股関節が歩くと痛い時の原因と対策【豊中の整体院】

公開日:
2017年12月02日

股関節が歩くと痛いという場合、複数の原因が考えられるということをご存じでしょうか?

例えば、筋肉、関節、そして内科の病気などがあります。

そして、それぞれの原因によって対処法は異なります。筋肉が原因なら内科の薬ではダメということですね。

今回は、足の付け根が痛む場合に考えられる原因とそれぞれの対処法について解説していますのでご参考下さい。


1 股関節が痛む時に考えられる原因


股関節が痛む場合、考えられる原因はいろいろありますので主なものについて1つずつ解説していきます。

1-1 関節が原因の場合(変形性股関節症)



変形性股関節症というのは、主に女性に多い病気で股関節の軟骨がすり減ったり骨の変形が起こることで痛みが出る症状のことを言います。

変形性股関節症として主なものには次のものがあります。

先天性股関節脱臼
臼蓋形成不全
関節唇損傷
大腿骨頭壊死

1-1-1 先天性股関節脱臼

先天性股関節脱臼とは赤ちゃん(主に女児)に多く見られる病気で、出生時または出生後数ヶ月の期間に股関節が脱臼する状態のことを言います。

1-1-2 臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)

股関節というのは骨盤と太ももの骨で出来ていますが、この骨盤側の骨が太ももの骨に対して受け皿のような役割をしています。

そして、臼蓋形成不全とはこの骨盤側の受け皿になる部分が太ももの骨に対して小さいなど不十分な状態のため痛みが生じる状態のことを言います。

1-1-3 関節唇損傷(かんせつしんそんしょう)

関節唇とは股関節の骨盤側の骨にある臼蓋(きゅうがい)と呼ばれる部分にある組織のことを言います。

この部分が損傷してしまうことで痛みが出る状態のことを股関節関節唇損傷と言います。

1-1-4 大腿骨頭壊死(だいたいこっとうえし)

大腿骨頭とは太ももの骨の先端で丸いボール状の骨のことを言い、この部分に十分な血液が行き渡らないことで骨頭が壊死してしまう状態のことを言います。

1-2 筋肉が原因の場合(筋筋膜性疼痛)

足の付け根の痛みの原因には、筋肉が固まってしまったこともあります。

筋肉が固まってしまった結果痛みを生じたり、痛む部分から離れた部分にも痛みが出ることがあります。

こういった症状を筋筋膜性疼痛と言います。

1-3 内科が原因の場合


股関節が痛む場合の原因には、内科の症状が原因のことも多くあります。

内科の症状で股関節痛に影響がある主なものを挙げてみます。

1-3-1 関節リウマチ

関節リウマチというと手先のイメージがあるかもしれませんが、関節リウマチは股関節でも見られる病気です。

炎症に伴いこわばり、腫れ、熱感、痛みが見られる症状で、ひどい場合は拘縮といって股関節が動きにくくなることもあります。

1-3-2 バージャー病

バージャー病とは血流が悪くなることで手足の冷えや痛みが起こる症状のことを言います。

バージャー病を発症した方の多くに喫煙歴があることから、喫煙が関連していると言われています。

1-4 その他足の付け根の痛みの原因として考えられるもの


関節や内科など以外にも足の付け根の痛みの原因として考えられるものには次のような場合があります。

1-4-1 スポーツに伴うオーバーユース

スポーツに伴う足の付け根の痛み
ランニングやジャンプが多いスポーツ、またはサッカーのように股関節に強い力が加わることが多いスポーツをしている方に見られます。

いわゆるオーバーユースで筋肉に疲労が過剰に溜った場合に起こります。

1-4-2 妊娠に伴う痛み

妊婦さんの場合、おなかが大きくなるに伴い腰や股関節への負担は当然大きくなります。そのため足の付け根が痛むこともあります。

また、妊婦さんの場合ホルモンバランスが影響しているとも言われます。

2 股関節が痛くなる本当の原因

股関節が痛む場合、原因にはさまざまなケースがあることはお分かりいただけたでしょうか?

でも、ここまで説明をさせて戴きましたが、これはあくまでも結果です。というのも、変形している

といっても何故、変形してしまったんでしょうか?

同じ年齢の人でも、変形していないのに、あなたが変形しているのは何故でしょう?
同じように子供の時に脱臼していたのに、今あなたが痛くなっているのは何故でしょうか?
同じように運動をしている、運動不足なのに、今痛いのは何故でしょうか?

