腰痛の予防ってしていますか?していない人はその方法が分かる講座を開きます【豊中の整体院】

公開日:
2018年02月14日

2月22日(木)に当院で「腰痛を自分で治すための講座」を行います。

https://peraichi.com/landing_pages/view/muryoukouza

開催、2週間前と急な発表だったのですが、徐々にお客様も集まり頂いております。

そんな中ご質問がありました。

「今、腰痛で動けないという状態ではないのですが、整骨院に行ったり、湿布を貼ったりしているのですが
そんな私でも参加していいですか?」

という内容でした。もちろん、どなたでも参加いただけるのですが、「そんな私」というのがどういう事なのか
聞いてみると、

整体は整形外科や整骨院では良くならず、もう動けない、生活に困る、そんな一刻を争う状態の人が行く
イメージがあったようです。

もちろん、そんな方にもご参加頂ければと思うのですが、この講座はまだ痛くない人、痛いけど生活には
困らないという方にもご参加頂ければと思います。

というのも、この講座では腰痛の予防の仕方を具体的にお伝えしたいと思います。

みなさんは腰痛の予防はしていますか?


湿布を貼る事は予防ではありません。薬を飲むのも予防ではありません。

筋肉をつけるために歩く、水泳をする、水中ウォーキングをする、テニスやゴルフをする
これもあなたの腰痛を予防するのには間違った方法の可能性があります。

またテレビや雑誌で見た腰痛の体操も、もしかしたらあなたにとっては、より腰痛を作る
体操の可能性もあります。

また地域の体操教室に行ってる人も、わざわざ時間を作って腰痛を作りやすい状態にしているかも
しれません。

ここで間違ってほしくないのは、今あげた湿布、歩く事など運動、テレビの体操、体操教室自体が悪いという訳ではないです。

ただ、自分の体の痛みの原因をよくする運動や行動なのかが大切という事です。



例えば、運動をすると筋肉が付きます、また痩せる人もいます。あなたの腰痛の原因が
筋肉が衰えた人、太った事が痛みの原因の人はいいかもしれないです。でも、もし違うかったら・・・

例えば、その体操をする事で、大腰筋を伸ばせるとしましょう。でも、あなたの腰痛の原因が肩甲骨の
動きが悪い事だとするとどうでしょう?

これでは、いつまでたっても良くなりません。むしろどんどん原因が悪くなって症状も悪化してしまいます。

そうして、運動しても腰痛は治らない・・・だから諦めるしかない、
     体操をしても腰痛は治らない・・・もう年だから仕方ない
     湿布や薬を使っても良くならない・・・年を取ったら誰でも痛くて当たり前・・・

という間違った常識が作られていきます。その常識が間違っていて、こうやって腰痛は
予防すればいいのだという事を知ってもらう機会になればと思います。

もし、興味のある方はこちらをクリック




あなたの腰痛の常識間違っていませんか?【豊中の整体院】

公開日:
2018年02月11日


今日初めて来られたお客様とお話し、そして
施術をさせて頂いて、やっぱりこれから
今度行う「腰痛を自分で治す講座は続けたい」と
思いました。

理由は、
・一般的に常識と信じられている、行われている腰痛治療には間違いがある。

・その間違った常識によって、治るはずの腰痛を抱え続けて生活を続けている人がまだまだいらっしゃる

・正しい知識があれば、腰痛で悩む人はもっと減る事を知って欲しい

という事です。

これを具体的にお伝えする無料の講座を今度行います→https://peraichi.com/landing_pages/view/muryoukouza

間違った腰痛治療を受け続けた男性


この男性の希望は「腰の痛みが繰り返し出ない体になって仕事に復帰したい」でした。

その上で病院や整骨院で言われた事、されていた事の多くは間違っていました。

例えば

・腰痛の原因はヘルニアです
 →違いました

・仕事を辞めないとこの痛みはなくならない
 → 違いました

・痛みを止める為に薬や湿布を使う  
 → 間違いでした

・痛い場所をマッサージする
 → 間違いでした


この男性は建築関係の仕事をされている27歳でした。

去年から腰が痛くて、荷物を持つと痛い、寝返りを打つと痛い階段を上るのも辛いという状態だったそうです。

病院に行くと「ヘルニア気味」と言われ、痛み止めを出されました。

薬は全く効かず、仕事も出来ない状態に陥りました。

薬は効かないので次に整骨院に行かれたそうです。
通っている内に、痛みはだんだんと治まって来たそうです。

ようやく仕事が出来ると復帰した途端、次は左の腰に激痛が走り、また仕事が出来なくなりました。

整骨院の先生には
「筋肉がガチガチだから、もう仕事辞めないと治らない」と言われたそうです。

そんな簡単に仕事が止められるわけはなく、悩まれた末に院を訪ねてこられました。

前屈みや後屈をすると、すぐに痛みが出ていました。また仰向けで寝ると、痛みがありました。

正しい方法で改善した結果


施術をして約5分後、前屈みも後屈も出来るように
なりました。仰向けでもほとんど痛みは感じなくなっていました。

特別な事はしていません。今まで腰痛を良くする為に間違った事をし続けた結果良くならなかっただけで、正しい事をしてあげたら良くなっただけです。

もちろん、従来の腰痛治療でよくなる方もいらっしゃいます。

でも、それで良くならない人は「もう歳だから」「このまま付き合っていくしかない」と諦めないでほしいと思います。

もし、あなたがどこに行っても治らないと諦めている腰痛で悩んでいるならこの講座を受けてみて下さい。

また、あなたの知り合いで悩んでいる人がいたら
教えてあげて欲しいなと思います

詳しくは
https://peraichi.com/landing_pages/view/muryoukouza








五十肩の原因って何?【豊中の整体院】

公開日:
2018年02月07日

四十肩・五十肩の違い、症状、原因 

 五十肩って何?


