続けている、その結果腰痛が治らず、毎日不安な気分で過ごしている。

「もっと沢山の人に出来るだけ早く、腰痛は良くなる事を知ってもらいたい」

その為には、今痛くて困っている人はもちろん、痛いけどそれほど困っていない人、また全く痛くない人にも、腰痛は良くなる事、腰痛は年齢のせいではない事を知って欲しいと思いました。

そんな訳で、今回、無料で講座を開くことにしました。

腰痛って歳だから仕方ないんでしょ?痩せないといけないんでしょ?運動しないといけないんでしょ?

そう思っている人は是非参加してみて下さい。







ヒアルロン酸の注射でも膝の痛みが治らない3つの理由

公開日:
2018年02月03日

整形外科で受ける膝の痛みの処置として有名なのが

ヒアルロン酸の注射です。



でも残念ながら注射を打っても治らない方がおられます。

その理由についてお伝えしていきます。

16c63c7da6692277f1d0b47ea5476048_s.jpg



整形外科に行き、「膝が痛いんです」と伝えると受ける処置のひとつがこの「ヒアルロン酸」の注射ですよね。

時々耳にする飲むヒアルロン酸「ほう○ゅ○」を飲んでいる方もおられると思いますが、効くか効かないかは置いといて・・・

ヒアルロン酸の注射を打って効果のある方は当然おられるのですが同じくらい膝の痛みが全然変わらない!そんな方もおられます。



「週に一回、整形外科にヒアルロン酸の注射を受けに行っています。でも全然膝の痛みが治らないんです…」

もしかしたらあなたもそうではないですか?

治る人と治らない人

膝の痛み


その違いは一体なんなのか?

ヒアルロン酸の注射が膝の痛みに「効く理由」「効かない理由」それぞれについて詳しく記事にして行きますね!



膝の痛みにヒアルロン酸の注射が効く人は?


そもそも「ヒアルロン酸」とはなんなのか?

そこから知って行きましょう。

女性では美容のイメージが強いと思います。

お肌にもヒアルロン酸が必要ですが

膝の関節内にある「関節液」という滑りをよくするための油の中にも含まれています。

このヒアルロン酸という液体のおかげで、私たちの膝の関節はスムーズに動く事が出来ています。

また、膝関節のクッションの役割も担っているので、膝の軟骨を守ってくれる働きもあります。

でも、日常生活を過ごしていく中でヒアルロン酸が減少してくると膝の関節の動きが悪くなってきて

関節に負担をかけていくことになります。

ヒアルロン酸の注射で膝の痛みが治らない3つ理由

ヒアルロン酸は膝の動きを良くするための油です。という話を聞くと

膝の痛みにはかなり効果を発揮しそうに思いますよね。

しかし、ほとんどの方がヒアルロン酸の注射では、膝の痛みが治ることはありません。

その理由はなぜでしょうか?
それではその大きな理由を3つ説明します。

①1回で効果を感じれると思っている

膝に注射されたヒアルロン酸は、時間の経過に伴い体内に吸収されていきます。

効果が持続することはありません。

そのため、定期的に通院して注射を打つ必要があります。

膝の痛みは長年の積み重ねにより悪化した状態になっています。

それなのにも関わらず「1回注射してもらったのですが痛みが変わらないので、もう行ってないんです。」と言われる方がおられます。

②関節に原因がない

これは意外と多い原因です。

関節に原因のある方ではヒアルロン酸の注射は効果があるのですが、ほとんどの膝痛患者さんは関節に原因がありません!

膝の痛みの原因の多くは「太ももの筋肉の緊張」によるものが多いです。

それににも関わらず、ヒアルロン酸の注射を打っても、
筋肉が緩むわけがないので膝の痛みが治るわけありません。

③ヒアルロン酸で膝が治るわけではない

3つ目最後の理由は、ヒアルロン酸=原因の改善と勘違いしているケースです。

確かに膝関節内の潤滑液の不足を補うことで一時的に動きは改善され痛みは軽減されます。

でも、これはあくまで対処療法なだけで、

膝にかかる問題がなくなったわけではないです。

あなたの膝の痛みに繋がった本当の原因は何だと思いますか?


