花粉症で一生薬を飲みけると諦めた女性がたった3分で良くなった話【豊中の整体院 回復整体 漣】

公開日:
2018年05月10日


先生に花粉症を止める方法を約30分講義を受けて、その方法を自分で3分やっただけ。
でも、翌朝信じられない事が起こりました

20年以上続いた花粉症の鼻水やくしゃみが起きた時に止まっていたんです。

今までは気がついたら鼻水がタラりと垂れ、くしゃみが止まらない、いつもゴミ箱はティッシュの山でした。
頭はボーッとし、何かしようと思っても集中力が続かない、そんな自分にイライラする
酷い時は咳が止まらなくなり、喘息のような状態になる事もありました。

病院に行って、薬をもらっても症状は少し弱まっているのか分かりませんが、症状が治まる事は
ありませんでした。

もう一生私は薬を飲みながら、鼻水とくしゃみに悩まされるんだ・・・そう覚悟していました。

そんなある日、夫が通う整体院からのある案内を見ました。

そこには信じられない事が書いてありました。

たった3分で花粉症をよくする方法がある

「そんな筈はない」最初はそう思いました。でも、もしこの生活から抜け出せるなら・・・
少しでも、この症状が楽になるのなら・・・そう思って続きを読んでみました

書かれている内容は信じられない事ばかりが書いてありました。

「花粉は本来、体に悪いものではない」

「体に悪いとあなたの脳が間違った認識をしているだけだ」

「あなたの脳が体に悪いと認識しているから、あなたの体が、その花粉を外に出そうと鼻水やくしゃみが出る」

「だから”花粉が体に悪い”という認識を正してあげると体はもう外に追い出そうとしなくなる」

「その結果、鼻水もくしゃみも止まる」

「怪しいな」とは思いながら、「脳の勘違い」という部分は一理あるとも思いました。
というのも同じ家に住みながら夫には私のような症状がなかったからです。
また、周りを見渡しても、花粉症で悩んでいる人もいれば、悩んでいない人もいたからです。

なので、ダメ元で、その間違った認識を変える方法を教えてもらったのです。

そして、その結果、私はもう花粉症に悩まされる事はなくなったのです。






①この方法を知るまではどんな事に困っていましたか?
鼻水、鼻水づまりがあり、ひどくなると喘息のように咳が止まりませんでした。

1年中 薬を飲まないといけないといけない状態でした。

一生薬を飲まないといけないと思っていました。


②その方法を試した結果どうなりましたか?

正直最初教えてもらった時は、薬を飲んでいたので変化がよく分かりませんでした。

でも、その夜薬をやめてみたんです。普通なら、翌朝はくしゃみ、鼻水が出るんですが
出なかったんです。

そこから朝はくしゃみや鼻水がちょっと出ますが、もう症状はありません。

③その方法を聞いた時はどう思いましたか?

信じられませんでした。でも、花粉症というのは脳の勘違いという考え方には
若干共感が持てました。

④同じような症状で悩む人にメッセージを

絶対おすすめです。この方法は体にすごく優しい方法です。薬はどうしても
体には良くないですし。

また、何より即効性があるので、是非悩んでいる方法は知ってほしいと思います。


もし、あなたもMさんと同じように花粉症に悩んでいて、そんな方法を詳しく知りたい
という方はこちら



メニュー
当院の施術を初めて受ける方へ

雑誌掲載情報
当院の施術方法が掲載されております。
他数誌にも掲載されております。


患者様の声
院長日記
当院について
院長プロフィール
他の治療院との違い
施術料・営業時間
メンテナンスの重要性
よくあるご質問
当院の施術は
持ち物
リセット療法とは
施術の流れ
症例について
腰痛
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
肩こり
頭痛
首の痛み
四十肩・五十肩
腱鞘炎
膝の痛み
股関節の痛み
子育て・マタニティ
子育てママ・産後の方
妊娠中の方へ
コンテンツ
ヘルニア・狭窄症の
       ストレッチ
股関節痛のストレッチ
肩甲骨を動かすストレッチ
背中・腰のハリをよくする
腰痛は鎖骨のコリが原因
寝違えの改善法
施術が痛くないって本当?
骨盤調整の運動
骨盤調整の運動2
腰痛によくある
 5つの間違い
身体に影響を及ばすO脚
肩こりが原因で引き起こす身体の問題
ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント
ぎっくり腰に関すること
姿勢チェック法と猫背タイプ
整体とマッサージの違い
腰痛の種類について
整体のメリット
腰痛になりやすい人の特徴
健康な体を維持するために
 エリア 
豊中市・池田市・箕面市・吹田市・
茨木市・川西市・伊丹市・大阪市内
兵庫県

回復整体 漣豊中院


〒561-0884
大阪府豊中市岡町北3-6-21

回復整体 漣豊中院

  • 06-6151-4773
  • お問い合わせはこちら

地図を拡大する

 

ページ上部へ