五十肩の治療で注射を使っても治らないのは何故?【豊中の整体院】

公開日:
2018年06月21日

五十肩で腕が上がらないとなった時に、整形外科やペインクリニックに行き治療として注射を打ってもらった。

でも、治らないのは何故なのかをお伝えします


五十肩になって注射を打ったのに良くならないですけど、そちらで改善出来ますか?

電話でこんな質問を頂きました。

どんな注射ですか?と聞くと「何かわからないけど、注射を打たれて様子見てくださいって言われたんです」

と答えが返ってきました・・・。

もちろん、何の注射かはその病院で聞いた方がいいですが、どんなものがあるのか、またその方法で良くならない場合

の対応について書きたいと思います。


五十肩で使われる注射とは?


大きく分けて2つです。肩甲上神経ブロック注射と肩関節内注射です。
主な目的は痛みを止めるというものです。

①肩甲上神経ブロック、トリガーポイント注射

肩の痛みがある部位に局所麻酔薬を注射すること
により、痛みの悪循環を改善します。

②肩関節内注射

肩関節内に炎症を抑える副腎皮質ホルモンと局所
麻酔薬の混合液、又は、ヒアルロン酸ナトリウム
を注射し、疼痛を和らげます。

2つとも最初に書いたように痛みを止める事が目的です。痛みだけ止めても、原因が治らなければ

意味がないのでは?と思うかもしれませんが、痛みを止める事で、自分で体を治す力(自然治癒力)を

働きやすい環境を作ります。


ただ、痛みを止めても体を治す力が充分発揮できないと体は治してくれません。


五十肩で注射を打っても効かないのは何故?

基本的に五十肩と言われているなら整形外科では何故痛みが出ているかは分かりません。

五十肩というのは「原因が分からない肩の炎症」です。


レントゲンやMRIで異常が見つかるのは例えば腱板損傷だったり、石灰が溜まっている

所まで悪化している場合です。


それまでは画像診断では何もみつからないので原因不明と言われます

なので治療としては、痛みを止めるしかなくなるのです。

では、本当の原因というのはなにかというのをお伝えしていきます。

下の図をご覧ください。


こんな風に五十肩は起こっています。つまり

五十肩は間違った生活習慣から始まります。

こういった生活習慣だけでなく、基本的に生活している以上体を

歪めて使っています。利き腕、立っている姿勢、座っている姿勢


他には今は治ったけど、過去に骨折していた、捻挫をしていた、そんな時の癖が

体を歪めます。


その結果、

特定の筋肉が硬くなって、動きを制限する

骨格が正しく動かない

③負担が掛かった状態で使い続ける事で、筋肉が弱り正しく使えない


それらの異常を知らせるために痛みが出てきます。


注射では主に、その異常を知らせるための痛みを止めているにすぎません。

痛みを止めている間に、体が治してくれるのを待ちます。


だから「様子を見ましょう」という事になります。


様子を見て良くならないという事は”自分の身体を治す力を発揮できなくなっている”

という事です。そして、それが起こっているのは歪んだ状態が長く続いているからです。


注射で良くならない五十肩はどうすれば良くなるか?

やる事はシンプルです。あなたの腕が上がらなくなっているのが

特定の筋肉が硬くなって、動きを制限する

骨格が正しく動かない

③負担が掛かった状態で使い続ける事で、筋肉が弱り正しく使えない

どれが原因かを見極めながら、それを改善し、


そして、自分で治す力が発揮できるように歪みをなくしていく事で改善をしていきます。


注射で良くならなかった五十肩が良くなった方のインタビュー

五十肩で眠れない、
ゴルフが出来なくて困っていました

 

※個人の感想であり、施術の成果、成功を保証するものではありません

①当院に通い始めた時は、どんな症状で困っていましたか?

一般的に言われる「五十肩」の症状で、右肩が上がらなくなりました。

特に肩より上に上がらないので、大好きなゴルフが出来ない、右の後ろポケットの財布が取り出せない

事に困っていました。夜も痛みで寝られないので、腕の下に枕をしいて寝ていました。

②当院に来るまでは何か治療をされていましたか?
ペインクリニックに行き、ブロック注射を打っても、楽になるのはその時だけでした。

整形外科でも、7〜8分マッサージをしてもらってその時だけでした。

2カ月通いましたが、全く変化がないので違う方法を探し、こちらに伺いました。

 

③今はどんな状態ですか?
今は以前と同じように生活が出来ておりますし、大好きなゴルフも出来ています。

 

④当院の施術を受けて、どんな感想をお持ちでしたか?

施術自体は本当に優しく頼りない感じでしたが、徐々に腕が上がる様になってきたので

信頼が出来ました

 

※個人の感想であり、施術の成果、成功を保証するものではありません。


あなたももし五十肩で注射を打っても治らないなら




メニュー
当院の施術を初めて受ける方へ

雑誌掲載情報
当院の施術方法が掲載されております。
他数誌にも掲載されております。


患者様の声
院長日記
当院について
院長プロフィール
他の治療院との違い
施術料・営業時間
メンテナンスの重要性
よくあるご質問
当院の施術は
持ち物
リセット療法とは
施術の流れ
症例について
腰痛
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
肩こり
頭痛
首の痛み
四十肩・五十肩
腱鞘炎
膝の痛み
股関節の痛み
子育て・マタニティ
子育てママ・産後の方
妊娠中の方へ
コンテンツ
ヘルニア・狭窄症の
       ストレッチ
股関節痛のストレッチ
肩甲骨を動かすストレッチ
背中・腰のハリをよくする
腰痛は鎖骨のコリが原因
寝違えの改善法
施術が痛くないって本当?
骨盤調整の運動
骨盤調整の運動2
腰痛によくある
 5つの間違い
身体に影響を及ばすO脚
肩こりが原因で引き起こす身体の問題
ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント
ぎっくり腰に関すること
姿勢チェック法と猫背タイプ
整体とマッサージの違い
腰痛の種類について
整体のメリット
腰痛になりやすい人の特徴
健康な体を維持するために
 エリア 
豊中市・池田市・箕面市・吹田市・
茨木市・川西市・伊丹市・大阪市内
兵庫県

回復整体 漣豊中院


〒561-0884
大阪府豊中市岡町北3-6-21

回復整体 漣豊中院

  • 06-6151-4773
  • お問い合わせはこちら

地図を拡大する

 

ページ上部へ