股関節が痛く、歩けなくなりもう手術しかないのかと不安でした・・・【豊中の整体院】

公開日:
2017年11月26日



もし、あなたが股関節が痛くて
・歩くのが辛い、しゃがむのも、靴下を履くの、階段もつらい
・整形外科では股関節が浅いと言われている
・もう手術しかないと諦めそうになっているなら
こちらの記事を読んでみてください。

今日は、股関節痛を改善された方のインタビューをお届けします。
Aさんは53歳の女性です。約1年前に足を捻挫されてから歩き方がおかしくなり、それをかばうように
していると股関節に痛みが出てきたそうです。

整骨院や整形外科にも行きましたが、改善できず辛い毎日を過ごされていたそうです。

またインタビューでは触れていませんが、Aさんはプロのボーリング選手です。

股関節が痛いと投げる際に右足を踏み込もうと思っても、痛みがあり膝を曲げる事が
出来ませんでした。

当然、まともなボールを投げる事も出来ず、我慢してやっても、次の日は痛みが強く
動くのさえ辛かったそうです。

プロの選手が仕事であるボーリングも出来ない、そして普段の生活も儘ならないとなると
本当に大変だったと思います。

最初にお話し聞いた時に「もう一度現役選手としてボーリングがしたい、そしてそれを私だけでなく
子ども達も望んでる」と仰っていました。

そして、約1カ月半後にある大会を目標に頑張りましょうと通われ始めました。

その結果は・・・



股関節が痛くて、歩くのも辛かったのが改善したインタビュー


①当院に通い始めた時はどんな症状で困っていましたか?

起きれない、しゃがめない、階段上れない、下のモノをとる事が出来ない
何をしててもおかしな動き方をしているので、周りの人から「どこか悪いの?」
と聞かれていました。

きっかけは去年の11月ごろに右足の捻挫して、それをかばうために変な歩き方をしている内に
股関節も腰のも痛みが出ていました。

もともと股関節が浅いと言われていて、ズレやすいとは言われていたのですが、これだけ痛く
なったのは初めてでした。

②当院に来るまでにはどんな事をされていましたか?

整形外科では骨に異常がないと言われ、生活に困らなければ「いますぐは手術は必要がない」
ギリギリまで使って、ダメだったら手術をしましょうと言われていました。

整骨院にも言っていましたが、何か症状が悪くなってきているような気もしたので、通うのをやめました。

その後は自分なりにマッサージをしたり、ストレッチをしていました。

③今はどんな状態ですか?

今は、階段も登れます。靴下はまだ、ひっかかりますが、下のモノを取るのが可能です。
また、歩いても大丈夫です。

④今までの治療と何が違いましたか?

今まで、カイロや鍼も行きました。でも、やった所が痛くなりましたが、ここではそんな事は全くありませんでした。

だんだん歩けなくなるので、もう手術しかないのかと不安を感じていました。手術をすると日常生活にも不便を感じるので
まだ治るんだと実感が持てたのがうれしいです。

⑤あなたと同じような症状で悩まれている方にメッセージを。

色んな治療があるので、合う合わないはあるかもしれませんが、自分の本来の体を治す力を上げてくれるこの
治療を受けて見られるといいと思います。

股関節をどうやって改善したのか?解説

Aさんは生まれつき股関節が浅く(臼蓋形成不全)、気を付けた方がいいとは言われていたそうです。

股関節の変形を痛めた時に初めてお医者さんから指摘される人もいますが、小さいときに股関節を脱臼していたり
していた人もいらっしゃって、子供の頃から親から

「あなたは股関節が悪いんだから、気を付けないといけない」と教えられてきた人も多いです。

でも、そういった方も当院では良くなっていきます。

それは何故か?簡単です。

股関節が浅い事や臼蓋形成不全が股関節痛の本当の原因ではなかったかです。

本当の原因は体が歪む事で、股関節に過度な負担がかかっている事が原因になっている事が多いです。

実際、Aさんは来られた時は、立っている事もまた歩くのも辛そうでしたが、体全体の歪みを調整すると
かなり楽に感じていらっしゃいました。

初回の施術前には投げるフォームをしてもらうと膝が曲がらなかったのが、施術後には違和感がかなり減りました。

なのでこんな事は初めてでしたが、2回目に来院される時には、ボーリングの球を持ってきてもらい
投げる格好をしてもらいました。あの重い球を持つのと持たないのでは負担が違いますから。

でも、ボールを使っても大丈夫でした。そして、ついこないだ最初の目標だった大会に出られたと
報告がありました。

まだまだ思うプレーが出来なかったようですが、楽しく出来たと仰って喜んでいらっしゃいました。
本当に良かったです。

もし同じように股関節が痛いのは股関節が浅いからと言われる方は一度相談してください。






メニュー
当院の施術を初めて受ける方へ

雑誌掲載情報
当院の施術方法が掲載されております。
他数誌にも掲載されております。


患者様の声
院長日記
当院について
院長プロフィール
他の治療院との違い
施術料・営業時間
メンテナンスの重要性
よくあるご質問
当院の施術は
持ち物
リセット療法とは
施術の流れ
症例について
腰痛
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ぎっくり腰
坐骨神経痛
肩こり
頭痛
首の痛み
四十肩・五十肩
腱鞘炎
膝の痛み
股関節の痛み
子育て・マタニティ
子育てママ・産後の方
妊娠中の方へ
コンテンツ
ヘルニア・狭窄症の
       ストレッチ
股関節痛のストレッチ
肩甲骨を動かすストレッチ
背中・腰のハリをよくする
腰痛は鎖骨のコリが原因
寝違えの改善法
施術が痛くないって本当?
骨盤調整の運動
骨盤調整の運動2
腰痛によくある
 5つの間違い
身体に影響を及ばすO脚
肩こりが原因で引き起こす身体の問題
ぎっくり腰にならないために気を付けたいポイント
ぎっくり腰に関すること
姿勢チェック法と猫背タイプ
整体とマッサージの違い
腰痛の種類について
整体のメリット
腰痛になりやすい人の特徴
健康な体を維持するために
 エリア 
豊中市・池田市・箕面市・吹田市・
茨木市・川西市・伊丹市・大阪市内
兵庫県

回復整体 漣豊中院


〒561-0884
大阪府豊中市岡町北3-6-21

回復整体 漣豊中院

  • 06-6151-4773
  • お問い合わせはこちら

地図を拡大する

 

ページ上部へ