腰痛の予防ってしていますか?していない人はその方法が分かる講座を開きます【豊中の整体院】

公開日:
2018年02月14日

2月22日(木)に当院で「腰痛を自分で治すための講座」を行います。

https://peraichi.com/landing_pages/view/muryoukouza

開催、2週間前と急な発表だったのですが、徐々にお客様も集まり頂いております。

そんな中ご質問がありました。

「今、腰痛で動けないという状態ではないのですが、整骨院に行ったり、湿布を貼ったりしているのですが
そんな私でも参加していいですか?」

という内容でした。もちろん、どなたでも参加いただけるのですが、「そんな私」というのがどういう事なのか
聞いてみると、

整体は整形外科や整骨院では良くならず、もう動けない、生活に困る、そんな一刻を争う状態の人が行く
イメージがあったようです。

もちろん、そんな方にもご参加頂ければと思うのですが、この講座はまだ痛くない人、痛いけど生活には
困らないという方にもご参加頂ければと思います。

というのも、この講座では腰痛の予防の仕方を具体的にお伝えしたいと思います。

みなさんは腰痛の予防はしていますか?


湿布を貼る事は予防ではありません。薬を飲むのも予防ではありません。

筋肉をつけるために歩く、水泳をする、水中ウォーキングをする、テニスやゴルフをする
これもあなたの腰痛を予防するのには間違った方法の可能性があります。

またテレビや雑誌で見た腰痛の体操も、もしかしたらあなたにとっては、より腰痛を作る
体操の可能性もあります。

また地域の体操教室に行ってる人も、わざわざ時間を作って腰痛を作りやすい状態にしているかも
しれません。

ここで間違ってほしくないのは、今あげた湿布、歩く事など運動、テレビの体操、体操教室自体が悪いという訳ではないです。

ただ、自分の体の痛みの原因をよくする運動や行動なのかが大切という事です。



例えば、運動をすると筋肉が付きます、また痩せる人もいます。あなたの腰痛の原因が
筋肉が衰えた人、太った事が痛みの原因の人はいいかもしれないです。でも、もし違うかったら・・・

例えば、その体操をする事で、大腰筋を伸ばせるとしましょう。でも、あなたの腰痛の原因が肩甲骨の
動きが悪い事だとするとどうでしょう?

これでは、いつまでたっても良くなりません。むしろどんどん原因が悪くなって症状も悪化してしまいます。

そうして、運動しても腰痛は治らない・・・だから諦めるしかない、
     体操をしても腰痛は治らない・・・もう年だから仕方ない
     湿布や薬を使っても良くならない・・・年を取ったら誰でも痛くて当たり前・・・

という間違った常識が作られていきます。その常識が間違っていて、こうやって腰痛は
予防すればいいのだという事を知ってもらう機会になればと思います。

もし、興味のある方はこちらをクリック





メニュー
当院の施術を初めて受ける方へ

雑誌掲載情報
当院の施術方法が掲載されております。
他数誌にも掲載されております。


患者様の声
院長日記
当院について
院長プロフィール
他の治療院との違い
施術料・営業時間
メンテナンスの重要性
よくあるご質問
当院の施術は
持ち物
リセット療法とは
施術の流れ
症例について
腰痛
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
肩こり
頭痛
首の痛み
四十肩・五十肩
腱鞘炎
膝の痛み
股関節の痛み
子育て・マタニティ
子育てママ・産後の方
妊娠中の方へ
コンテンツ
ヘルニア・狭窄症の
       ストレッチ
股関節痛のストレッチ
肩甲骨を動かすストレッチ
背中・腰のハリをよくする
腰痛は鎖骨のコリが原因
寝違えの改善法
施術が痛くないって本当?
骨盤調整の運動
骨盤調整の運動2
腰痛によくある
 5つの間違い
身体に影響を及ばすO脚
肩こりが原因で引き起こす身体の問題
ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント
ぎっくり腰に関すること
姿勢チェック法と猫背タイプ
整体とマッサージの違い
腰痛の種類について
整体のメリット
腰痛になりやすい人の特徴
健康な体を維持するために
 エリア 
豊中市・池田市・箕面市・吹田市・
茨木市・川西市・伊丹市・大阪市内
兵庫県

回復整体 漣豊中院


〒561-0884
大阪府豊中市岡町北3-6-21

回復整体 漣豊中院

  • 06-6151-4773
  • お問い合わせはこちら

地図を拡大する

 

ページ上部へ