五十肩は、肩関節周囲炎という関節の炎症の一種です。

主な症状としてあげられるのが、炎症を起こした部分の激しい痛みと肩関節拘縮(かたかんせつこうしゅく)です。

肩関節拘縮とは?


肩関節拘縮とは、激しい痛みが原因により、肩の関節の動きに制限が起こることです。

これにより日常生活に支障をきたします。

五十肩が起こる原因

五十肩が起こる原因として考えられるのが、肩関節の骨や軟骨、靭帯や腱が老化により変性し、関節周囲の組織に炎症を起こすというものです。

このような肩関節周囲炎はまとめて五十肩と呼称されており、またそもそも四十肩という言葉はありませんでした。

しかし、時代の変化による仕事の多様化や生活習慣の変化などにより、四十代でも体が老化し肩関節周囲炎を発症する方が増えてきたことから、四十代の方が発症するものが四十肩、五十代の方が発症するものが五十肩と、それぞれ分けて呼ばれるようになりました。

つまり、四十肩と五十肩の症状や原因は同じで、発症する年齢により名前が変わるだけのものです。

ただし、五十代の肩関節周囲炎は四十代の方に比べ、加齢による身体機能の衰えや回復力の低下などが見られるため、症状がより深刻化したり長期化するケースが多いとされています。

五十肩を発症した場合はどうしたらいい?

五十肩を発症した場合、まず整形外科でレントゲンやMRIで診てもらう必要があります。

ここで大切な事ですが、五十肩というのは実は原因が分からない肩周辺の炎症の事を指します。

なので、レントゲンやMRIを取った結果、何かしらの問題が見つかった場合は五十肩ではなく、それぞれの病名がつきます。

多いものだと、腱板断裂(腱板損傷)、石灰沈着性腱板炎 などがあります。

腱板断裂とは

文字通り、肩を動かす腱が切れたり、損傷してしまっている状態です。

石灰沈着性腱板炎 とは

肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が生じる事によって起こる肩の疼痛・運動制限です 

原因が分かっていれば、そこに対して治療が出来ますが、五十肩と言われた場合、原因が分からないので
とりあえず痛みを止める。様子をみる、とりあえず動かしてみるという事しか出来る事がありません。

五十肩の痛みに我慢は禁物!

急性期の痛みは激しいので、日常生活に支障をきたすことも多いです。

周りの助けを借りながら、痛みを感じないことを最優先にし、治療を受けましょう。

「五十肩の痛みは放っておいたらよくなる」

こんな事を聞いた事がある方もいらっしゃると思いますが
これは、本当です。

ただ、いつ治るかは分かりません。1週間もしないうちに良くなる人もいれば、1年2年後にようやく痛みが無くなる事もあります。

また、痛みはなくなったけど、以前のように真っすぐ腕が上がらなくなり、シャツを着るのに時間がかかる、肩より上の物が取れないなど生活に不具合が出ます。

なので、正しい治療を受ける事をお勧めします。

五十肩の本当の原因は?

さきほど述べたように五十肩とは「原因不明の肩周辺の炎症」です。

でも、本当に原因がなく痛くなる事はあるのでしょうか?そんな事はありません。

では、本当の原因とは結論から先に書くと体の歪みです。

もっと詳しく書くと、体の歪みによって、肩甲骨や腕など上半身の筋肉、また下半身の筋肉に
過度な負担がかかり、その筋肉が硬くなる事によって正しく体が動かなくなっている事が多いです。


例えば、下の図をご覧ください
「腕を上げる 肩甲骨」の画像検索結果
図の通り、腕を上にあげると肩甲骨が動きます。そして、五十肩の症状のある方の多くは、こんな風に
肩甲骨が動いていない事がほとんどです。

また、「右腕が上がらないのは右の肩甲骨が正しく動いてないから」→「右肩甲骨が正しく動かないのは右上腕が捩れているから」→「右上腕が捩れているのは、右手の平が硬くなっているから」→「右手の平が硬くなるのは、普段仕事で特に右手の平に負担がかかる姿勢でパソコンを使っているから」という風に必ず原因があります。

こういった事が複雑に絡まって腕が上がらなくなっているので、まず何が原因か?というのを見極める必要があります。
ただやみくもに肩を動かしたり、痛みを止めているだけでは、よくなるものもよくなりません。



五十肩はどうやって治せばいいのか?

先ほど、体の歪みが複雑に絡まって腕が上がらなくなっていると書きましたが、特に多くの方の原因に
なっている箇所を一つお伝えします。

それが手の平です。


手の平でも上の図の赤くなっている所を触ってみてください。五十肩になっている
人はこの辺りを押すと硬く、中には痛みを感じる人がいらっしゃいます。

そこを揉みほぐしてあげると、可動範囲や痛みの強さが変わる人がいらっしゃいます。

あまり強く押しすぎないようにしてあげて下さい。

他にも様々な事が関係して五十肩になっています。そしてその原因を良くすることでちゃんと五十肩はよくなります。

実際に短期間で良くされた方のお声です

五十肩を原因からよくした方のお声

※個人の感想であり、施術の効果、成功を保証するものではありません

①当院に通い始めた時、どんな症状で困っていましたか?

右腕を上げると、肩が痛むようになりました。特に着替える時にシャツに手を通す、脱ぐなどに痛みがありました。

整形外科で見てもらいましたが、「いわゆる五十肩です」と言われて
痛み止めを出されて様子見てくださいと言われました。結局そのまま更に2カ月
経ちましたが、良くなりませんでした。

②治療前と治療後はどう違いましたか?

右腕を150度上げると痛みがありました。寝ている時も肩が痛くなり、何度も目が覚めていました。
施術後は若干が痛む時がありますが、普通に腕も上がり、日常生活には問題はありません。

③当院の施術を受けて、今までの治療と何が違いましたか?