膝の内側の痛み



・縫工筋(ほうこうきん)

・薄筋(はくきん)

・半腱様筋(はんけんようきん)



この3つの筋肉が集まって

駕足部(がそくぶ)

と言います。



この部分は筋肉が集まって筋肉が薄くなってきている部分。

触ると骨がすぐ触れる感覚があるので骨が痛いように感じますが

実際痛んでいるのは筋肉です。



細かく言いますと、筋肉が薄くなってきて骨にくっついていきます。



この筋肉の状態が回復したら膝の痛みは取れます!

でもこの筋肉を早く処置せずに痛みが続く状態を長引かせていくと、動きが悪い状態が続くので骨にストレスがかかってきます。

骨にストレスある状態が続くと骨の変形に繋がっていきます!

ヒアルロン酸の注射に頼る前にまず自分の日常生活を見つめ直すことから始めてみてはいかがでしょうか。

そうしていかなければ、あなたの抱えている膝の痛みはいつまで立っても解決して行きません。

1年注射を打ち続けてもよくならない
         膝痛がたった1回の施術で・・・


豊中市 ハマダ様 66歳 女性
①当院に通い始めた時、どんな症状で困っていましたか?
病院では加齢による変形性膝関節症と言われて、長く歩くと、膝から下が棒のようになり
歩くのに苦痛でした。
歩き方も左右に揺れる歩き方で、なんとかまっすぐ歩けるようになりたいと思っていましたが、
半分あきらめていました

②治療前と治療後(現在)はどう違いますか?
歩くのが苦痛ではなくなりました。
歩き方もまっすぐ歩けるようになりました。膝の軟骨がすり減っているので、まっすぐ歩くのは無理ではと
思っていました。

③当院の施術を受けて、今までの治療と何が違いましたか?
初めて治療を受けた時、体の歪みを治すといわれました。始めは治療を終えたらその日は、歩いて帰ろうとは
思っていませんでしたが、施術が終わった時に歩いてかえってみようと思えたので自分でもビックリしました。

今までは整形外科ではヒアルロン酸の注射を打ったりしていました。いつかよくなるかなと思っていましたが
楽になった実感はありませんでした。

④どんな方に当院をお勧めしたいですか?
長くつらい症状に悩まされていて、根本的に改善したい方にお勧めです。

膝の痛みで1年半週3回整骨院に通っていました。
               でも、今は・・・

豊中市 K・H様 60代 女性

※個人の感想であり、成果や成功を保証するのもではありません

①当院に通い始めた時、どんな症状で困っていましたか?
症状は腰、左膝の変形性関節炎で特に膝の痛みでした。以前は週2回〜3回1年5ヶ月ほど整骨院でお世話になっていましたが、最初は良いと思って諦めず通っていましたが膝の痛みは取れませんでした。

②治療前と治療後( 現在) はどう違いますか?
腰の痛みは取れ、膝は(特に左がひどかったのが)両膝と同じくらいの症状に変わり歩くのにも楽になり痛みも薄れてきました。

③当院の施術を受けて、今までの治療と何が違いましたか?
以前通っていたところでは、治療してもらっても2,3日後には痛みが再び出てきてました。

④どんな方にお勧めしたいですか?
長期にわたって痛みを我慢されている方や、治らないと諦めている方におすすめしたいです。

立ったり座ったりする度に膝が・・・

豊中市 O・N様 58歳 女性

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

①当院に通い始めた時、どんな症状で困っていましたか?
2年くらい前の膝の違和感が始まりでした。次第に右ひざの裏が痛くなり立ったり
座ったりする度に痛く、正座をして立ち上がる時に痛みがありました。生活の中心で
ある足に痛みがあると、行動するのもおっくうになるし、一つ姿勢を変えるのもふんばりと気合がいりました。

②治療前と治療後(現在)はどう違いますか?
痛みもほぼなくなり本当に喜んでいます。自分の膝がここまでよくなると思っていませんでした。痛みなく膝が使えるのは気にしなくてよいという事です。立ったり座ったりするのがとても楽で、当たり前のこの事が普通なんだと思いました。

③当院の施術を受けて、今までの治療と何が違いましたか?
今までは整形外科に行った事はありますが、膝に注射をされてその時は楽になりますが、結局その時だけという感じでした。薬も長期に服用するの事にも疑問を感じていました。

④どんな方に当院をお勧めしたいですか?
体の痛み、不快感、違和感がある方は早く、整体にめぐりあって先生を信頼して、施術を受けられる事を願います。本当に痛みと別れる事ができるのです私は一生この痛みと付き合わなければいけないと思ってましたから。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

