股関節の痛みの原因は変形性股関節症と言われて手術しかないと言われたあなたへ【豊中の整体院】

公開日:
2018年04月24日

股関節が痛くて、病院にいって手術と言われても、変形性股関節症が原因と言われたら手術しなくても
良く出来るかもしれません。事実、豊中にある股関節専門院である当院にはそういわれて改善をしています

股関節が痛かった場合、まずは病院に行ってください。そして、股関節の状態や
違う原因がないかを見て貰ってください。

病院では分かる股関節痛の原因はどんなものがあるのでしょうか?


でも、もし〇〇と診断されたら、手術以外でも治す方法があるかもしれません。


そもそも股関節とは?


股関節の構造
 
股関節とは骨盤と大腿骨をつなぐ「球関節(きゅうかんせつ:関節の接合部が球体のもの)」です。骨盤にある寛骨臼(かんこつきゅう)に大腿骨頭(だいたいこっとう)が包み込まれることで安定を保たれるように形成されています。

股関節は球関節であることから、一方向だけでなくあらゆる角度に足を動かすことができる自由度の高い関節です。また体を支える、歩く、しゃがむ、座るなどの日常生活における基本的な動作を行うためにとても大切な関節です。

この股関節に何らかの障害が起き、痛みが生じたり動かなくなったりすることで、日常生活においてさまざまな制限や支障が出てきてしまいます。

一例をあげると
・歩く度に痛い
・足が上がらないのでお風呂に入りにくい
・靴下を履いたり、足の爪が切れない
・ふいに立つと激痛が起こる
・寝返りをしようとすると痛い
・胡坐をかく動作など足を開く動作で痛い、可動範囲が狭い

などがあります。

痛い、違和感がある時はまずは病院に行って検査をしてもらいましょう。


股関節の痛みを引き起こす疾患や怪我

股関節に痛みが生じる原因には、あらゆる疾患や怪我の可能性が考えられます。以下に代表的な原因をいくつか挙げていきます。

疾患によるもの

変形性股関節症(一次性・二次性)
変形性股関節症とは、股関節を構成する関節軟骨の異常によって、股関節が変形し正常に機能しなくなる疾患です。明らかな原因がなく発症する一次性のものと、寛骨臼形成不全、大腿骨骨頭壊死症、関節リウマチ、外傷後、炎症性疾患などの疾患が原因で発症する二次性のものに大別されます。

関節リウマチ
関節リウマチとは、関節の内側にある滑膜(かつまく)が炎症を起こすことで、痛みや腫れが生じる自己免疫性疾患です。関節の炎症が長期間にわたり持続すると、関節軟骨や骨が破壊されて、関節の脱臼や変形、拘縮(こうしゅく)を引き起こします。

大腿骨骨頭壊死症
大腿骨骨頭壊死症とは、大腿骨頭の一部に血液が行き渡らなくなることで、骨が壊死する疾患です。骨が壊死することで股関節の変形や強い痛み、骨折などの症状が起こることがあります。長期間のアルコール摂取や大量のステロイド投与による大腿骨頭壊死症と、原因のない特発性大腿骨頭壊死症があります。

怪我や外傷によるもの

大腿骨頸部骨折
大腿骨頸部骨折とは、大腿骨の一部である大腿骨頸部(股関節を形成する側の付け根にあたる部分)に生じる骨折をさします。骨粗しょう症が原因となることが多く、高齢者を中心に受傷する患者さんが多くいらっしゃいます。骨折が癒合しない場合や血行障害のために一部が大腿骨頭壊死に陥ることがあり、人工股関節置換術の適応となることがあります。


リウマチであれば、
  • 朝のこわばりが15分以上続く(―週間以上)。
  • 3つ以上の関節が腫れている(1週間以上)。
  • 手首の関節、指の真ん中の関節、指のつけ根の関節、あるいは足首の関節、足の指の真ん中の関節のいずれかが腫れている(1週間以上)
  • 左右対象に腫れている関節がある(1週間以上)
  • 血液検査によるリウマトイド因子が陽性である。
  • 手足のX線検査で、軟部組織(皮下組織や筋肉組織)の紡錘状の腫れや骨粗鬆症、骨のびらんが見られる。
このうち4つが当てはまれば、リウマチと言う判断がでます。

大腿骨骨頭壊死症 であれば 
大腿骨頸部骨折や股関節脱臼骨折などの外傷歴がないか、ステロイド大量に使用したことがないか、アルコール多飲歴がないか、また、潜函病(潜函内で作業した人や潜水した人が急速に大気圧の場所に出たときに起こる健康障害)になり得る職歴についての情報が診断に役立ちます。

大腿骨頸部骨折 であれば、転倒したなど、覚えがあるかと思います。中には骨粗しょう症から
する場合もあります。いずれにせよ、レントゲンなどで判断がつく事がほとんどです 


もしあなたが変形性股関節症という診断が出たら

この時は、少し注意が必要かもしれません。というのも、変形している事が
痛みの原因ではない事があるからです。

ただ、それでも病院では薬で痛みを和らげながら、頃合いを見て手術と言われたり
今すぐ手術をしましょうと言われます。

でも、他の方法でもちゃんとよくなります。

変形性股関節症と言われたけど、良くなった方のお声

だんだん歩けなくなるので、もう手術しかないのかと不安でした・・・

①当院に通い始めた時はどんな症状で困っていましたか?

