保育士Mさん「すべり症」と診断されていた腰痛がよくなりました。箕面市 M様 保育士

公開日:
2017年02月14日

今日は、当院に来られたお客様のよくなった経過をお伝えします。

箕面市 M・T様 腰痛 右腕がだるい

症状 腰痛 右側じっとしていても痛い
        体を動かすともっと痛い
   右腕がだるい

こちらの女性は、保育士さんをされていました。腰痛が以前からあり、仕事中にさらに痛みが強くなりました。
保育士さんは当院にも多く来られていますが、非常にハードな仕事です。
僕自身も子供がいますが、正直疲れるときもありますよね?抱っこしないと泣き止まない、駄目と言った事を
止めない、急に大声で叫ぶ、嫌と言い出したら梃子でも動かなくなる。
一人でも大変なのに、何人も見ている訳です。

Mさんは1歳児が担当で痛いと言っても子供を抱っこしないと仕事にならずに、我慢して抱っこしていました。
仕事が終わると腰が痛くて、腕もだるくて、もう仕事を続けるのは無理と思い、お仕事を2週間お休みになられました。

整形外科に行くと「すべり症」と診断されました。診断されても「手術までは必要がないので、痛み止め」と薬を出されていたそうです。
でも、全然痛みが良くならなかったそうです。また以前から通っている整体にも行ったそうですが、改善されず2週間の休みももうすぐ
なくなると困っていた時に当院に来られました。

検査結果
骨盤は右が下がり、左から右にねじれていました。
また、肩は右が下がり、全体的に巻き肩と言われる状態でした。

施術
まずうつ伏せに寝てもらい骨盤の調整をすると腰全体のハリが少なくなり、痛みが減りました。
ただ、仰向けになろうとしたり、膝を立てようとすると腰に強い痛みが出ていました。

この場合、考えられるのが動作に対して、骨盤が間違って動いているという事があります。
実際、M様に体を動かしてもらうと、異常に左の骨盤が動いていました。

ですので、骨盤を固定して動かしてもらうと痛みがなくなりました。

腕がだるいという症状で多いのは、腕全体にかかる圧力が弱くなっているというのがあります。
人間の体を支えているのはご自身の筋肉です。筋肉がキュッとしまって支えられています。
ただし、この筋肉が疲弊し、緩んでしまうと腕が支えられなくなって腕がだるくなります。

ですので、腕や関節に圧を加えてあげるとだるさがなくなる事が多いです。
実際、Mさんも楽になりました。

寝ている状態で痛みは、かなり楽になりました。ただ、立ったり時間が立つと
また同じような痛みが出てきてしまいました。これは痛みが強い方に多いのですが、
正しい状態に体を戻しても、痛みが強く体が弱った状態の為、正しい姿勢を保つ事が
出来ないためです。

ですので、施術だけでなく自宅でも歪みを整えるように運動を指導しました。すると日に日に
痛みがなくなり、仕事が問題なくできるようになりました。

Mさんに「すべり症はよくなったんでしょうか?」と聞かれましたが、「それは病院の先生に
調べてもらうしかないです。」とお伝えしました。「ただ、歪みを治すとMさんの症状がなくなっているので
痛みの原因は「すべり症」ではなく、歪みだったという事です。」とお伝えしました。

病院で「すべり症」「ヘルニア」「脊柱管狭窄症」と診断されますが、あくまでもそれは、そう写るだけで
その人の症状の原因という事はありません。事実、僕はMさんのすべり症をよくする為に施術をした
わけではありません。体の歪みを取る事をしています。そして良くなっています。

もし、あなたも腰痛で困っているなら一度当院にご相談下さい→http://seitai-ren-toyonaka.com/youtuu

















  


メニュー
当院の施術を初めて受ける方へ

雑誌掲載情報
当院の施術方法が掲載されております。
他数誌にも掲載されております。


患者様の声
院長日記
当院について
院長プロフィール
他の治療院との違い
施術料・営業時間
メンテナンスの重要性
よくあるご質問
当院の施術は
持ち物
リセット療法とは
施術の流れ
症例について
腰痛
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
肩こり
頭痛
首の痛み
四十肩・五十肩
腱鞘炎
膝の痛み
股関節の痛み
子育て・マタニティ
子育てママ・産後の方
妊娠中の方へ
コンテンツ
ヘルニア・狭窄症の
       ストレッチ
股関節痛のストレッチ
肩甲骨を動かすストレッチ
背中・腰のハリをよくする
腰痛は鎖骨のコリが原因
寝違えの改善法
施術が痛くないって本当?
骨盤調整の運動
骨盤調整の運動2
腰痛によくある
 5つの間違い
身体に影響を及ばすO脚
肩こりが原因で引き起こす身体の問題
ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント
ぎっくり腰に関すること
姿勢チェック法と猫背タイプ
整体とマッサージの違い
腰痛の種類について
整体のメリット
腰痛になりやすい人の特徴
健康な体を維持するために
 エリア 
豊中市・池田市・箕面市・吹田市・
茨木市・川西市・伊丹市・大阪市内
兵庫県

回復整体 漣豊中院


〒561-0884
大阪府豊中市岡町北3-6-21

回復整体 漣豊中院

  • 06-6151-4773
  • お問い合わせはこちら

地図を拡大する

 

ページ上部へ