趣味の山登りを心置きなく楽しめます

豊中市 N様 50代 女性

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

①当院に通い始めた時、どんな症状でこまっていましたか?
最初に訪れた時は腰痛で立っているのも歩く事すらつらいという状態でした。

②治療前と治療後(現在)はどう違いますか?
正直に言うと1、2回目の施術後はすぐに痛みが戻り、本当に治るんだろうかという思いがありました。ですが、回数を重ねる毎に痛みの戻る周期が長くなり遂に戻らなくなりました。つまりは長年悩んでいた痛みがなくなったという事です。

③当院の施術を受けて、今までの治療と何が違いましたか?
これまでの治療は接骨院でのマッサージが主でした。
1時的には痛みは和らぐのですが、1日か数日で元に戻るという繰り返しでした。こちらの施術を受けてからは回を追うごとに着実に痛みが消えていくという実感がありました。

④どんな方に当院をお勧めしたいですか?
疲れた時、定期的にマッサージに受けに行き一時的に痛みを和らげている人
根本的に治すのが大切という事を教えたい
※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

どこでも歩いていこうという気になりました

豊中市 イトウ様 



※個人の感想であり、成果、成功を保証するものではありません
①当院に来られた時はどんな症状で困ってましたか?
膝痛と股関節痛がありました。40代から痛みがありましたが、50代に
なって整骨院や整形に行くようになりました。

膝はヒール履いた後などが特に痛みがあり、階段の昇り降り、長距離歩くのは
自分でストップしていました

股間節はここ2年くらい痛みがありました。自分では骨盤の歪みが原因かなと
思っていました。

ここに来るまでは、整骨院に言ってましたがボキボキされるのが嫌で止めていました。

②今はどんな状態ですか?
股間節痛も痛みがなく、膝の痛みもほとんど感じなく長距離歩くぞという気持ちになりました。

特に変わったのが自転車で坂道を上る時に踏み込むことができなかったのが
今は少々の坂だと登れるようになりました。

③当院の施術を受けて最初はどう思いましたか?
正直、少々物足りないというくらいでした、でも先に主人が通っているのですが
「ぜひ一度行ってみろ」と勧められきました。
物足りないと感じましたが、施術後は楽になり主人にも「すごかった」と報告しました。

④当院にお勧めするとしたらどんな方ですか?
整骨院 整形外科に行っても治らなかった人、私の年代の人なら
この痛みと付き合っていこうと思っている人、諦めている人にお勧めしたいです。

※個人の感想であり、成果、成功を保証するものではありません。


ヒアルロン酸注射を打つ生活から抜け出したい人は

無料でのご相談はこちらのLINEで相談下さい。


prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 next

メニュー
当院の施術を初めて受ける方へ

雑誌掲載情報
当院の施術方法が掲載されております。
他数誌にも掲載されております。


患者様の声
院長日記
当院について
院長プロフィール
他の治療院との違い
施術料・営業時間
メンテナンスの重要性
よくあるご質問
当院の施術は
持ち物
リセット療法とは
施術の流れ
症例について
腰痛
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
肩こり
頭痛
首の痛み
四十肩・五十肩
腱鞘炎
膝の痛み
股関節の痛み
子育て・マタニティ
子育てママ・産後の方
妊娠中の方へ
コンテンツ
ヘルニア・狭窄症の
       ストレッチ
股関節痛のストレッチ
肩甲骨を動かすストレッチ
背中・腰のハリをよくする
腰痛は鎖骨のコリが原因
寝違えの改善法
施術が痛くないって本当?
骨盤調整の運動
骨盤調整の運動2
腰痛によくある
 5つの間違い
身体に影響を及ばすO脚
肩こりが原因で引き起こす身体の問題
ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント
ぎっくり腰に関すること
姿勢チェック法と猫背タイプ
整体とマッサージの違い
腰痛の種類について
整体のメリット
腰痛になりやすい人の特徴
健康な体を維持するために
 エリア 
豊中市・池田市・箕面市・吹田市・
茨木市・川西市・伊丹市・大阪市内
兵庫県

回復整体 漣豊中院


〒561-0884
大阪府豊中市岡町北3-6-21

回復整体 漣豊中院

  • 06-6151-4773
  • お問い合わせはこちら

地図を拡大する

 

ページ上部へ