そちらの治療は保険が使えますか?

公開日:
2017年01月23日


「そちらの治療は保険が使えますか?」

電話で聞かれる事が多い質問の一つです。答えは当院では使えません。

保険が使えるのは「整骨院」です。当院は整体院ですので、使えません。
ただし、整骨院であっても保険を使うには幾つか条件があります。

そして、初めてのお客様に「整形外科、整骨院と整体院(当院)とやる事が違います」と
話すとびっくりされるお客様が多いのです。

では、何が違うかをお伝えします。

1整骨院とは
お店の看板などに「各種保険使えます」と書かれているのが、整骨院です。
※整骨院と接骨院は違うのですか?と聞かれますが、呼び方の違いだけで同じです。

基本的には柔道整復師という国家資格をもった方が治療を行なう場所です。

保険適用外のものは全て自費治療になります。

整骨院が医療保険で治療できるケガの種類は限定されています。

腰や肩が痛いからといって、どんなものでも保険が使える訳ではありません。

整骨院で医療保険が使えるのは、原因や負傷日がはっきりしている骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉ばなれです。

ですので、疲労によるものや慢性的なものは対象外(全額自己負担)になります。

詳しくは厚生労働省HP(以下に抜粋)をご覧下さい。
柔道整復師等の施術にかかる療養費の取扱いについて

保険を使えるのはどんなとき

整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む。)の施術を受けた場合に保険の対象になります。
なお、骨折及び脱臼については、緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です。
治療をうけるときの注意

単なる肩こり、筋肉疲労などに対する施術は保険の対象になりません。このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になります。
柔道整復師が患者の方に代わって保険請求を行うため、施術を受けるときには、必要書類に患者の方のサインをいただくことが必要となります。
保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷等の治療中は、施術を 受けても保険等の対象になりません。

                                                                           
整体院とは?
民間の資格などをもった人が施術を行なうところです。

民間の資格ですので、極端な話あなたが今日から整体師と名乗ることも出来るという事です。そこに非常に問題があったり、不安に感じられている方もいらっしゃいます。

そして整体と言っても、やり方が色々あり非常にややこしいです。
いわゆる、マッサージをする所であったり、体の歪みを改善する所があります。また刺激の強い刺激を行なう所もあれば、優しい施術を行なう所もあります。

また、施術方針が先生によっても違います。その場限りの治療をする先生もいれば、根本的な
改善を目指す先生もいます。治療時間が5分の所もあれば1時間の所もあります。
また良くなっても、週2回は来ましょうという先生もいれば、良くなったら月1回ぐらいで良いですよと
いう所もあると思います。


保険治療の問題とは?
一番の問題は医療費でしょう。26年度の国の医療費は40兆円を超えています。うち整形外科は約8000億円 整骨院は約3000億円です。
もちろん国が認めている範囲内で治療を受けている人もいらっしゃるので、その全てがムダという訳ではありません。

が、中には保険適用外(骨折・脱臼・捻挫・打撲。肉離れ以外)にもかかわらず、保険適用をして治療を受けているという事で、「不正請求」という事でTVなどで取り上げられていますよね?

私が考える保険治療の問題とは?
私が考える一番の問題は
「骨折や捻挫、打撲が原因で痛くなっているわけではないのに骨折や捻挫を改善する為の治療を受け、良くならないからと諦めて痛みを抱えて生活をしてしまっている事」
その結果
「歳を取ったら痛くなって当たり前」「働いていたら痛くなって当たり前」という風潮を作ってしまっているだと思います。

当院に来られ、よくなられた方に「病院・整骨院で治らなかったのになんで!?」と驚かれる事が多いです。

そんな時に私の答えは決まっています。
「どっちが良い、悪いはなくて、ただあなたの痛みの原因をよくしてくれるのが当院だという事です」
「例えば、あなたの不調が歯が原因なら歯医者に行く、目なら眼医者に行く、痛くなっている原因が骨折なら整形外科、歩いてて足首を捻挫したのが原因であれば整骨院に行く(※捻挫の場合は当院で劇的によくなる場合あり)あなたの痛みの原因が歪みなら歪みをよくしてくれる整体院に行くべきなのです。」