痛みがあったのは右肩だけでしたが、施術は足や腰など全身のバランスを治していくアプローチでした。
そこが病院とは違うと感じました。

また、施術だけで治すのではなく、患者自身で出来るように個々の症状にあったストレッチをアドバイス
してもらい自分でも治していけるのが良かったです。治ってからの再発予防にも使えると思います。

④あなたと同じような症状に悩まれている方にメッセージを

病院では特に異常が見つからないが痛みがあるのはどうしたらものかというなら相談みてはと思います。
実際に症状を見て貰って「これなら治ります」と言ってもらった時には希望が持てました。

※個人の感想であり、施術の効果、成功を保証するものではありません

2カ月上げると痛かった腕が
すぐに上がるようになりました
※個人の感想であり、施術の効果、成功をほしょうするものではありません

①当院に通い始めた時、どんな症状でこまっていましたか?

2ヶ月前から右腕を上げたら痛みがある事と1年以上前から左手の親指の腱鞘炎がありました。

右腕には特に何もせず、腱鞘炎に対してはずっと整形外科に通っていました。でも良くなりませんでした。


今は右腕も、左手もほぼ痛みはない状態です。


②当院に来られる前に何か不安はありましたか?

整体に行っても良くならない、お金だけが高いという話を聞いていたので本当に治るのかなと不安を感じていました。でも、ちゃんとよくなりました。

※個人の感想であり、施術の効果成功を保証するものではありません

寝返りの度に目が覚めていました

①当院に通い始めた時は、どんな症状で困っていましたか?

右腕の外側がじっとしていても痛かったり、寝返りをうつのも辛い状態でした

 

②今はどんな状態ですか?

今は痛みの出る前と同じ状況です。また痛くなるのではという不安はあるので、重たいモノを持つのは不安ですが…

※個人の感想であり、施術の効果、成功を保証するものではありません



同じように五十肩で悩まれている方は一度

無料のご相談ください

五十肩を本気で治したい方は→

https://peraichi.com/landing_pages/view/7ex8w















無料講座を開くのはこんな理由です

公開日:
2018年02月06日

今度2月22日に「自分で腰痛を良くするための無料講座」というのを開きます。



この講座をやろうと思ったのは、今年に入って来られた女性の
お客様Sさんとお話していた時です。

Sさんは店から2、3分の距離にお住まいで、当院をオープンした5年前から知っていたそうです。

そして、その5年前から腰痛を抱えていました。でも、その時にはたまに痛くなる程度で、気にされていなかったそうです。

でも、この5年の間に、腰の痛みはどんどんひどくなる一方で
当院に来られた時は、立っているのも辛い、寝ているのも辛いという状態でした。

辛くなった時には病院に行ってみても背骨の間が狭くなっていると言われ

「歳だからねー。とりあえず痩せなさい、運動しなさい、歩きなさい」と言われ、薬を出されるだけで行くのを止めたそうです。

また、歩きなさいと言われても、3年前から右の膝が歩くと痛みが出るようになっていたそうです。

病院では「変形性膝関節症」と診断を受け、友達と定期に行ってたハイキングも行かなくなったと仰っていました。

そんな訳で、運動と言っても、腰が痛いから出来ない。歩きなさいと言っても、膝が痛いから出来ないという状態でした。

初めてSさんが訪れた時は泣きそうな顔をされていたのを覚えています。「病院で同じ事しか言われないし、もう治らないのかもと不安で、不安で仕方なかった」と仰っていました。

Sさんの体の状態を見させて頂くと、腰の痛くなるのは年齢のせいでも、体重のせいでも、筋肉が衰えているせいでもなく、また背骨が狭くなっている事が原因ではない事が分かりました。

ついでに膝も変形している事が原因ではない事が分かりました。

実際、私がおそらくこれが原因だろうという所をよくしてあげると、施術前は立ってるのも腰が痛い、歩くと膝が痛いという状態が嘘のようになくなりました。

「先生の言う事は病院と違う、友達やテレビでいう事とも違う、でも、先生の言う通りにやったらよくなった」と驚かれました。

そう言われた時に良くなってよかったという気持ちと同時にこんな事を思いました。

初めて私が整体に出会った時、「これで沢山の方の痛みを良く出来る、一般的に知られている腰痛の常識が変われば、痛みで困る人はもっと減らせる

でも5年立ってもこんな近くに住んでいるSさんもまだ腰痛の間違った常識を持ち続けている、その結果腰痛が治らず、毎日不安な気分で過ごしている。

「もっと沢山の人に出来るだけ早く、腰痛は良くなる事を知ってもらいたい」

その為には、今痛くて困っている人はもちろん、痛いけどそれほど困っていない人、また全く痛くない人にも、腰痛は良くなる事、腰痛は年齢のせいではない事を知って欲しいと思いました。

そんな訳で、今回、無料で講座を開くことにしました。

腰痛って歳だから仕方ないんでしょ?痩せないといけないんでしょ?運動しないといけないんでしょ?

そう思っている人は是非参加してみて下さい。







ヒアルロン酸の注射でも膝の痛みが治らない3つの理由

公開日:
2018年02月03日

整形外科で受ける膝の痛みの処置として有名なのが

ヒアルロン酸の注射です。



でも残念ながら注射を打っても治らない方がおられます。

その理由についてお伝えしていきます。

16c63c7da6692277f1d0b47ea5476048_s.jpg



整形外科に行き、「膝が痛いんです」と伝えると受ける処置のひとつがこの「ヒアルロン酸」の注射ですよね。

時々耳にする飲むヒアルロン酸「ほう○ゅ○」を飲んでいる方もおられると思いますが、効くか効かないかは置いといて・・・

ヒアルロン酸の注射を打って効果のある方は当然おられるのですが同じくらい膝の痛みが全然変わらない!そんな方もおられます。



「週に一回、整形外科にヒアルロン酸の注射を受けに行っています。でも全然膝の痛みが治らないんです…」

もしかしたらあなたもそうではないですか?

治る人と治らない人

膝の痛み


その違いは一体なんなのか?

ヒアルロン酸の注射が膝の痛みに「効く理由」「効かない理由」それぞれについて詳しく記事にして行きますね!



