腰痛の治療にプールってどうなの?【豊中市 整体院】

公開日:
2017年05月04日


腰痛の治療に治療にプールってどうなの?【豊中市 整体院】

「腰痛の改善の為に泳ぐって良い事なんですか?」と聞かれる事があります。みなさんはどう思いますか?
こちらに来られる患者さんでも、腰に良いと聞き、続けている方がいらっしゃいます。

去年の暮れからこちらに通われているKさんにも、初めて来院された時に「腰を良くしようと思ってプールに通っているけど良いの?」
と聞かれました。

この女性は産後から腰痛があり、特に寝ている時に寝返りをする度に痛みを感じ目が覚める、同じ姿勢を続けていると左の腰が痛くなるという問題がありました。また泳いだ最中も腰に痛みを感じる事がありました。そして、こちらに来られる前は整形外科や整骨院に通ってらしゃいました。そして泳ぐこと自体も好きだし、腰痛のためと毎週プールにかよってらっしゃいました。

結論から先にお伝えすると、「腰痛改善にはお勧めできない」とお答えしました。

ここで間違って欲しくないのは泳ぐ事が悪いわけではありません。持久力もつくでしょうし、筋肉もつきます。ですので、体の事を考えると泳ぐ事は良い事です。

あくまで「腰痛を改善するために泳ぐという事がおススメできない」という事です。そもそも「腰痛改善の為と続けている
のによくなっていない」という事実があります。でも、何故、良くならないのでしょうか?そして、何故良くないのでしょうか?
今日はその理由について書きたいと思います。

腰痛治療にプールが良いと言われる理由

なぜ、プールは腰痛に良いと言われるのでしょうか?
それは、腰への負担が少ない状態で筋肉をつけたり、伸ばす事が出来るからです。

私達は、地球上にいる限り、重力がかかります。そして腰には体重の60%程度を支えていると言われています。
仮に60キロなら36キロの負担がかかっています。

ただ、水中の中だとかかる重力が10分の1程度になり、腰への負担が減るのです。

その状態で、泳いだり歩いたりすると、筋肉がついたり、伸ばす事が出来るから良いと言われているのです。

「腰痛治療にプールが良い」は間違いです

余計な負担がなく筋肉もつくし、筋肉を伸ばしたりもできるなら良い事ではないのと思われるのですが、そもそもこれは「腰痛になるのは
筋肉が衰えたから」という理論から始まってます。

例えば、筋肉が衰えているから腹筋(仰向けになって上半身を起こす運動)をしましょうとなっても体重があったり、あまり筋肉がない方は体を起こす事が難しく運動になりません。そこで、重力が少なく体重の負担が少ない状態で運動をしましょうという事です。

でも、これは重要な事ですが「腰痛になるのは筋肉が衰えた事」が本当の原因ではありません。

だって、筋肉が不足した事が原因であれば、ムキムキに鍛えたボディービルダーは腰痛がないのでしょうか?
例えばスポーツをしている人は、腰痛がないのでしょうか?そんな事はないですよね?
また、筋肉がない人はみなさん全員腰痛があるのでしょうか?そんな事ないですよね?

この話を冒頭の女性に話すと、納得できるような出来ないような感じでしたので、さらにこう話しました。

「Kさんは左の腰が痛いですが、左の腰だけ筋肉が衰えているのですか?」

そんな事はないですよね?多少の左右差はあるかも知れませんが極端な差はないはずです。ですので筋肉が衰える事は本当の腰痛
の原因ではありません。なのでプールにしろ、歩くにしろ筋トレするにしろ腰痛を良くする為には筋肉をつけるという事は間違っているのです。

では、腰痛の本当の原因は?

それは体の歪みです。体が歪む事で、一部の筋肉に多くの負担がかかります。そして、負担がかかり続ける事で筋肉が硬くなります。
硬くなった筋肉の血流は悪くなります。血流が悪くなると、筋肉に酸素が運ばれなくなります。酸素不足になった筋肉からは疼痛物質(痛みの信号)が出て、痛みを感じるようになります。

ですので、腰痛をよくする為には、筋肉をつける事ではなく、歪みをなくす事が必要なのです。またその歪みをつくる生活習慣を改善してあげる事で再発を防ぐことができるのです。

Kさんの場合、泳いでる最中に痛みがありましたが、それは体が歪む泳ぎ方をされていました。本人は自覚がありませんでしたが、骨盤を施術で整えた後、椅子の上で泳ぐフリをしてもらうと、骨盤がどんどん歪んでいきました。そしてそれと同時に痛みを感じ始めました。ですので、泳げば泳ぐほど腰痛をよくするのではなく、体が歪み、腰痛を悪化していたのです。

実際、その歪みを修正し、その生活習慣を整える事でKさんは腰痛を克服されました近々インタビューするので、その際はまたこちらで報告します。

もし、プールに言っても改善しない腰痛でお困りならこちら



メニュー
当院の施術を初めて受ける方へ

雑誌掲載情報
当院の施術方法が掲載されております。
他数誌にも掲載されております。


患者様の声
院長日記
当院について
院長プロフィール
他の治療院との違い
施術料・営業時間
メンテナンスの重要性
よくあるご質問
当院の施術は
持ち物
リセット療法とは
施術の流れ
症例について
腰痛
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
肩こり
頭痛
首の痛み
四十肩・五十肩
腱鞘炎
膝の痛み
股関節の痛み
子育て・マタニティ
子育てママ・産後の方
妊娠中の方へ
コンテンツ
ヘルニア・狭窄症の
       ストレッチ
股関節痛のストレッチ
肩甲骨を動かすストレッチ
背中・腰のハリをよくする
腰痛は鎖骨のコリが原因
寝違えの改善法
施術が痛くないって本当?
骨盤調整の運動
骨盤調整の運動2
腰痛によくある
 5つの間違い
身体に影響を及ばすO脚
肩こりが原因で引き起こす身体の問題
ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント
ぎっくり腰に関すること
姿勢チェック法と猫背タイプ
整体とマッサージの違い
腰痛の種類について
整体のメリット
腰痛になりやすい人の特徴
健康な体を維持するために
 エリア 
豊中市・池田市・箕面市・吹田市・
茨木市・川西市・伊丹市・大阪市内
兵庫県

回復整体 漣豊中院


〒561-0884
大阪府豊中市岡町北3-6-21

回復整体 漣豊中院

  • 06-6151-4773
  • お問い合わせはこちら

地図を拡大する

 

ページ上部へ