「あなたは今まで、目が悪いのに歯医者に行ってたみたいなもので、治るものも治らなくて当たり前なんです」

そういうと納得してもらえる事が多いです。

もしあなたが、保険治療は骨折・捻挫・打撲をよくする治療だから、慢性的な痛みが良くならないのは当たり前、仕方ないという事を知っていて受け続けているなら仕方ありません。(本当は医療費が増えて、保険料や税金が高くなる原因になるので止めて欲しいですが・・・)

でも、それを知らず、慢性的な痛みを良くする治療を受けていると信じて、でも痛みが良くならないと諦めてしまっているなら、それは間違いだという事を知ってほしいと思います。そうでないと
この先も無駄なお金と時間を使い続ける事になってしまいます。

まとめ
整骨院での保険治療
原因、日時がはっきりしている骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れなどをよくする為の治療をしてくれる

整体院
整体院によってやる事が違うので、HPを見たり、実際施術を受けたり、先生の話を聞く必要があります。これは、整骨院の自費診療でも同じです。

では、あなたにあった治療院の選び方とは?
一番大切なのは、あなたが今の症状をどうしたいかを考える必要があります。
どちらが良いとか悪いはありません。

また痛くなっても仕方ないけど、今日出来る限り良くして欲しいだけなのか?
同じ症状がでないように根本的な改善をしたいのか?

できたら自分でも改善する為のストレッチなどを指導して欲しいのか?
ストレッチは面倒だから全部先生にお任せしたいのか?

治療時間は長いと満足できないから長いほうがいいのか?
短くても結果が出れば問題ないのか?

それをハッキリさせておかないと無駄な時間とお金を使う事になってしまうので気をつけましょう。

ちなみに当院は
・同じ症状が出ないように根本的な体を作る事を目指しています。
・自分で自分の体を改善できるようにストレッチや体の仕組みなど私の知識の全てをお伝えしています。
・施術は基本痛みの無い治療です。
・また施術時間は5分〜15分です。

ですので、
・今だけ良くなれば良い
・強い刺激じゃないと満足しない
・長い施術じゃないと満足しない
という方には合いません

もし、一度当院の施術を受けてみたいという方は、このブログを見た方限定で
初回の施術を無料で受ける事が出来ます
詳しくはこちら 2月8日(水)まで




メニュー
当院の施術を初めて受ける方へ

雑誌掲載情報
当院の施術方法が掲載されております。
他数誌にも掲載されております。


患者様の声
院長日記
当院について
院長プロフィール
他の治療院との違い
施術料・営業時間
メンテナンスの重要性
よくあるご質問
当院の施術は
持ち物
リセット療法とは
施術の流れ
症例について
腰痛
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
肩こり
頭痛
首の痛み
四十肩・五十肩
腱鞘炎
膝の痛み
股関節の痛み
子育て・マタニティ
子育てママ・産後の方
妊娠中の方へ
コンテンツ
ヘルニア・狭窄症の
       ストレッチ
股関節痛のストレッチ
肩甲骨を動かすストレッチ
背中・腰のハリをよくする
腰痛は鎖骨のコリが原因
寝違えの改善法
施術が痛くないって本当?
骨盤調整の運動
骨盤調整の運動2
腰痛によくある
 5つの間違い
身体に影響を及ばすO脚
肩こりが原因で引き起こす身体の問題
ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント
ぎっくり腰に関すること
姿勢チェック法と猫背タイプ
整体とマッサージの違い
腰痛の種類について
整体のメリット
腰痛になりやすい人の特徴
健康な体を維持するために
 エリア 
豊中市・池田市・箕面市・吹田市・
茨木市・川西市・伊丹市・大阪市内
兵庫県

回復整体 漣豊中院


〒561-0884
大阪府豊中市岡町北3-6-21

回復整体 漣豊中院

  • 06-6151-4773
  • お問い合わせはこちら

地図を拡大する

 

ページ上部へ