股関節が動くと音が鳴る3つの理由【豊中の整体院】

公開日:
2018年04月19日

股関節が動くと音が鳴る3つの理由
クリックすると新しいウィンドウで開きます
股関節ポキポキ音が鳴る
股関節は「歩く・しゃがむ・スポーツ」など体を動かす時の要になって支えてくれる関節です。だからこそいつもポキポキと音が鳴るのは気持ち悪いですし、不安でもありますよね‥。

この記事では「どうして股関節がポキポキ鳴るのか」から「その根本原因」まで洗い出し、ストレッチなどの「改善方法」までご紹介。これであなたの不安も解消されるはずですよ。

1.股関節が鳴る理由


股関節の筋肉股関節でポキポキ音が鳴るものは一般的に「弾発股」と言われます。イメージとしては股関節の周辺で「何かが引っ掛かって弾かれる」その時に音が鳴るという感じでしょうか。その弾発股は3つに分類されるので、順に説明していきます。

1-1.外側で鳴る(関節の外)

ざっくりと言うと「関節内(連結部)ではなく、股関節周辺の骨と筋肉(靭帯)が引っ掛かる音」が音が鳴る正体です。その中でも股関節の外側で起こるものものがこちらの分類になります。

気を付けの姿勢をした時に手首が当たるくらいの所に「太ももの骨」の出っ張りが触れるはずです。股関節を曲げ伸ばしした時に、この出っ張った骨に「筋肉や靭帯」が引っ掛かって弾かれる現象が起きます。筋肉や靭帯が硬くなり縮んでいる場合に起こると言われます。

正確な言葉でいうと「大腿骨大転子」と「腸脛靭帯もしくは大殿筋」の弾発現象です。

1-2.内側で鳴る(関節の外)

こちらは反対に股関節の内側で弾発現象が起こるケースですね。股関節の内側、すなわち下腹部の奥には「腸腰筋」という筋肉があり、これが「大腿骨の上端」もしくは「骨盤(恥骨)」に引っ掛かる事で弾発現象が起きて音が鳴るのです。

1-3.関節内で鳴る

関節というのは「骨と骨」が靭帯や軟骨などで連結され、その周りを「関節包」という袋で包まれています。上記の2つの症状はこの関節の袋の外で起こる話でしたが、こちらは関節包の中の話です。

「関節唇」という軟骨が損傷していたり、関節内に骨の欠片などの「関節遊離体」があると、関節を動かした時に引っ掛かります。その時にポキポキ・ゴリゴリなどの音が鳴るものです。

1-4.音がなるだけではなく‥

一番多いのは初めに説明した「外側で起こるもの」ですが、いずれせよに多いのは「音は鳴るけど痛みはない」という特徴です。

ただし「滑液包」という膜が炎症を起こすと痛みを伴います。

2.股関節がポキポキ鳴る原因


2-1.筋肉バランス
「筋肉のバランス」の画像検索結果
筋肉が不健康まず単純に「筋肉と骨が引っ掛かって弾ける音」という説明でお分かりのように、筋肉が硬く縮んでいると引っ掛かりやすくなります。

また皆さんは股関節というと前側だけのイメージかも知れませんが、正確には骨盤やお尻も含まれ、この周辺だけでも30個種類ほどの筋肉が付着しているんです。その中に疲れや脆弱化などで働けない筋肉が生じてしまうとその分を他の筋肉が頑張らなくてはいけませんよね。

そして筋肉・筋膜は全身で繋がっています。

つまり筋肉のバランスが崩れるのは「股関節がポキポキ鳴る」原因になるという事です。

2-2.骨格の歪み

「骨格の歪み」の画像検索結果


骨格に歪みがあると単純に「骨と筋肉の位置関係」が悪くなるのは想像できると思います。そうなると引っ掛かりやすそうですよね。

また骨格の位置が悪いと体を支えたり動かしたりする時に余計な力が必要なので、筋肉は常に緊張している状態です。これでは筋肉も硬くなって縮み、骨に引っ掛かるので「骨格の歪み」も音が鳴る原因になります。