膝の痛みにヒアルロン酸の注射が効く人は?


そもそも「ヒアルロン酸」とはなんなのか?

そこから知って行きましょう。

女性では美容のイメージが強いと思います。

お肌にもヒアルロン酸が必要ですが

膝の関節内にある「関節液」という滑りをよくするための油の中にも含まれています。

このヒアルロン酸という液体のおかげで、私たちの膝の関節はスムーズに動く事が出来ています。

また、膝関節のクッションの役割も担っているので、膝の軟骨を守ってくれる働きもあります。

でも、日常生活を過ごしていく中でヒアルロン酸が減少してくると膝の関節の動きが悪くなってきて

関節に負担をかけていくことになります。

ヒアルロン酸の注射で膝の痛みが治らない3つ理由

ヒアルロン酸は膝の動きを良くするための油です。という話を聞くと

膝の痛みにはかなり効果を発揮しそうに思いますよね。

しかし、ほとんどの方がヒアルロン酸の注射では、膝の痛みが治ることはありません。

その理由はなぜでしょうか?
それではその大きな理由を3つ説明します。

①1回で効果を感じれると思っている

膝に注射されたヒアルロン酸は、時間の経過に伴い体内に吸収されていきます。

効果が持続することはありません。

そのため、定期的に通院して注射を打つ必要があります。

膝の痛みは長年の積み重ねにより悪化した状態になっています。

それなのにも関わらず「1回注射してもらったのですが痛みが変わらないので、もう行ってないんです。」と言われる方がおられます。

②関節に原因がない

これは意外と多い原因です。

関節に原因のある方ではヒアルロン酸の注射は効果があるのですが、ほとんどの膝痛患者さんは関節に原因がありません!

膝の痛みの原因の多くは「太ももの筋肉の緊張」によるものが多いです。

それににも関わらず、ヒアルロン酸の注射を打っても、
筋肉が緩むわけがないので膝の痛みが治るわけありません。

③ヒアルロン酸で膝が治るわけではない

3つ目最後の理由は、ヒアルロン酸=原因の改善と勘違いしているケースです。

確かに膝関節内の潤滑液の不足を補うことで一時的に動きは改善され痛みは軽減されます。

でも、これはあくまで対処療法なだけで、

膝にかかる問題がなくなったわけではないです。

あなたの膝の痛みに繋がった本当の原因は何だと思いますか?


膝の内側の痛み



・縫工筋(ほうこうきん)

・薄筋(はくきん)

・半腱様筋(はんけんようきん)



この3つの筋肉が集まって

駕足部(がそくぶ)

と言います。



この部分は筋肉が集まって筋肉が薄くなってきている部分。

触ると骨がすぐ触れる感覚があるので骨が痛いように感じますが

実際痛んでいるのは筋肉です。



細かく言いますと、筋肉が薄くなってきて骨にくっついていきます。



この筋肉の状態が回復したら膝の痛みは取れます!

でもこの筋肉を早く処置せずに痛みが続く状態を長引かせていくと、動きが悪い状態が続くので骨にストレスがかかってきます。

骨にストレスある状態が続くと骨の変形に繋がっていきます!

ヒアルロン酸の注射に頼る前にまず自分の日常生活を見つめ直すことから始めてみてはいかがでしょうか。

そうしていかなければ、あなたの抱えている膝の痛みはいつまで立っても解決して行きません。

1年注射を打ち続けてもよくならない
         膝痛がたった1回の施術で・・・


豊中市 ハマダ様 66歳 女性
①当院に通い始めた時、どんな症状で困っていましたか?
病院では加齢による変形性膝関節症と言われて、長く歩くと、膝から下が棒のようになり
歩くのに苦痛でした。
歩き方も左右に揺れる歩き方で、なんとかまっすぐ歩けるようになりたいと思っていましたが、
半分あきらめていました

②治療前と治療後(現在)はどう違いますか?
歩くのが苦痛ではなくなりました。
歩き方もまっすぐ歩けるようになりました。膝の軟骨がすり減っているので、まっすぐ歩くのは無理ではと
思っていました。

③当院の施術を受けて、今までの治療と何が違いましたか?
初めて治療を受けた時、体の歪みを治すといわれました。始めは治療を終えたらその日は、歩いて帰ろうとは
思っていませんでしたが、施術が終わった時に歩いてかえってみようと思えたので自分でもビックリしました。

今までは整形外科ではヒアルロン酸の注射を打ったりしていました。いつかよくなるかなと思っていましたが
楽になった実感はありませんでした。

④どんな方に当院をお勧めしたいですか?
長くつらい症状に悩まされていて、根本的に改善したい方にお勧めです。

膝の痛みで1年半週3回整骨院に通っていました。
               でも、今は・・・

豊中市 K・H様 60代 女性

※個人の感想であり、成果や成功を保証するのもではありません

①当院に通い始めた時、どんな症状で困っていましたか?
症状は腰、左膝の変形性関節炎で特に膝の痛みでした。以前は週2回〜3回1年5ヶ月ほど整骨院でお世話になっていましたが、最初は良いと思って諦めず通っていましたが膝の痛みは取れませんでした。

②治療前と治療後( 現在) はどう違いますか?
腰の痛みは取れ、膝は(特に左がひどかったのが)両膝と同じくらいの症状に変わり歩くのにも楽になり痛みも薄れてきました。

③当院の施術を受けて、今までの治療と何が違いましたか?
以前通っていたところでは、治療してもらっても2,3日後には痛みが再び出てきてました。

④どんな方にお勧めしたいですか?
長期にわたって痛みを我慢されている方や、治らないと諦めている方におすすめしたいです。

立ったり座ったりする度に膝が・・・

豊中市 O・N様 58歳 女性

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

①当院に通い始めた時、どんな症状で困っていましたか?
2年くらい前の膝の違和感が始まりでした。次第に右ひざの裏が痛くなり立ったり
座ったりする度に痛く、正座をして立ち上がる時に痛みがありました。生活の中心で
ある足に痛みがあると、行動するのもおっくうになるし、一つ姿勢を変えるのもふんばりと気合がいりました。