起きれない、しゃがめない、階段上れない、下のモノをとる事が出来ない何をしててもおかしな動き方をしているので、周りの人から「どこか悪いの?」と聞かれていました。

もともと股関節が浅いと言われていて、ズレやすいとは言われていたのですが、これだけ痛くなったのは初めてでした。


②当院に来るまでにはどんな事をされていましたか?

整形外科では骨に異常がないと言われ、生活に困らなければ「いますぐは手術は必要がない」ギリギリまで使って、ダメだったら手術をしましょうと言われていました。

整骨院にも言っていましたが、何か症状が悪くなってきているような気もしたので、通うのをやめました。

③今はどんな状態ですか?

今は、階段も登れます。靴下はまだ、ひっかかりますが、下のモノを取るのが可能です。また、歩いても大丈夫です。

④今までの治療と何が違いましたか?

今まで、カイロや鍼も行きました。でも、やった所が痛くなりましたが、ここではそんな事は全くありませんでした。

だんだん歩けなくなるので、もう手術しかないのかと不安を感じていました。手術をすると日常生活にも不便を感じるのでまだ治るんだと実感が持てたのがうれしいです。


⑤あなたと同じような症状で悩まれている方にメッセージを。

色んな治療があるので、合う合わないはあるかもしれませんが、自分の本来の体を治す力を上げてくれるこの治療を受けて見られるといいと思います。

※個人の感想であり、施術の効果、成功を保証するものではありません


変形性股関節症と言われても手術も出来ず、
湿布も薬も効かない辛い日々でした…


個人の感想であり、施術の効果、成功を保証するものではありません

池田市 M様 60代 女性 

①当院に通い始めた時、どんな症状で困っていましたか?

左の股関節の痛みがひどく病院で精密検査をうけました。
手術はしない方がいいと言われ、痛み止めの薬、湿布、患部に注射を打っていました。

自転車に乗ると特に痛みが酷かったです。



②治療前と治療後はどう違いますか?

痛くなることはなくなりました。
薬の服用回数がどんどん少なくなり、注射もいらなくなりました。

③当院の治療を受けて、今までと何が違いましたか?

鍼灸院など、東洋医学、整形外科などに行きましたがよくなりませんでした。施術と家で教えてもらった体操をすると痛みがとれ、どんどん楽になりました。

④どんな方におすすめしたいですか?

腰、足、肩など体の痛みで困っている方、私のように病院、鍼灸院でも症状が改善されない方にお勧めしたいです。

※個人の感想であり、施術の効果、成功を保証するものではありません

この方々はどうやって良くなったんでしょうか?

その秘密を知りたい人はこちら



メニュー
当院の施術を初めて受ける方へ

雑誌掲載情報
当院の施術方法が掲載されております。
他数誌にも掲載されております。


患者様の声
院長日記
当院について
院長プロフィール
他の治療院との違い
施術料・営業時間
メンテナンスの重要性
よくあるご質問
当院の施術は
持ち物
リセット療法とは
施術の流れ
症例について
腰痛
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
肩こり
頭痛
首の痛み
四十肩・五十肩
腱鞘炎
膝の痛み
股関節の痛み
子育て・マタニティ
子育てママ・産後の方
妊娠中の方へ
コンテンツ
ヘルニア・狭窄症の
       ストレッチ
股関節痛のストレッチ
肩甲骨を動かすストレッチ
背中・腰のハリをよくする
腰痛は鎖骨のコリが原因
寝違えの改善法
施術が痛くないって本当?
骨盤調整の運動
骨盤調整の運動2
腰痛によくある
 5つの間違い
身体に影響を及ばすO脚
肩こりが原因で引き起こす身体の問題
ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント
ぎっくり腰に関すること
姿勢チェック法と猫背タイプ
整体とマッサージの違い
腰痛の種類について
整体のメリット
腰痛になりやすい人の特徴
健康な体を維持するために
 エリア 
豊中市・池田市・箕面市・吹田市・
茨木市・川西市・伊丹市・大阪市内
兵庫県

回復整体 漣豊中院


〒561-0884
大阪府豊中市岡町北3-6-21

回復整体 漣豊中院

  • 06-6151-4773
  • お問い合わせはこちら

地図を拡大する

 

ページ上部へ