2-3.重心のずれ

重心バランスこれも骨格の歪みと似ていますが、重心が「調度良い位置」にいないと無駄にカラダに力が入ってしまいます。

試しに少し体を傾けたままでしばらく居ると疲れてくるのが分かるはずです。そんなに極端ではないにしても、少し重心がズレたまま毎日を過ごしていると「体の要である股関節」には余計な負担が生じてしまいます。すると歪みにも繋がりますし、筋肉が硬くなる事にもなり、股関節にポキポキ音が鳴る原因になるという訳です。

2-4.姿勢の悪さ

姿勢の悪さ姿勢が悪いと腰痛や肩こりの原因になるのはあなたも何となく知っているはずですよね。

ヒトは骨格がきちんと積み重なっていれば体重を最小限の負担で支えていられるように進化してきました。ところが姿勢が悪いという事は、本来の骨格の位置で荷重を受け止める事ができません。するとその分を筋肉が無駄に頑張らなければならないのです。

ただでさえ股関節は「体重を支えながら大きく動く」という重労働を課せられているのに更に負担が増えると筋肉が硬くなるのは当然ですよね‥。姿勢不良やフォーム不良は股関節に音が鳴る原因の一つになります。

3.股関節が鳴るのを治すには

3-1.ストレッチ
股関節の違和感股間節まわりの筋肉を柔軟にすることで引っ掛かりが無くなるので、ストレッチだけでも音が鳴らなくなる場合もあります。



3-2.整体
股関節痛への整体股関節のストレッチだけではまだ音がなるという人は体の専門家である整体院にいってみるのも一つの方法です。なぜなら「カラダの歪み」が残ったままでは負担が掛かり続けるので、その歪みを整える事が一番の近道になり得るからです。

股関節音が鳴る「まとめ」



股関節の痛みが治った人股関節がポキポキ音が鳴るからといって、今すぐ生活に支障をきたす事はないでしょうからそこまで不安視する必要はありません。

しかし何かしらの不具合が起こっている事は考えられるので、心配な人は病院に受診しましょう。そのうえでやっぱりポキポキ音が鳴るのが気になる人はストレッチや整体で改善できるはずなので、コツコツ取り組んでみて下さい。

ご相談がある方はLINEからどうぞ


メニュー
当院の施術を初めて受ける方へ

雑誌掲載情報
当院の施術方法が掲載されております。
他数誌にも掲載されております。


患者様の声
院長日記
当院について
院長プロフィール
他の治療院との違い
施術料・営業時間
メンテナンスの重要性
よくあるご質問
当院の施術は
持ち物
リセット療法とは
施術の流れ
症例について
腰痛
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
肩こり
頭痛
首の痛み
四十肩・五十肩
腱鞘炎
膝の痛み
股関節の痛み
子育て・マタニティ
子育てママ・産後の方
妊娠中の方へ
コンテンツ
ヘルニア・狭窄症の
       ストレッチ
股関節痛のストレッチ
肩甲骨を動かすストレッチ
背中・腰のハリをよくする
腰痛は鎖骨のコリが原因
寝違えの改善法
施術が痛くないって本当?
骨盤調整の運動
骨盤調整の運動2
腰痛によくある
 5つの間違い
身体に影響を及ばすO脚
肩こりが原因で引き起こす身体の問題
ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント
ぎっくり腰に関すること
姿勢チェック法と猫背タイプ
整体とマッサージの違い
腰痛の種類について
整体のメリット
腰痛になりやすい人の特徴
健康な体を維持するために
 エリア 
豊中市・池田市・箕面市・吹田市・
茨木市・川西市・伊丹市・大阪市内
兵庫県

回復整体 漣豊中院


〒561-0884
大阪府豊中市岡町北3-6-21

回復整体 漣豊中院

  • 06-6151-4773
  • お問い合わせはこちら

地図を拡大する

 

ページ上部へ