②治療前と治療後(現在)はどう違いますか?
痛みもほぼなくなり本当に喜んでいます。自分の膝がここまでよくなると思っていませんでした。痛みなく膝が使えるのは気にしなくてよいという事です。立ったり座ったりするのがとても楽で、当たり前のこの事が普通なんだと思いました。

③当院の施術を受けて、今までの治療と何が違いましたか?
今までは整形外科に行った事はありますが、膝に注射をされてその時は楽になりますが、結局その時だけという感じでした。薬も長期に服用するの事にも疑問を感じていました。

④どんな方に当院をお勧めしたいですか?
体の痛み、不快感、違和感がある方は早く、整体にめぐりあって先生を信頼して、施術を受けられる事を願います。本当に痛みと別れる事ができるのです私は一生この痛みと付き合わなければいけないと思ってましたから。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

趣味の山登りを心置きなく楽しめます

豊中市 N様 50代 女性

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

①当院に通い始めた時、どんな症状でこまっていましたか?
最初に訪れた時は腰痛で立っているのも歩く事すらつらいという状態でした。

②治療前と治療後(現在)はどう違いますか?
正直に言うと1、2回目の施術後はすぐに痛みが戻り、本当に治るんだろうかという思いがありました。ですが、回数を重ねる毎に痛みの戻る周期が長くなり遂に戻らなくなりました。つまりは長年悩んでいた痛みがなくなったという事です。

③当院の施術を受けて、今までの治療と何が違いましたか?
これまでの治療は接骨院でのマッサージが主でした。
1時的には痛みは和らぐのですが、1日か数日で元に戻るという繰り返しでした。こちらの施術を受けてからは回を追うごとに着実に痛みが消えていくという実感がありました。

④どんな方に当院をお勧めしたいですか?
疲れた時、定期的にマッサージに受けに行き一時的に痛みを和らげている人
根本的に治すのが大切という事を教えたい
※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

どこでも歩いていこうという気になりました

豊中市 イトウ様 



※個人の感想であり、成果、成功を保証するものではありません
①当院に来られた時はどんな症状で困ってましたか?
膝痛と股関節痛がありました。40代から痛みがありましたが、50代に
なって整骨院や整形に行くようになりました。

膝はヒール履いた後などが特に痛みがあり、階段の昇り降り、長距離歩くのは
自分でストップしていました

股間節はここ2年くらい痛みがありました。自分では骨盤の歪みが原因かなと
思っていました。

ここに来るまでは、整骨院に言ってましたがボキボキされるのが嫌で止めていました。

②今はどんな状態ですか?
股間節痛も痛みがなく、膝の痛みもほとんど感じなく長距離歩くぞという気持ちになりました。

特に変わったのが自転車で坂道を上る時に踏み込むことができなかったのが
今は少々の坂だと登れるようになりました。

③当院の施術を受けて最初はどう思いましたか?
正直、少々物足りないというくらいでした、でも先に主人が通っているのですが
「ぜひ一度行ってみろ」と勧められきました。
物足りないと感じましたが、施術後は楽になり主人にも「すごかった」と報告しました。

④当院にお勧めするとしたらどんな方ですか?
整骨院 整形外科に行っても治らなかった人、私の年代の人なら
この痛みと付き合っていこうと思っている人、諦めている人にお勧めしたいです。

※個人の感想であり、成果、成功を保証するものではありません。


ヒアルロン酸注射を打つ生活から抜け出したい人は

無料でのご相談はこちらのLINEで相談下さい。


腰部椎間板ヘルニアで手術をお考えの 斎藤様からのご質問【豊中市の整体院】

公開日:
2018年02月02日

L4,5の腰部椎間板ヘルニアで手術をお考えの斎藤様からのご質問

54歳の男性です。

以前より腰の痛みというか重だるい感じが続いていました。

3週間前から急に左の腰からお尻、ふとももの裏の痛みが増してきました。

今では、左のふくらはぎと足首にまで痛みと痺れが現れるようになりました。

整形外科でレントゲンを撮ったところ骨には異常がなく、痛み止めの薬(リリカやビタミン剤)と湿布薬、病院でのリハビリとして牽引と電気治療を1週間に2回行っていましたが、まったく痛みが改善しません。

痛みが強い時は立ち上がるのも一苦労する状態で、歩くのも10mくらいで右足全体が痛みと刺すような痺れがでます。

医師は椎間板ヘルニアから来る坐骨神経痛だと言われます。

椅子に座ると5分ぐらいでお尻の痛みが強くなって座ることも困難になってきました。

医師に痛みが強いというと、ブロック注射を勧められ今まで3回行いましたが、一日と持ちませんでした。

この痛みの原因が本当に椎間板ヘルニアによるものなのかも不安です。

また、今の痛みが軽くなると思い近くの整骨院でマッサージと腰を温める治療を受けているところです。

しかし、揉んでもらった時は少し楽かなという感じて、家に着くころには同じ痛みが出てきます。

本当の原因は何のか分からないことが不安でしょうがありません。

今は手術をする方向で考えています。

私、前田の回答

基本的な考え方として、手術とはあらゆる保存的な治療方法が無効で、手術以外に治すことができない場合のみ行うものだと考えております。

かつ、手術をすればほぼ100%の確率で永続的に改善する見込みのある場合に実行されるべきだと思います。

また、斎藤さんが安静に横になって寝る、動かなければ痛みと痺れが軽くなる場合は今のお体の状態は何かをすればよくなる可能性は十分にあります。

なぜなら、椎間板ヘルニアは安静にしておけば引っ込んで神経の圧迫がなくなるものではありませんし、常にヘルニアは出ているのですから痛みが安静にすることによって治まるはずはないのです。