この事を理解しないと、痛みを止める(薬や注射)だけ、痛みを止められなくなったら部品を変える(手術)
しか方法がありません。

同じような年齢、生活習慣、病歴にも関わらず、今あなたの股関節が痛くなっているには原因があります。

2-1 股関節と骨盤の間が狭くなっている

では、本当の原因とはなにかというと、身体の歪みです。

骨盤が歪み、背骨が歪み、股関節に過度な負担がかかっているのです。

また、その結果、股関節と骨盤の間が狭くなっている事がほとんどの原因です。

そして、過度な負担が掛かった結果、変形したり、軟骨が無くなっているのです。

ですので、変形が治らなくても、軟骨が増えなくても過度な負担がなくなると痛みは消えてしまう
事が多いです。

歩くと痛いのは、足をついた時により股関節の負担が強くなり、痛くなっているのです。

3 歩くときの股関節の痛みを改善する方法


3―1 骨盤の調整を行う


①右足を上に組んで、姿勢を正す

②腰を捻じるようにして、足を10回揺らす

③骨盤に手を添えて足踏み10回

詳しくはこちらのブログ

3-2 股関節の間を拡げる

①足を広げ、太ももを両手で挟み、外に引っ張る
※引っ張る力は6割〜7割程度

②①の状態で足を20回揺らす

注意点 引っ張ると痛い、揺らすと痛い場合は絶対やらない

詳しくはこちらのブログ

3-3 これでも痛い時は

これらの運動をしても痛いという場合は、立ったり、歩いたりすると、より重い負担が股関節に
かかり痛くなっている事が考えられます。

①骨盤と股関節の間を拡げた状態を長く保つ
②その為に、必要以上に歩いたりして負担をかけない

という事が重要です。

でも、それでも歩いたりする時は以下の動画の方法を試してみて下さい

やる事は簡単です。つま先を極端に外、もしくは内に向けて歩くと
楽に歩ける事があります。

中には歩き始めの数歩が特に痛いという方はこの状態で歩いて股関節の
負担を減らしましょう。

最後に

今日お伝えしたつま先の向きを変えるというのは、対症療法になります。
実際続けている内に痛みがなくなるという訳ではないです。

しっかりと原因を治すと必ず股関節痛はよくなります。
こちらの女性も股関節痛を克服されました。


歩くのも激痛、手術も出来ず、湿布と薬も効かず辛い日々でした・・・でも今は

 
①当院に通い始めた時、どんな症状でこまっていましたか?

左に股関節の痛みがひどく病院で精密検査を受けました。手術はしない方が言われ、痛み止めの薬、湿布、患部に注射を打っていました。自転車に乗ると特に痛みがひどかったです。


②治療前と治療後(現在)はどう違いますか?

薬の服用回数がどんどん少なくなり、注射はしなくなりました。
調子に乗って身体を使い過ぎると痛くなりますが、用心するようになりました。

③当院の施術を受けて、今までの治療と何が違いましたか?

鍼灸院など東洋医学、整形外科などに行きましたがよくなりませんでした。施術と家で教えてもらった体操をすると痛みがとれ、どんどん楽になりました。

④どんな方に当院をお勧めしたいですか?
腰、足、肩など体の痛みで困っている方、私のようにいろんな病院、鍼灸院でも症状が改善されない方におすすめしたいです。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

当院の施術を受けたい、もしくは相談したい方は
初診施術料 15000円がLINE登録してもらったら初回は
2580円で受ける事が出来ます。
相談は無料です。








メニュー
当院の施術を初めて受ける方へ

雑誌掲載情報
当院の施術方法が掲載されております。
他数誌にも掲載されております。


患者様の声
院長日記
当院について
院長プロフィール
他の治療院との違い
施術料・営業時間
メンテナンスの重要性
よくあるご質問
当院の施術は
持ち物
リセット療法とは
施術の流れ
症例について
腰痛
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
肩こり
頭痛
首の痛み
四十肩・五十肩
腱鞘炎
膝の痛み
股関節の痛み
子育て・マタニティ
子育てママ・産後の方
妊娠中の方へ
コンテンツ
ヘルニア・狭窄症の
       ストレッチ
股関節痛のストレッチ
肩甲骨を動かすストレッチ
背中・腰のハリをよくする
腰痛は鎖骨のコリが原因
寝違えの改善法
施術が痛くないって本当?
骨盤調整の運動
骨盤調整の運動2
腰痛によくある
 5つの間違い
身体に影響を及ばすO脚
肩こりが原因で引き起こす身体の問題
ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント
ぎっくり腰に関すること
姿勢チェック法と猫背タイプ
整体とマッサージの違い
腰痛の種類について
整体のメリット
腰痛になりやすい人の特徴
健康な体を維持するために
 エリア 
豊中市・池田市・箕面市・吹田市・
茨木市・川西市・伊丹市・大阪市内
兵庫県

回復整体 漣豊中院


〒561-0884
大阪府豊中市岡町北3-6-21

回復整体 漣豊中院

  • 06-6151-4773
  • お問い合わせはこちら

地図を拡大する

 

ページ上部へ