たった20秒で骨盤を整え痛みを楽にする運動2
骨盤を整える運動を確実に行う方法

  • もしあなたが

    ■
    腰痛・肩こり・膝痛など痛みを抱えている
    ■
    揉んだり・叩いてもよくならない
    ■
    骨盤の歪みを整えたい

    こんな悩みをお持ちであるなら

    まずはこの運動を試してみて下さい。

前回の記事で、骨盤の調整法をお伝えしました。
まだ見ていない人は、まずはこちら

今回はより確実に運動をして貰うためのポイントをお伝えします。

この運動は骨盤の歪みを整える事が出来ます。ただ、歪み方は人それぞれ違います。
ですので、まずは自分の骨盤の歪みをチェックする必要があります。その結果によって右足を上に組むか、左足を上に組むかが違います。

①椅子に座り、膝を合わせ、かかとを揃えます。膝の角度は90度です。
※可動範囲が狭くて、出来ない方は左右同じ状態にして下さい。

②人差し指を膝と平行に伸ばします。
③人差指を膝と平行に沿わせ下に下ろしていきます。膝のお皿の下にポコッと凹む場所で指を合わせます。※分からない場合は同じ位置
④上から膝を見て、足の付け根から膝先の長さを見比べてください。
  短く見えている方、長く見えている方を確認します。
こちらの写真は右足が短く見え、左足が
長く見えています。
左の写真と見比べると足の長さに
左右差はありません。

⑤短く見えている方の足を上に組みます。左の写真は右が短く見えるので右足を上。
⑥運動を行ないましょう
 1、椅子に座り、足を揃えましょう。膝の角度は90度、
  曲がらない場合は出来る範囲で。
 2、右足を上に組んでください。しっかり組めない場合は足首付近で足を組んで
  下さい
 3、背筋を伸ばし、顔を正面に向けます。
 4、腰を捻じるように足を左右に10回揺らします。
 
⑦④と同じ状態で、足の長さをチェック
 A同じ長さになったら→→→骨盤に手を添えて足踏み10回
 Bまだ微妙に差がある→→→もう一度だけ行なう
  ※もう一度やっても揃わない場合は、股関節や背骨などに
   問題がある可能性があります。
 C足の長さが逆になってしまった→→→最初にやった足と逆の足を上に
  してもう一度やってください。

【重要】
骨盤が整っても、あなたの腰、肩、膝がまだ痛いという場合は、それぞれの場所にも改善すべきポイントがあるという事です。

そのポイントを改善しておくと、今回お伝えした運動をするとより楽になります。

実際、当院に良い状態を維持する為に1ヶ月に1回来院される方は、「痛みが出たけど、教えてもらった運動すると楽になった」と言われます。つまり、自分の痛みを自分で改善できるようになるという事です。

もし、あなたが
・今の痛みをなくしたい
・自分で自分の体を治せるようにしたい
・痛みが再発しにくい体を作りたい
と思われるなら
12月28日までこのページを見られている方限定で
初回の施術を完全に無料で見させていただきます。
期間が過ぎると初診は15120円になりますので今すぐご確認下さい。

詳しくはこちら


部へ