今必要なことは、あらゆる保存的治療法を行い、その効果が全くない場合のみ手術を考えるべきというのが私の考えです。

手術に100%はありえないし、どんな些細な手術でもリスクを伴います。

安全で体に負担の少ない内視鏡の手術でさえ、大腸に穴を開けてしまい失敗することもあります。

日帰り手術のレーザーも突き出ているヘルニアに対してレーザーを当て焼灼するものではなく、線維輪内にとどまっている髄核に当て線維輪内に空洞を作り出し後方に突出したヘルニアが引っ込むようにするものですが、長年かけて出ているヘルニアは硬くなっていて引っ込むはずもありません。

また、急に発症した痛みや痺れの場合、絶対安静を保つことが出来れば約2週間ほどで、ほとんどの痛みは沈静化していきます。

絶対安静とは痛みが出ない状態を保つこと、すなわちトイレや食事以外は寝て過ごすかトイレは尿瓶で行うことです。

必要なことはあなた自身の精神力とアドバイスを信じれるかどうかです。


基本的に手術をすぐに選択される方は、医師の言う事が絶対に正しく、忍耐力がなく他力本願で自分で治そうとする意志がない人間です。

そうやって選択した手術で被害者になることがあります。

これは、手術をしてはいけないということではありません!

何度も言いますが、手術は最終手段です。

最終手段を選んで、永続的に症状が出なければ何も問題はありませんが、手術を選んで少しましになった程度では生活の質は低下したままですし、もう一度手術を行えるかといえばほぼ無理です。

たしかに保存療法は根性がいります。

それでも手術を選ばれるというのであれば止めはしません。



腰部椎間板ヘルニアで手術したくない人のみこちらをクリック↓
http://seitai-ren-toyonaka.com/herunia



〒561-0884

大阪府豊中市岡町北3-6-21 NBハイム1階

TELL 06-6151-4773

ご相談やご質問などLINEでお気軽にお問い合わせください。


たった3分で鼻水を止める方法【豊中の整体院】

公開日:
2018年02月01日


・鼻をかんでも、かんでも気が付いたら鼻水が出ている
・ティッシュがいくらあっても足りない

そんな時に当院ではあまり知られていない変わった方法で止めます。
過去、何人もの人に行いましたが、90%近い方がその場で「鼻水が止まった」「さっきより
楽です」と行ってもらえる方法です。

道具もいらないですし、自分でもやれるので試してみてください。

3分で鼻水を止める方法

①今、どんな状態かを確認する
・どちらの鼻から出ている(右、左、両方)
・どんな風に(ネバネバ、水っぽい?)
・どんな気持ち(イライラする、ウンザリしているなど)

②鎖骨の下をグリグリ指で押しながら①で確認した状態をまとめて話す

基本形 「私は○○(出来事)で▲▲(感情)だけど、そんな私を受け入れます)
    例 私は右の鼻からネバネバした鼻水が出ていて、イライラしているけど、そんな私を受け入れます
      私は両方の鼻から水っぽい鼻水が出ていて、ウンザリしているけど、そんな私を受け入れます

③体のツボ8か所を指でトントンしながら、今の状態、ネガティブな言葉を話す。

「タッピングポイント」の画像検索結果
(画像 EFT―JAPAN より引用)
話す内容は、①で確認した言葉です。
話す言葉は極端に言うと、8か所同じでも構いません。

例 頭の上をトントンしながら「鼻水が止まらない」→眉頭をトントンしながら「右からずっと出ている」、
→目の横をトントンしながら「水っぽいのが出ている」→目の下をトントンしながら「イライラする」
→鼻の下をトントンしながら「鼻水が止まらない」→あごを・・・

⑤体のツボ8か所を指でトントンしながら、「その状態を受けいれる」言葉を話す。
これを2〜3周行います。その後「だけどそんな状態を受け入れます」と同じようにトントンしながら
言葉にします。

例 頭の上をトントンしながら「鼻水が止まらないけど、受け入れます」→眉頭をトントンしながら「イライラしている
けど受け入れます」

最後に深呼吸を2回行います

⑥最初の状態と変化を見てください。もしまだ、鼻水が出るなら①〜⑤を繰り返します

もし、やり方が分からない場合はLINEもしくはフェイスブックページのコメント欄から質問してください。
無料でお答えします。





2年前の地震から不安が止まらない【豊中の整体院】

公開日:
2018年01月30日

 
  もしあなたが
・地震や事故などの嫌な体験があり、時々その不安に襲われる
・嫌な記憶は忘れられるはずがないから、時間が解決してくれると待っている
・知らず知らずにうちに力が入ってしまっている
こんな悩みをお持ちなら、このブログを読んでみてください。

このブログでは
・地震に遭われた体験から、不安や恐怖に2年たっても襲われるという方が
 そのストレスから解放されるまでが書いてあります

2年前の事だけど、まだ不安がありました。


当院には定期的に熊本からのお客様が来ていただけます。

この女性Aさんは以前は大阪にお住まいで、定期的に通って頂いていたのですが
2年前に旦那様のご実家のある近くにをされました。

それでも、旦那様の仕事が大阪である時は一緒に大阪に戻ってこられて
必ず、当院に来てくれています。ありがたい事です。

先日も大阪に来られた日、帰られる前日と2日来ていただいたのですがその最初の日にこんな話になりました。

「数年前に地震にあってから、大きな物音がする度に心臓がバクバクする」
「旦那が出かけて家に1人で居る時に、ふと今地震が起こったらどうしようと不安になる」

Hさんは引っ越しして数日後に地震に遭われていたのです。

そして、数年経った今でも、その出来事に苦しめられていらっしゃいました。
そこで、2日目にその不安をEFTという心理療法を使い解消する事にしました。

EFTとはアメリカ発祥の心理療法で「体のツボを刺激しながら、解放したい感情を口にする事で、深層心理からネガティブな感情を解放するテクニックです。

具体的にいうと「体のツボを刺激しながら”私は地震が怖い”と話すと、その恐怖心がなくなる」という事です。詳しくはEFTーJAPANのページ→http://www.eft-japan.com/ 

地震の恐怖心をなくすセッション

まず、始めるにあたって具体的にどんな時に不安や怖くなるかを聞いてみました。

「後ろでお鍋の蓋が落ちたとか予期せぬ物音がした時に地震が起こった時、怖くて1歩も動けなくなった時の恐怖心が出てくる」

「一歩も動けなくなった時、旦那が手を引っ張ってくれて助かった、今度もし一人の時に起こったらと思うと旦那が出かける度に不安になる」という事でした

実際、今そんな音がした、一人になったという事を頭の中で想像をしただけで、胸のあたりがグッとなり怖くなるという事でした。

そんな訳でそれに対して、EFTを行いました。

結果、最初と同じように今、物音がしたと頭の中で考えてもらってもさっきと同じような恐怖心は出なくなり、
一人で家にいる事を考えても不安にはならなくなりました。

更に、施術前に感じていた肩まわりの張りがなくなったと驚かれていました。

人はストレスを感じると力が入ります。
「大きな物音がした」→ビックリして体が硬くなる

ここまでは正常な反応です。しかし、地震を経験した事で、「大きな物音がした」という
出来事と同時に、脳と体がこんな反応をしてしまっていたんです。

「あの時死ぬかと思って怖かった」→恐怖で体が硬くなる
「もし、今同じ事が起こったらまた動けなくなったらどうしよう」→不安で体が硬くなる

EFTを行う事で、不安だった事をちゃんと受け止め解放する事で体が楽になってくれました。


その問題はすぐに解決できるかもしれません

当院ではこんな風に恐怖や不安に対して、解決をしています。

でも多くの方は不安や恐怖などのストレスに対して
・時間が解決してくれるから、待っている
・私が我慢すればいい事
・こんな風に思う私が悪い
・みんな同じ悩みを持っているからしょうがないよね
と思われ、抱え続けている方が多いです。

そんな事はありません。ただしくそのストレスに向き合う事で、ちゃんと解決が出来ます。
そうやって抱えて続けている事で、結局辛い思いをしているのは自分です。

もし、地震にあった、事故にあったそんな記憶が今も残っていて、時折不安になるという方は是非ご相談下さい。
お力になれる筈です。






股関節が痛い、でもレントゲンでは異常がない、

公開日:
2018年01月25日

もしあなたが、股関節が痛くて
・好きなスポーツをするのに走り回れない
・満足なパフォーマンスが出来ない
・階段の昇り降りが辛い
・しゃがめない
・レントゲンでは異常がない
ならこちらのブログをお読み下さい。

今回は当院で回復された方のインタビューをお届けします。


股関節が痛い、骨には異常がない、でも痛い





①当院に来られた時はどんな症状で困っていましたか?

2年半前から両方の股関節が痛かったです。マシになったり、痛くなったりを
繰り返していました。去年の9月頃から痛みが、また出てきて膝にまで痛みが出てきていました。

スポーツをしているのですが、自由なパフォーマンスが出来ない、また日常には歩く、階段の昇り降り、しゃがむ事が辛かったです。

整形外科では股関節には異常がないと言われ、痛み止めを出され、筋肉をつけましょうというだけで改善されませんでした。

また、整骨院、整体にも行きましたが一向に良くなりませんでした。

②今は、どんな状態ですか?

今はこちらに来た当時のような痛みはありませんし、日常生活には
問題がありません

③今までの治療とは何が違いましたか?

整骨院、整体の先生方は「体の歪みを治す」という点では、同じ事をおっしゃっていました。

大きく違ったのは、全身を調整するという事でした。

例えば今までは股関節が痛いから股関節、それに関わる筋肉を筋膜リリース
するという事がありました。

でも、こちらでは、腕を調整すると股関節の開きが良くなるというような
事があり、不思議な感じでした。

④同じような症状でお悩みの方へメッセージを

一度、ぜひ見てみて貰ってください。合うあわないはあるかも入れないですが
試してみる事がまず大切だと思います。

レントゲンには写らない股関節の痛みの原因とは?

どこにも異常がないけど、痛いという事はありません。ただ、それがレントゲンやMRIに写らない問題が原因で痛くなっているだけです。

それが「体の歪み」です。体が歪む事で、股関節に負担が掛かる姿勢になっている事が原因になっています。

もし、レントゲンで異常が見つからなかった場合、整形外科で来る事は

薬や注射で痛みを止める、もしくは

筋肉をつける、また場合によっては痩せましょうと言われます。

それで良くなっていく人は良いですが、良くならない人は何もできません。

中には「歩けているからいいじゃない、もっと痛い人いるよ」と言われたり
「もっと悪くなってから来てください」と言われる人もいらっしゃいます。

そんな時には「体の歪み」をよくしてくれる整体を見つけて行かれる事をお勧めします。

実際、こちらの女性も、体の歪みを調整すると、すぐに痛みが無くなりました。

私の場合はどうなのでしょうか??という場合は
LINEに登録して、無料でご相談ください。





ギックリ腰が癖になるというのは嘘でした【豊中の整体院】

公開日:
2018年01月20日


もし、あなたが
・ギックリ腰で長く立つのが辛い
・痛いけど、我慢して家事を続けている
・ギックリ腰を繰り返している
・癖になっているから気をつけるしかない
・この腰は一生付き合っていくしかないと諦めている
ならこのブログを読んでみてください。

このブログを読む事で
・何故、ギックリ腰になるのか?また何故繰り返し、ギックリ腰になるのか
・どうすれば、痛みの出ないように出来るのか
・実際、ギックリ腰を繰り返す生活から解放された方の体験談
を知る事が出来ます

ギックリ腰とは?

重い物を持った拍子に突然腰が痛くなり動けなくなってしまう。そんな恐ろしいぎっくり腰、正式には急性腰痛と言います。

読んで字の如く急激に発症した腰痛を指し、欧米ではその激しい痛みから「魔女の一撃」とも呼ばれます。

多くは一週間〜二週間程度で自然に回復していきますが、時間経過によって改善が見られない、または下半身に痛みやしびれと言った症状が出現した場合などは椎間板ヘルニアなどの病気が隠れていることがありますので要注意です。

ギックリ腰の一般的な治し方

2〜3日して痛みが落ち着いてきたら、少しずつ動くようにしましょう。従来は、痛みが治まるまでは寝ているほうがいいとされていましたが、最近では早めに動き始めたほうが回復も早いことがわかってきました。

ただし、無理は禁物です。痛みの程度をみながら、自宅の中などを少しずつ歩くようにします。また病院を受診し、検査を受けることも大切です。病院では鎮痛薬などのほかに、布製のコルセットをもらっておくと、歩くのが楽になります。

強い痛みが治まったら、お風呂で温め、靭帯や筋肉の緊張をやわらげます。温めると血行もよくなり、回復も早まります。


ただし腰の痛みに加えて、発熱や冷や汗などの症状が続く場合には、ほかの病気の可能性もあるので、早めに検査を受ける必要があります。ぎっくり腰や腰痛の原因として、腎結石やすい炎、たんのう炎などのほか、脊髄腫瘍など重大な病気が隠れている場合もあるからです。 

何故、ギックリ腰を繰り返すのか?

多くの方が痛みが無くなったら治ったと思うものです(当たり前ですよね)
でも、何故ギックリ腰が起こったのかを理解していないと繰り返し痛める
事になります。

では、何故ギックリ腰を繰り返すのかというと原因を治していないからです。

原因と言うのは「重たいモノを持った」「冷えた」とかではありません。
下の図をご覧ください
ギックリ腰など痛くなっているのは、③筋肉が硬くなっている状態で
重たいモノを持った、冷え、疲労が溜まっていたなど④過度な負担
掛かった結果、筋肉が損傷して⑤痛みが出ています。

でも、筋肉が硬くなるのにも理由があります。

それが②体の歪みです。歪みがある事で特定の筋肉に負荷がかかり続け
硬くなっています。

そして更に歪むのは①生活習慣です。カバンを持つ手が同じ、
足を組む、片足に体重をかけて立つ、など様々な生活習慣が
体の歪みを作っていくのです。





そういった原因があるにも関わらず、多くの方は⑤痛みを止める為に痛み止めや湿布を使い、③筋肉の硬さをなくす為にマッサージを行います。

これらが悪いという訳ではけっしてありません。ただギックリ腰を繰り返したくないのであれば、歪みや生活習慣を改善していく必要があるのです。

実際、ぎっくり腰から解放された方のインタビューをお読みください

ギックリ腰から解放された方のインタビュー


①当院に来られた時はどんな症状で困っていましたか?


立っているのも痛く、朝起きて、痛くなる、我慢しながら家事をして、終わったら寝る、起きて晩御飯の準備したら寝るという状態でした。

飼っている犬を散歩させようと抱えようと思っても腰が痛くてできませんでした。

なので、台車に載せてマンションの下まで連れて行って、マンションの周りをちょろっと散歩して帰るという感じでした。

10数年前にギックリ腰になり、それ以来数年に1回、酷いときは毎月のようにギックリ腰になっていました。
整形外科には行き「背骨が曲がってる」とは言われましたが、特にそれ以上の事はなく、薬をもらう程度でした。

慢性的に腰が痛く、楽な時があまりないという感じでしたが、こちらにお伺いする数カ月前に再びギックリ腰を起こし、その痛みが今までにはないような痛みが続いていました。


②今はどんな状態ですか?

今はほとんど痛くなる事はありません。以前、慢性的に痛かった時よりもずっと良い状態です。
家事もちゃんとこなしていますし、犬を抱えても腰が痛くなる事はありません

③他の治療院と何が違いましたか?

マッサージ、ストレッチ、整骨院、色々な施術を受けましたが、すぐに痛くなり結果的にはほとんど変わっていない状態でしたが
こちらに通うようになってからは慢性的な腰痛から解放された気がします。

④同じような症状で悩まれている方にメッセージを!

年齢的に腰痛を治すのは無理だと諦めている方に一度こちらの施術を受けたらいいと思います。

もし、あなたもギックリ腰に困っている、繰り返し起こるから
治らないと信じているならご相談下さい。



prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next

メニュー
当院の施術を初めて受ける方へ

雑誌掲載情報
当院の施術方法が掲載されております。
他数誌にも掲載されております。


患者様の声
院長日記
当院について
院長プロフィール
他の治療院との違い
施術料・営業時間
メンテナンスの重要性
よくあるご質問
当院の施術は
持ち物
リセット療法とは
施術の流れ
症例について
腰痛
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
肩こり
頭痛
首の痛み
四十肩・五十肩
腱鞘炎
膝の痛み
股関節の痛み
子育て・マタニティ
子育てママ・産後の方
妊娠中の方へ
コンテンツ
ヘルニア・狭窄症の
       ストレッチ
股関節痛のストレッチ
肩甲骨を動かすストレッチ
背中・腰のハリをよくする
腰痛は鎖骨のコリが原因
寝違えの改善法
施術が痛くないって本当?
骨盤調整の運動
骨盤調整の運動2
腰痛によくある
 5つの間違い
身体に影響を及ばすO脚
肩こりが原因で引き起こす身体の問題
ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント
ぎっくり腰に関すること
姿勢チェック法と猫背タイプ
整体とマッサージの違い
腰痛の種類について
整体のメリット
腰痛になりやすい人の特徴
健康な体を維持するために
 エリア 
豊中市・池田市・箕面市・吹田市・
茨木市・川西市・伊丹市・大阪市内
兵庫県

回復整体 漣豊中院


〒561-0884
大阪府豊中市岡町北3-6-21

回復整体 漣豊中院

  • 06-6151-4773
  • お問い合わせはこちら

地図を拡大する

 

ページ上部へ